奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

建物の建築工事が完了して住まいへの引っ越し前の住宅衛生機器類、床(フローリング)や壁材、窓、電動シャッター、照明器具ライトコントロール(ライコン)等の器具説明の時間・・・・・。

2017年02月25日 | (仮称)暮らしと共に「め・で・る」家。

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※建物外観

 

住まいの新築工事が完成した状態で

少し前の話ですが、

まずは「建築」の引き渡しに・・・・・・。

※和室・広縁

 

床材(フローリング)や

壁材の一部特殊な仕上げ等も。

※LDKスペース

※システムキッチン・LIXIL 

 

住宅設備の器具説明などを。

 

 

 

洗面脱衣、キッチン、トイレなどの受託設備機器類について、

勿論、窓、電動シャッター

床や建具などの建材の取り扱い、

手入れの仕方も含めて・・・・・。

 

※システムバス・LIXIL

 

 

 

 

 

引き渡しの際は何度も経験していますが

一度聞いても内容をなかなか覚えられるものではないので

まずは使っていただく事が大事。

 

 

ゆっくりと家とその機能と価値に

馴染んでいただければと思いますよ。

 

※トイレ・洗面類・TOTO

 

暮らしに応じた設備機器類の

取り扱いについての説明時間。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓から考える間取りの条件と暮らしのデザイン性能の事イロイロと・・・・環境の支配する部分を窓を通じて考える様に、温熱の環境での違い色々と検討の途中ですよ住まいと暮らしの環境デザイン。

2017年02月25日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

暮らしの場所としての

アイテムの価値も色々と・・・・・。

 

特別なショールームなどを活用して

セレクトを吟味する事もよくあります。

 

サッシメーカー

YKK-APプロ向けの専用ショールーム。

 

例えば・・・・・・。

家づくりに関する本や雑誌などで

「快適」という言葉をよく目にしますけど、

ところで「快適」とは

どのようなことでしょうね・・・・・?。

 

 

冬に暖かい住まいを快適と感じる人もいれば、

日々の家事が効率よく行えることが

快適と考える人もいますよね・・・・・。

また、趣味が楽しめる庭やガレージ、

1人だけの時間を堪能できる書斎がある住まいを

快適と感じる人もいます。

 

一言に「快適な住まい」といっても、

それは人それぞれ求めるものによって

違ってきますよね。

そういう意味で・・・・例えば、

住まいに「冬は暖かく」「夏は涼しい」という

快適さを求めた場合のお話し。

 

 

「冬は暖かく」「夏は涼しい」・・・・・。

当たり前の希望や欲求としての価値。

 

 

そういう意味での快適性を求めた

住まいにするためのポイントのひとつに

断熱性能があげられます。

ガラスのバリエーションについてもそう。

熱を透過したり吸収したり反射したり・・・・・。

 

そして、この断熱性能の目安として

知っておきたいのが

「Q値」と「C値」です。

 

Q値とは「熱損失係数」といわれ、

壁や天井・床など住まいの内側から外側へ逃げる

「熱の量」を計算した数値のことをいいます。

 

中には考えておくべき防炎、遮炎の性能もありますが、

今回は断熱や遮熱の件で・・・・・。

計算方法は、室内と室外の温度差を1度とした時に、

家全体から1時間に逃げる熱量を

床面積で割って算出します。

 

温度の高さ低さでの環境の違い。

 

 

この値は、小さいほど断熱性能が

高いとされています。

一方「C値」は「相当隙間(すきま)面積」といわれ、

「家の気密性」を示す数値です。

 

こちらは、住まい全体にどれくらい

隙間があるのかを示す数値で、

小さいほど気密性が高いとされています。

 

 

ただ、このような数値を考慮することも大切ですが、

人が心地よいとして数値以外の

感覚的な視野で感じる部分・・・・・・。

そして当たり前の自然的魅力としての

環境からの価値の取り入れ方として

地域風土や地形を考慮して

庇(ひさし)を設けたり、

場所による

風の流れを考えた窓の配置、

間取りなども同様に「基本的な要素」

として大切だということも

知っておきたいですよね。

 

 

機能的な部部での価値とそれ以外との融合で

心地よさの持つ意味も質的に

向上しますよね・・・・・。

 

 

暮らしの心地よさを設計デザインする

セレクトの途中。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛知県名古屋市内での「週末住宅リノベーション計画」でのデザイン設計・・・・付加価値としての融合性を範囲を「視界」で最適化するように・・・・・。

2017年02月25日 | 設計の事デザインの事

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

既存の状態から建築空間を変化させる

リノベーションの計画。

住まい造り・・・・デザインの事。

暮らしの趣として

陰の下、昼寝をするような空間の創造に。

 

愛知県名古屋市内でのリノベーション計画。

週末住宅としてのコンセプトをまとめて

プランの昇華途中・・・・・。

 

 

昨年、住まい手さん同行で

現場を視察させていただき

暮らしの昇華の為のアイデアを練りながら

アイテムの選択と調整と方向性の分析を

繰り返していましたが、

具体化の途中・・・・・。

来月には暮らし方の「提案」への運びかな?。

と思います。

建築は、単純に考えると、

簡素化させた表現では

壁、屋根という要素で成り立っていますよね。

木陰には、壁も屋根もない・・・・・。

 

 

あるのは、「心地良い木漏れ陽」と

遮るものがない「風の流れ」、

そして木の下の包み込まれた「包容力」。

建築の空間では、壁、

屋根というハードな要素を、

木漏れ陽、風の流れ、包み込む、という

ソフトな要素へ変換する事もデザインの価値。

 

 

壁、屋根というハードなモノを

ソフトなイメージに変換する。

この行為を通じて、

内(室内)でありながら外(外部)のような、

外でありながら内のような空間を設計するように。

 

具体的な構成としては、

壁、屋根という要素を三重の層としたり

二重の層とする事で半屋外を構成する様に。

 

一重目の層は、家族を自然から守る外皮としての

ハードな壁や屋根・・・・・。

二重目の層は、外皮と内皮の中間領域に位置する

建築の各部に点在した森のように。

 

 

以前になされていた「リノベーション」の部分との

融合性も今回のキーワード。

 

 

そういう意味で、

三重目の層は、家族を自然とつなぐ

内皮として包み込む壁、屋根。

 

現場視察当時の状態も加味しながら

取り入れ方にも一工夫を・・・・・。

外皮は強い陽射し、風雨から家族を守り、

外皮と内皮の中間領域である森を通し、

強い陽射し、風雨を更に柔げて室内に導く・・・・・。

 

そして、内皮は家族を包み込む包容力として存在する。

メソッドとしては、各室の光は建築の各部に点在した

頭上から絞り込んで導かれて木漏れ陽をつくり出す。

 

光の扱いには様々な方法があるんです。

設計でそれを操作して

面の光、点の光、線の光、

更にそれらが直接的な光か間接的な光なのか?。

 

 

例えば、点の光の特徴として。

点の光は、より象徴的に、より印象的に扱われ

建築空間に生命を与えますよ。

 

 

その他のメソッドとしては、

建築の外皮に設けられたスリットからは風を導き、

大屋根と各室の間にできた空洞は、

断熱効果を生むと同時に、

小屋裏として機能するように・・・・・。

 

 

そして、もう一つのソフトは、

RAKUENで全て統一された森(造園)、

家具、照明、小物達・・・・・。

 

真の空間は建築だけでは存在しないという事です。

建築、造園、家具・・・・・・。

全て同じ価値観で同じ美意識でつくる。

すべてつながっていてこそ、

美しい世界観を設計デザインンの価値で生み出すように。

 

 

暮らしを包み込む質が変われば

家族の暮らしの質も変化しますよね

よい意味で。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のつまみ食いは・・・・・。

2017年02月24日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜のつまみ食いは・・・・・Goncharoff「CHOCOLAT・SESSION]。

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キッチンの種類とその周辺・・・・使い心地と居心地で変化する家事空間、LDKの使い勝手をデザインする様に質の向上としてのデザインで暮らしの価値空間を設計です。

2017年02月24日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※TOYO KITCHEN STYLE 大阪ショールーム

 

 

ショールームで営業の菅原さんと

イロイロ相談の途中。

 

 

住まいと暮らしのデザイン・・・・・・。

毎日の家事の中心でもあり

居心地のいい場所として「キッチン周辺」の事イロイロ。

 

 

「I型(1列型)」

「II型(2列型)」

「L型」「U型」に、

「ペニンシュラ型」

「アイランド型」と

キッチンスタイルはさまざまですよね・・・・・。

 

キッチンはレイアウトによって

使いやすさやデザイン性が大きく変化します。

思いのほか滞在時間が長く、

使用頻度も高いキッチン。

 

 

快適なキッチンにするためのポイントは

いくつかありますが、

長く愛せる好みのキッチンを

つくるためには

レイアウト選びを慎重にしたいものです。

 

 

レイアウトは「ワークトライアングル」とも

密接に関係していますよ・・・・・。

 

 

ワークトライアングルとは、

「シンク」「加熱調理器(コンロ)」「冷蔵庫」の

それぞれ中心点を線でつないだ三角形のことで、

三辺の合計が3.6~6mの範囲が適切とされています。

これより長いと

動く距離が増えて作業効率が悪くなります。

 

 

また「身長÷2+5cm」。

これはキッチンの高さの

目安に使われる計算式です。

 

高すぎるキッチンは腕が疲れ、

低すぎると腰が疲れます。

さらにキッチン本体の背後に配置されることが多

いキッチン収納・・・・・。

 

キッチン収納には

「引き戸」や「開き扉」のタイプがありますが、

今は「引き戸」の要望が

多くなっています。

 

 

引き戸(引き出し式もあり)は、

開き扉のように開閉時に

自分自身が動かなくてすみます。

 

 

また・・・・・調理中に

戸を開けたままでも

邪魔にならないので、

「調理がスムーズに行える」といった点が

人気の理由にもなっていますよ。

 

 

いずれの選択にも

「自分のスタイル」に

合っていることが一番大切。

 

 

 

これらのポイントを参考に

「長く愛せるキッチン」について

じっくり考えてみるように・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(仮称)シンプルに暮らすコンパクト回廊のある家・リノベーションプラン・・・・・暮らしの器としての立体的、平面的バランスと密度の持つ意味LDKの吹き抜け空間とストリップ階段、中庭の連動。。

2017年02月23日 | (仮称)シンプルに暮らすコンパクト回廊の

 

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※検討プランCG

(仮称)シンプルに暮らすコンパクト回廊のある家

「リノベーションプラン」

 

 

それぞれのバランスを

デザインするということ・・・・・。

 

 

土地と家としてのボリューム・スタディ。

 

 

色々な「カタチ」の建築があり

それぞれの住まいがありますよね。

 

 

郊外住宅なら敷地にも多少、余裕があり、

「窮屈なイメージ」はないように思えます 。

 勿論「イメージ」としてですが・・・・・。

 

 

問題は街中や市街地での住宅。

土地代は高く、

当然敷地は狭い・・・・・。

ある意味では肩を寄せ合う中で、

いかにお互いが圧迫感を減らし、

快適に過ごせるか?。

 

 

幸い容積率は高くて、

三階以上が建てられることが多いですが、

高くすれば床面積が増やせるが、

周囲への圧迫感は更に増すんです。

 

 

密度という意味での設計の自由度があったとしても

3階となるが故に「よい場合」と「悪い場合」もあり

それぞれの条件、法律的な条件、

暮らしの条件・・・・etc。

 

 

それらがある中で、

その葛藤の中で、

あるべき姿としてのデザインを

思考するよるうに・・・・・。

 

 

知恵も要るし工夫も必要となる場面。

暮らしのバランスを丁寧設計の途中・・・・・。

 

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日のつまみ食いは・・・・・。

2017年02月23日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

 

 

今日のつまみ食いは、

スイートキャレ・・・・・「チョコ」。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

設計デザインで暮らしが変わるという事・・・・大切な間取りや設計は家そのものだけではありませんよ、暮らしの空間は室内も屋外も・・・・庭と外構も建築と一体ですからね。

2017年02月23日 | 設計の事デザインの事

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

住まいと暮らし間取りと外構の事イロイロと。

家づくりで最も力が入ることのひとつに

「家の間取り」がありますよね。

「家づくり=家の間取り」くらいに

考えている方も多いことだと思います。

 

 

でも、洗濯物を干す場所や

自転車置き場などの

「敷地の間取り」も、

住み始めてから「しまった!」と

なりがちな問題ですよね・・・・・。

 

 

 

快適な生活は

家の中だけでは成り立ちませんよ。

必ず外部との関わりの中で

営まれます。

 

 

そこでひとつの目安として、

敷地の間取りを区分して

考えておくべきだと思うんです。

 

 

(1)「家」

敷地の間取りでは「家」も間取りの一部と考えます

 

(2)「庭」

バーベキューや

家庭菜園など楽しみ方はいろいろです

 

(3)「駐車スペース」

来客の駐車スペースや、

将来的にお子さんが

自動車免許を取得することについても

考慮しておくように・・・・・。

 

 

(4)「前庭」

門から玄関までのアプローチや

玄関ポーチのこと。

家の顔にもなるので

雰囲気を大切に考えたい空間です

 

 

(5)「サービスヤード」

洗濯物を干したり物置を設置したりと

生活感が出る空間なので

「前庭」との位置関係も

考える必要があります・・・・・。

 

 

 

こうしてみると「敷地の間取り」が

家づくりに大きな影響を

及ぼすことがよく分かりますよね。

 

 

家のデザインや面積は敷地の形によりますし、

道路との関係にも左右されます。

良い条件ばかりではないかもしれませんが、

敷地と敷地の周囲環境をじっくり分析して、

敷地を有効活用できる

間取りを検討していくように・・・・・。

 

 

住まい造りはその周辺要素も大事ですからね。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜は…。

2017年02月22日 | グルメ つまみ食い 夜食



今夜は住まい手さんと

夜ご飯ご一緒させていただいていますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいの設計デザインの事、人生の1/3を過ごす場所として・・・・・寝室の役目を丁寧に考えておくことは大事ですよね、暮らしのリズムも含めて家の中での睡眠、寝室を考える様に・・・・。

2017年02月22日 | (仮称)暮らしの器に...

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※設計デザイン事例CG

 

 

住まいと暮らしの設計デザインの事・・・・・。

間取りによる暮らしの「時間」を考える様に。

寝室のデザイン設計と睡眠の時間、

そして・・・その睡眠の質にもつながる前後の時間。

つまり「過ごし方」という意味です。

 

 

様々な「いわれ」はありますが、

日本人の睡眠時間は

平均470分で世界的に短いそうです。

 

 

とはいえ1日の3分の1は睡眠時間で、

その間は寝室にいますよね。

つまり、よく聞こえてくる話しのように

寝室は人生の3分の1を過ごす場所であり、

寝室を快適にすることは

生活の質を向上させる事にもつながります。

 

 

快適な寝室にするために

まず必要なのは

適切な広さです・・・・・。

 

ベッドを置く場合は

ベッドメーキングができるスペースも

考慮しておくようなスペースの確保が必要。

 

 

ダブルやセミダブルのベッドなら6畳以上、

シングルベッドを2つ並べるなら

8畳以上の広さがひとつの目安・・・・・。

 

 

照明器具は強く白い光のタイプではなく、

柔らかく暖かい色の光で

広がるタイプが最適・・・・・。

寝る時間の前を思い浮かべると

わかりやすいですよね。

 

また、横になったとき

目に直接光が入らない配慮も大事。

照明のレイアウトとベッドの位置は

関連してきますからね・・・・・。

 

 

さらには窓から入る外の光や音、

熱気や冷気を遮断するために、

シャッター雨戸や厚手のウインドートリートメント「カーテン類」で

対策も考えておきたいところ・・・・・。

 

