奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

カタチを生み出す行為としての設計デザインでその手法として自然は不整合を自己相似の繰り返しで辻褄を合わせといる部分に着目するとデザインの原理の部分での思考も自然に近くなりますよね。

2017年05月05日 | (仮称)暮らしの器に...

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※PLAN検討CG

(LDK空間でのリビングアクセス階段)

 

 

建築の空間に存在するカタチの色々な事。

建築空間にそれが存在する事で

印象も用途も機能も変化しますよね。

 

 

視覚に入ることで

変化が生まれるという事を視野に・・・・・。

 

そうすると、

階段はオブジェとして

鑑賞に耐え得るよう、

端部の納まりや

手摺の割付の整合性等の細部にも、

眺めていても矛盾のない自然の姿にしたい

と思うんです・・・・・。

 

 

ところが、手摺の割付は

均等に割り付けられず、

手摺の角度とササラ桁の角度と合わないと、

何となく落ち着かず、

スッキリとしないものですよね。

 

 

そこで手摺の高さを独立変数とし、

ササラ桁と手摺縦子との交点を

手摺の高さにして角度を一致させ、

手摺の割付の不整合な端部には

同じ三角形の自己相似形の繰り返しを挿入すると、

辻褄が合い、スッキリと

自然に見えるようになるんです。

 

この様に全体の変形により、

割付が不整合となるところを、

自己相似の繰り返しを挿入して

辻褄を合わせて

自然に見せることは有効的な設計の勘所。

 

 

自己相似形の繰り返しが、

先端にいくほど小さくなって、

全体の変形に対し

辻褄合わせする例は、

自然界ではよく見受けられるものですよね。

 

 

そういう部分は建築的な空間にも

創造の手法として持ち込みたい部分です・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日々思考・・・・・日常の過... | トップ | 住宅設計デザイン、暮らしの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)暮らしの器に...」カテゴリの最新記事