奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

カタチの設計デザインで変化する場所に対する付加価値での効能も色々と・・・・・・・「斜め」が存在する事による心理的な効果も。

2017年03月15日 | 設計の事デザインの事

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

階段の効能は移動だけではありませんよね・・・・・。

 

 

※階段形状を横に倒して見てみる・・・・・。

 

 

 

創造の効能がそこに存在するという事・・・・・・。

例えば「斜め」が存在する効能。

壁部分が斜めだったり、天井部分だったり、

床部分だったり、それはその部位でも変化しますよね。

 

通路からの人を誘い込むように、

床のレベルが斜めに下がって連続したり

形状による効能もデザインでの価値ある部分。

 

それはその周辺の「カタチ」の

効能によっても様々・・・・・・。

 

 

よい効果をその他にも

発生させたりしますよ。

 

水平ではなくて意図的に「斜めのカタチ」を

設計デザインする事によって・・・・・・。

 

そこに一定の「間口の広さ」を設計して

周辺を整えると、

それは機能の付加が存在する事で

建築と人の動きと心理も接続する

一つの「ツール」になりますからね。

 

 

斜めのカタチで「吸い込むような心理」を生み出す

角度とカタチのあるデザインの効能・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜のつまみ食いは・・・・・。 | トップ | 名古屋市内セカンドハウス「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL