奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

住まいと間取りと暮らしのカタチをつくるプロセス・デザインがカタチになる途中の大切な部分を過ごす時間の密度で・・・・・。

2016年10月13日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家 山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ 

http://www.y-kenchiku.jp/

 

住まいづくりの事・・・・・色々と。

住まい手さんとの打ち合わせの時間、

様々なシーンでそれを行っています。

 

建築の本質はプロセスにあるとすれば、

住まい手さんとの打合わせは

その醍醐味のひとつでもありますよね・・・。

 

 

建築はやっぱり「対話」として「話す」、「聞く」

から始まりますね・・・・・。

 

 

 

住まい手さんの声を手がかりに、

じっくりじっくり考えた

こちらの考えをぶつけてみるように・・・・・。

それは、建築本体の事もあるし、ロケーションの事、

素材の事から暮らしのモノゴト、

庭や家具、インテリアの要素に家具類・・・・etc。

実に様々な内容で。

 

 

すんなり受け入れられることもあれば、

そこから延々と良い意味での昇華の過程としての

議論」が続く事もあります・・・・・・。

 

 

ただ・・・我々の設計の打合わせでは

互いに「楽しい時間」が長い・・・・・。。

実際に、難しい時間もありますが、

基本的にはやはり・・・・本当に楽しい時間がほとんど。

 

 

住まい手さんやご家族の

意外な視点や家族への「深い想い」に

目から鱗が落ちることもあるし、

行き詰まっていたものが、

ドライブしはじめる瞬間もあります・・・・。

 

 

このライブ感がたまらなく大事。

 

 

建築のプロセスで

最も大切なのはコミュニケーションです。

それは計画時間も、建築時間も・・・・。

 

図面も模型も、

実際には「コミュニケーションツール」。

 

丹念に作り込んだ模型やデザイン図を

真剣な眼差しで覗き込み、

資料や提案の「アイテム」、

サンプル等を吟味しながら・・・・・・。

 

正しい建築というものはなく、

結果としての建築であり、

そこには正しいプロセスと

決断が「必要」・・・・・・。

 

 

それこそが建築をつくるという意味。

どんどん出来上がってゆく

プランと設計の段階・・・その発展と

現場でのカタチへと期待を寄せながらも

出来上がってしまうと、

「この楽しい時間が終わるんですねー」と

一言・・・・・。

 

 

その気持ち・・・・・・。

わからない事はないですよ、本当に。

 

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 人気建築家 有名建築家 売れっ子建築家
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜のつまみ食いは・・・・... | トップ | 住まいと暮らしの時間を丁寧... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL