頭の中どうなってんの?

他の男性もこんなのでしょうか?

蒼白

2017-04-19 12:28:07 | 日記
いつもと変わらない朝をむかえた。

外は天気もよい。

今日からは事務所で留守番ではなく暫くの間は現場にでなければいけない。

この期間はユリと逢える率は極めてゼロに等しくなる。

現場がでの仕事が全部終わるのは一週間後。

たった七日間なのだがそれ以降も仕事などの都合でどうなるかわからない。

そんな事を思いつつ、昨夜届いていたユリからのメールを開いた。

一体何時まで「友達」のところにいたのか。

着信時間は午前二時過ぎ。

遅くに帰ってきたんだな。

そしてメールを開封した。

「昨日はありがとう。それでね、前に言ってたイベントで知り合った友達とちゃんと付き合う事になったけ。だから○○さんと逢ったり連絡したりできんけね?ごめんね。奥さんと仲良くね」

全身の血の気が引いたのがすぐわかった。

何だこれは?

夢でも見ているのか?

唐突すぎないか?

友達ってあしらったはずの奴じゃないか!

しかも朝方まで一緒にいた事になるじゃないか!

そいつからオレと一緒にいた時にLINEが届いてそいつを優先したって事か?

オレと逢った数時間後にそいつと逢って出来上がったって事になるぞ!

返信するなら帰宅後だからな。

なんだよそれ?

もちろんオレとユリとの関係からしていつかは終わりが来てもおかしくはない。

でも、これはないだろ?

すでにそいつに前々から気は向いていたって事か!

オレはユリにとっては何だったのだ?

ただのヒマ潰し?

店外しても利にならないクソ客と見られてたのか?

いや、そんな事は考えたくない。

もしかしてずっとそいつと付き合ってたがオレには嘘をついていて、ケンカか何かしてそいつと逢いたくない期間にたまたまオレが現れて遊んでみたってやつか?

何が何だかわからなくなってきた。

色んな思いが駆けめぐる。

別の男に奪われた思いとユリのオレへの今までの姿が全然マッチしない。

どこの誰かはわからんが殺意さえ覚えた。

足取り重く気の浮かない心で仕事に出ることになった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 胸騒ぎ | トップ | 曲がった想い・序章 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。