 

特に東の窓は、

夏場の早朝から

強い太陽光がさし込みます。

 

 

不用意に早く目が覚めてしまわないよう、

窓対策もそれに合わせて

検討しておくことが大事。

 

 

ところで、各家庭において夫婦の関係も

色々な事があります。

就寝の時間に対する違い、

趣味による違い

寝る前の過ごし方の違い・・・・etc。

 

寝室を別にすべきか、

コンパクトスペースだとしても、

別々にするべきか・・・・・・。

その傾向についても「間取り」の計画前に

丁寧に吟味の時間を。

 

 

主なその理由を吟味して

生活リズムの違いについてもプランに反映するように・・・・・。

いつまでも、

夫婦仲が円満であるように、

寝室の計画については「場所」も含めて

お互いのペースを尊重する工夫も

しておきたいものですよね。

 

 

暮らしの時間はそういう部分の配慮も計算して

間取り計画を練る様に・・・・・・。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のつまみ食いは・・・・・。

2017年02月21日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜のつまみ食いは・・・ロイズ生チョコレート「ビター」。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まいの新築工事・・・現場での準備の予定も先行して進めているところ(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築計画での地盤調査「土地の軟硬・安全性・補強の計画」。

2017年02月21日 | (仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

現在設計内容を進めている

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事の現場。

 

 

段階的な内容を精査しつつ

現場に対しての準備もイロイロと進めて・・・・・。

 

 

この日は朝から夕方まで

現場での地盤調査会社の調査内容の立ち会いに。

そして「特命」で予定している事もあり、

工事の発注を計画中の

建築会社・㈱尾田組にも簡単な現場説明を。

 

正式な現説はもう少し先ですが・・・・・。

地盤の状態を加味しながら、

現場で住まい手さんも立ち寄って、

その調査の様子に興味津々でしたよ。

 

そして調査の方も・・・・・。

 

 

木造二階建て住宅での新築計画。

スウェーデン式サウンディング試験を用いて、

原位置での土の静的貫入抵抗を測定して、

その硬軟・・・・・若しくは締り具合、

土層の構成を判定する試験に適用しますよ。

 

 

 

 

住まい手さんもこの日は現場で立ち会いで、

調査の内容や作業にも興味津々です・・・・・。

 

こういった内容は直にその「モノゴト」に

触れていただく事も大切。

今回現場調査を依頼した調査会社の担当者も

しっかりと住まい手さんに現状の「作業」について説明中。

 

 

モノづくりでの現場の事に・・・・・リアルを。

 

 

そして・・・・・調査の仕方ですけど、

長さ0.8mのロッドの先端に

スクリューポイントを取り付け、

ポイント下端から

50㎝の所にクランプ下面を合わせて

載荷要クランプを固定し、

底板を通して調査地点上に

鉛直に立て支えます。

 

 

ここで地表面近くに測定のための

基準面を設けて、

そのままでロッドが地中に貫入するかどうかを確かめ、

貫入する場合は貫入が止まった時、

荷重50N(5kgf)に対する貫入量として記録していきます。

 

 

次に100N(10kgf)のおもりを載荷用クランプに載せ、

先の説明と同じ操作を行い、

荷重150N(15kgf)の貫入量として記録します。

 

 

次々と荷重を増加して先の操作を繰り返します。

荷重の段階は、

50N(5kgf)、

150N(15kgf)、

250N(25kgf)、

500N(50kgf)、

750N(75kgf)、

及び1kN(100kgf)です。

 

 

載荷用クランプが底板に達したら

おもりを取り除き、

ロッドが足りなければ継ぎ足し、

クランプを50㎝引き上げて固定し、

また繰り返しての操作を行いますよ。

 

 

1kN(100kgf)でロッドの貫入が止まった場合には、

その貫入量を測った後、

そのままハンドルを取り付け、

ハンドルに鉛直方向の力が加わらないように回転し、

次の目盛り線まで貫入させるのに要する

半回転を記録しますします。

 

