奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

住まいのプラン「間取り」と同時に考えるパーツとしての窓という要素・・・・屋内と屋外をつなぐ場所という事だけではなくて「丁寧なレイアウト」で窓と壁と空間のバランスを設計デザインするという事。

2017年06月22日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

暮らしの為の住まい・・・・・。

そのパーツと全体像のバランス。

 

窓は建物の重要な構成要素の一つです。

窓は光や風を取り込み、

風景も同時に取り込みます。

 

 

窓は閉ざされた空間に

自由をもたらしますよね。

設計デザインの際には

コストや立地条件、プランに応じて、

その窓の・・・大きさ、位置、形式を

検討して適切に壁の位置を考慮して

レイアウトを施します・・・・・。

 

 

実は、窓を適切かつ、丁寧に配置することは、

同時に壁や、天井を

美しく見せることに繋がっています。

 

 

言い変えると、僕は設計の最中に

美しい位置での壁、使い勝手の場所での壁

そして天井をつくるために、

窓を計画に、

丁寧にレイアウト(配置)しているという事です。

 

 

建物内部の光は、

その光を受ける壁や天井、

床の反射光により印象として

感じているものです・・・・・。

 

 

住宅(住まい)という建築にとって

美しい光を受けた壁は、

雨、風を凌ぐだけの機能以上に

安心感をもたらしますからね。

 

勿論それは「心地よさ」にもつながる部分。

 

何を設計しているのか?

という事をいつも創造中の空間に

問いつつ、窓のレイアウトを思考して

デザインを施していますよ・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜のつまみ食いは・・・・・。 | トップ | 住いと暮らしの風景・・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事