gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-07-01 11:19:18 | 日記

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院

文字の大きさ




背景色変更





サイトマップ
English

ホーム
外来のご案内
入院のご案内
アクセス・施設
診療科案内
院内活動
地域医療連携
病院概要

ホーム 診療科案内 診療科(一覧) 病理診断科

診療科案内

診療科(一覧)

内科
総合診療科
消化器内科
内視鏡内科
脳神経内科
呼吸器内科
循環器内科
腫瘍内科
血液内科
内分泌・糖尿病内科
精神科
小児科
外科
消化器外科
呼吸器外科
乳腺外科
整形外科
脳神経外科・脳血管内治療科
心臓血管外科
皮膚科
泌尿器科
産婦人科
眼科
耳鼻咽喉科・頭頚部外科
リハビリテーション科
放射線診断科
放射線治療科
緩和ケア内科
麻酔科
集中治療部
歯科・口腔外科
病理診断科

病理診断科

当科の概要
スタッフ紹介
症例・治療情報はこちら

当科の概要
病理診断とは?

病理診断は、病理診断専門の医師により行われており、病変部分から細胞や組織を採取して顕微鏡で観察することにより、様々な疾患を診断しています。

病理診断には、細胞診断、生検組織診断、手術で摘出された臓器・組織の診断、手術中迅速診断があります。
細胞診断(細胞診)

細胞診断は、体の中から少量の細胞(組織ではない)を採取して行う検査です。

肺がんでは痰の中に、膀胱がんでは尿の中にがん細胞が混じることがあり、それらの検体を用いて顕微鏡で調べることでがん細胞を見つけることができます。
また、乳腺や甲状腺など体の表面から近い臓器では、針で病変を刺して細胞を採取、診断を行います。
この検査は、患者さんへの負担が比較的少ないため、よく行われる病理診断です。

パパニコロウ染色 400倍(乳腺髄様癌)
パパニコロウ染色 400倍(乳腺髄様癌)
組織診断

病変の一部を切除して質的診断を目的に病理組織診断を行う検査を「生検(組織診断)」といいます。
もっとも高頻度に生検されているのは、胃や大腸の内視鏡検査時です。
組織診断では、細胞診断と異なり、組織を厚さ約4μmの厚さに薄く切って観察するため、平面的画像の観察となります。
様々な臓器の腫瘍の良悪性を含めた質的診断に、大きな役割を果たしているのが組織診断です。
手術中の迅速診断

手術中の病理診断、切除範囲の判断などに「術中迅速診断」を行います。
術中迅速診断では、採取された組織から簡易的にプレパラートを作製し、20~30分程度で診断します。
診断結果はすぐに執刀医に連絡され、その後の手術方針等が判断されます。

H-E染色 400倍(乳腺髄様癌)
H-E染色 400倍(乳腺髄様癌)

以上のように、病理診断はさまざまな治療の場面で重要な役割をもっています。
悪性腫瘍など多くの病気の最終診断は病理学的診断によってなされている非常に重要な検査です。

正しい診断と治療には、臨床医と病理専門医の連係が欠かせません。
病院での病理専門医の存在は、より良質の医療の提供につながるのです。

症例・治療情報はこちら

スタッフ紹介
氏名 役職 専門分野 詳細情報
かねこ まゆみ

金子 真弓
病理診断科主任部長
臨床検査部部長 外科病理一般
乳腺病理
詳細情報の表示・非表示を切り替える
きむら しゅうじ

木村 修士
病理診断科医師
詳細情報の表示・非表示を切り替える
ページ内容改善の参考とするためにご意見をいただいています。
このページの内容は分かりやすかったですか? 分かりやすかった 分かりにくかった
8人中6人の方から、このページは分かりやすかったとのご意見をいただいております。
ページの先頭へ

外来のご案内

初診の方
再診の方
紹介制について
救急受診について
セカンドオピニオン
禁煙治療
がん診療

入院のご案内

入院について
入院の手続き
退院の手続き
クリニカルパスとは
診断書・証明書について

診療科案内

診療科(一覧)
各部門(一覧)
看護部

院内活動

チーム医療
つばさの会のご案内
活動計画
各種教室の案内
各種研修

地域医療連携

地域医療連携
診療検査予約
地域連携クリニカルパス
病診連携登録医制度
R-ネット瓦版

病院概要

院長挨拶
理念と基本方針
患者の権利
概要・沿革
診療記録の開示について
臨床倫理指針
広報誌

ホーム| お問い合わせ| 個人情報保護方針| サイトポリシー| リンク

地方独立行政法人 広島市立病院機構 広島市立安佐市民病院
〒731-0293 広島市安佐北区可部南二丁目1番1号
TEL : 082-815-5211(代表) FAX : 082-814-1791

Copyright© Hiroshima City Asa Citizens Hospital All right reserved.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。