 

これ以降の測定は20㎝(目盛り線)ごとに行いますよ。

 

 

ハンドルの回転方向は右回りとし、

半回転毎に一時停止する方法をとり、

1回と数えます・・・・・・。

 

 

回転貫入の途中で、

貫入速さが急激に増大した場合には、

回転を停止して1kN(100kgf)の荷重だけで

貫入するかどうか確かめます。

 

 

貫入する場合には、

貫入が止まったときの貫入量を測定し、

1kN(100kgf)に対する貫入量として記録します。

測定が終わったらおもりを降ろし、

引抜き装置によって全ロッドを引き抜き、

数を点検し、先のスクリューポイント部分の

異常の有無を調べます。

 

敷地内での調査ポイント数は

建物の配置(レイアウト)により変わるのですが 

建物に対して5ポイントの調査が標準的。

 

今回は建物のサイズと別棟もありますので、

合計予定としては7ポイントだったのですが

敷地(土地)の軟硬の程度により

調査位置を現地で変更したり

調整しながら・・・・・・。

 

 

調査は深度(深さ)の関係もあり

一日で終了しなかったので

次回・・・もう一度次の調査用ポイントから

「調査再開」の予定ですよ。

 

 

ものづくり計画に対しての

現場での情報収集・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住まい造りで大事なモノゴト色々と・・・システムバス検討、生活環境でジメジメとしない場所となる様に、特に洗面脱衣や浴室周辺、勿論トイレを含めて各部屋も水廻り周辺の場所では気を付けておきたいですよね。

2017年02月21日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※水廻り建材・TOTO橿原ショールーム

 

 

住まいづくりの事イロイロと・・・・。

キッチン周辺もそうですが、

生活環境の質について考えておきたいモノゴト。

浴室や水廻周辺の対策も色々と。

 

 

 

※TOTOショールーム内システムバス展示

 

※TOTOショールーム内システムバス展示

 

 

生活環境で考えておきたい大事な内容として

ジメジメしないような場所となる様に。

※TOTOショールーム・浴室(システムバス)打ち合わせ

 

例えばカビ・・・・・。

汚くて臭いカビは嫌な存在ですが、

実はさまざまな病気を引き起こす

「怖い」存在でもあります。

※TOTOショールーム・浴室(システムバス)打ち合わせ

 

夏場をピークに発症する

「夏型過敏性肺炎」は、

エアコンや浴室、台所などに繁殖している

トリコスポロンというカビを

吸い込むことで起こる

アレルギー性の肺炎・・・・・。

 

 

夏風邪でもないのに

咳が止まらない場合は、

夏型過敏性肺炎を疑ってみる

必要があるかもしれません。

 

 

住宅にとっても

人体にとっても嬉しくないカビは、

「温度」「湿度」「栄養分」などの

条件がそろうと繁殖します。

 

 

繁殖しやすいとされる温度は20~30℃。

湿度は70~95%で、

浴室にありがちな

黒いカビは湿度90%以上を好みます。

 

 

カビを減らす方法のひとつは、

こまめな換気によって

温度や湿度を下げること。

 

 

そのためには

窓や換気扇などの配置を考え、

風通しの良い家づくりをすることが大切です。

 

 

また、材料として、

木材や珪藻土(けいそうど)、

漆喰(しっくい)などの調湿機能を持った材料を

使用することも効果的です。

 

 

水廻には水廻で適した素材を・・・・。

※TOTOショールーム・浴室(システムバス)打ち合わせ

 

特に浴室や洗面脱衣室は、

温度と湿度の他に栄養分もあり、

カビが繁殖しやすい条件がそろっています。

 

 

私たちの体から出る皮脂は

カビの栄養源となるので、

特にお風呂上りには

冷水シャワーで壁や床の汚れを流し、

同時に室温を下げておくと、

カビ予防になります・・・・・。

 

また・・・・「皮脂汚れが付着しにくい床材」、

「カラッとする水分をすぐに洗い流す床」や壁材を

使用したユニットバス(システムバス)などを

取り入れることも対策のひとつです。

 

