じんせい2度なし

かほぱぱの独り言

昇格 愉快な仲間達514

2016年10月18日 | グルメ

16年前に共に苦労した同僚の昇格祝いを、3人で神田の”裏神田 自然生村”で。
店名の通り、身体に優しい食材で美味しい料理を堪能。
とりわけ、とろろ鍋は絶品でした。


当時20~30代前半の若手社員だった彼等も、40代後半の立派な幹部社員。
徹夜も罵声も厭わない忙しい職場で、今だとblack職場と言われても仕方ないようなところでしたが、その職場から沢山の幹部社員を輩出していることも興味深い。
彼等と話をしていると、私もまだまだ枯れてはいけないなという気持ちになる。
それにしても、気の合う同僚の昇格は最高のツマミである。
そうそう、私の2年後の退職時の盛大なお祝会の企画をお願いしておいた。
ドーム球場を予約しないといけない(笑
記念品は、ジュルヌの時計、楽しみだ(大笑

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伝説に並ぶ | トップ | キックオフ 愉快な仲間達515 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。