 

ただし、こうしたものも万能ではありません。

カビ対策は・・・・やはり

建築設計やデザインそのものとして

「風通しの良い設計」「材料」「手入れ」の

三位一体があってこそだと思いますよ。

 

 

性能と機能とのバランスを

住まいの快適性と心地よさ

手入れのしやすさと

健康面への配慮で・・・・・。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今夜のつまみ食いは・・・・・・。

2017年02月20日 | グルメ つまみ食い 夜食

 

今夜のつまみ食いは・・・・・GODIVA「ゴールドコレクションチョコ」。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間取りと空間の検討に「アイテム」としての建材セレクト・・・・・機能と性能と効能とデザインとしての価値で住み方、暮らしの時間の有効性や時間の質も変化しますからね・・・・提案が持つ意味。

2017年02月20日 | 住まいの水まわり住宅機器

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

 

 

 

商品検討の途中にカタログ見ながら

プランとの融合性と有効性を

イロイロと検討の途中・・・・・。

 

※洗面化粧台ユニット「ルミシス」

 

 

 

 

※LIXIL南港ショールーム

 

 

※LIXIL南港ショールーム

 

 

洗面化粧室の使い方での

有効性とイメージをカタチに。

住まいの総合建材メーカーLIXIL。

※LIXIL南港ショールーム

 

洗面化粧台のユニットとともに、

壁際にもデザインの奥行と機能性を・・・・・。

※ショールームコーディネーターの林さん。

 

機能性のタイル「エコカラット」

何気に「洗面化粧室」も

大事な居室としての空間ですよね。

※LIXIL南港ショールーム

 

過ごす場としての価値を考える事は

その後の生活環境に大きく左右しますからね。

※LIXIL南港ショールーム

 

玄関周辺にも有効ですし、

使い方の発想で「空間」の装いも変化しますよ・・・・・。

 

※LIXIL南港ショールーム

 

エコカラットは

見た目の印象での操作もそうですが、

湿度調整やにおいの吸着にも役立ちます。

 

洗面脱衣室だけではなくて

トイレ空間、玄関、廊下、ホール・・・・書斎、寝室、LDK。

場所の効能をデザインする事で使う場所も色々と。

 

 

 

トイレと洗面脱衣室の一体化による「透明感」ある

場所の効能と優位性、空間の魅力や

スペースの「余白」の生み出し方・・・・・。

場所の間仕切り、壁の使い方

場所の仕切り方にも「手法」は色々とあります。

 

 

見えるインテリア空間としては一体化して

使うときだけ「ロールスクリーン」や「衝立」を

利用する事も可能ですよね・・・デザインの仕方次第で。

 

 

 

余分な湿気を吸収し、

冬の暖房時に起こりやすい結露も抑制し

いやな湿気も吸収する機能性・・・・・・。

ジメジメな場所にならないように

その場所での「過ごし方」も良い意味で変化しますよね。

 

 

見える効能と感じる効能も

デザイン選択には大事ですからね。

※LIXIL南港ショールーム

 

 

同様に・・・洗面化粧台も。

既製品での選択ですが、

足元が空くことでの有効価値の部分。

洗面台の下の空間・・・・・。

隙間の印象が全体の印象を変えますからね。

 

 

場所と使い方に応じた

暮らしのアイテム化が大切・・・・・。

 

※LIXIL南港ショールーム

 

収納の充実は「鏡の後ろ」の空間に。

機能性のタイルなどとも合わせながら

ニッチな部分も活用して「使い勝手」も

機能がデザインに追従する選択が大事・・・・・。

 

 

それは壁の厚みにも言える事。

 

 

収納スペースを確保しにくいトイレ等でも・・・・・。

壁の厚みを利用して

奥行の浅い棚を計画するイメージ。

勿論「デザイン性」と「使い勝手」があるならば

壁際での棚を活用するだけでも良いですよね。

 

 

場所の使い方をデザインすることも

僕の建築家として大切な仕事と

デザイン価値の奥行・・・・・。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加