ひげ爺さんのお散歩日記-3

日々新た、今日は今日、明日は明日の風が吹く

「イチョウ(銀杏)」 イチョウ科 

2017-12-07 20:38:37 | 日記
     「イチョウ(銀杏)」 イチョウ科 ☆11月26日の誕生花☆
           花言葉は… 長寿・鎮魂・しとやか



 今朝の最低気温は午前6時の0.8℃。  最高気温は午後3時の11.7℃。
昨日までの風もおさまり、午前中から夕方は青空が広がりました。
気温のわりに暖かく感じる一日でした。
まだ星空が広がっていますが、今夜半から明朝に掛けて雨の予報です。


 今日は二十四節気の一つ “大雪(たいせつ)” でした。
朝刊によると… 【雪が激しくなり、降り積もるころの事。 地面に霜柱が立ち、
朝夕には池や川に薄い氷が張るようになる】 と書かれていました。
その季節に合わせるように今朝は冷えました。
家の二階から月極めの駐車場が見えるのですが、薄っすら霜が降りているように見えました。


  《朝散歩… 医院周辺 3.3㎞ 4,653歩 45分》
今朝は夫婦で “インフルエンザの予防注射” を受けに行って来ました。
その後、妻を耳鼻科に連れて行き、ひげは付近をちょこっと散歩。
ひげの散歩エリアの 「イチョウ」 は、もうほとんど葉を落とし、
今年はアップする事無く 「イチョウ」 の季節は終わったと思っていました。
(いつも撮る製粉会社の裏庭は掘り返されていたし…・涙) 
しかし、今朝の散歩で見頃の 「イチョウの絨毯」 を見掛けました。


今日の花は 「イチョウ(銀杏)」 です(11月に撮った写真も有ります。



幾重にも重なり黄色い絨毯のようになっています。
陽が差すと黄金色に輝き、金貨が敷き詰められたような豊かな気分になりますね(笑。
パラリ、パラリと舞い散る銀杏の葉を見ていると、フランク永井の歌った
“♪公園の手品師” が思い浮かびます。
1番の歌詞に… ♪鳩がとびたつ公園の 銀杏は手品師 老いたピエロ… と有ります。
地面を啄ばんでいた鳩がイチョウの激しい落葉に驚き、一斉に飛び立つ様子が、
手品師が鳩を取り出した様に見えたのでしょうか。  
2番の歌詞は… ♪慣れた手つきで ラララン・・・カードを撒くよ…” 
パラパラと舞い落ちる落葉の様子が、手品師がカードを配っている様に見えたんでしょうね。




「イチョウ」 は全国に57万本も植えられていて、街路樹として最多の品種だそうです。 
「イチョウ」 は1属1種。 2~4億年前から姿を変えずに存在しているのだとか。 
原産地は中国で、日本には平安時代後期~鎌倉時代に渡来したそうです。 
名前の由来も中国に有り、葉の形が鴨の脚に似ているところから、鴨脚(イーチャウ)と言い、
この “イーチャウ” が訛って 「イチョウ」 になったと言う説も有ります。
またウィキペディアによると… 「英語ではmaidenhair treeともいう。
これは 「娘 (maiden) の毛の木」 の意味で、葉の形が女性の陰毛が生えた部分を
前から見た形(葉柄は太ももの合わせ目)に似ているための名であるが、
「木の全体が女性の髪形に似ているため」 と美化した説明もなされる】 そうです(汗。




「イチョウ」 は 「銀杏」 の他に 「公孫樹」 とも書きます。
これは、 イチョウの木を植えた後、孫の代になってようやく “銀杏の実” を
食べる事が出来るようになるからだそうです。
「イチョウ」 には雄の木と雌の木が有ります。
雄、雌を見分ける方法として “雄の木は樹形が縦に長く、雌の木は横に枝を張る” とか、
“雄の木の葉には中央に切れ込みが有り、雌の木の葉には切れ込みが無い” などと
言われていますが、これは俗説で実際には実が生るか否かで見分るより方法は無いそうです。
「イチョウ(銀杏)」 は東京都、神奈川県、大阪府の県の木に指定されています。


  「ひげ爺の子供見守り隊日誌」  《4.4㎞  6,240歩  1時間20分》
今日の見守りは2時半(1年生)と3時半からの2回。 3時から見守って来ました。
昨日一昨日と難問クイズを出した6年生の女の子たちが帰って来ました(汗。
「おかえり~、ええか、今日はクイズは無しでぇ~」 と機先を制して(笑。
「ただいま~、じゃぁまた今度なぁ」 えっ?!まだ有るんかい(笑。
「おっちゃん、学校のホームページ見てる?」 「おう見とるよ、あれ面白いの~」
「へ~、おっちゃんパソコン出来るん?」 ブログを書いている事は内緒です(笑。
「あの、わが校のエンターテイナーいうのが面白いのぅ」
「そやろぅ、今日も先生がエンターテイナーをアップするって言ってたよ」
子供らも楽しみに見ているんですね(笑。

 と云う事で先ほど開いてみるとアップされていました(笑。

先生が 【思わずアカーン!  ではなく ミカーン! と叫びたくなります】


ひげの感想… 大仏がちっさ過ぎるやろ~!


のびたさんもまだ背が伸びる?(笑。


今日の歩数   10,893歩  (まだ銀杏が朝散歩+エンターテイナー見守り)
今月の歩数   82,513歩=  57.8km(1歩を70cmに換算)
今年総歩数 3907,100歩=2735.0km
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「ツタ(蔦)の紅葉」 ブド... | トップ | 「センダン(栴檀)」 セン... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
信州のイチョウ (屋根裏人のワイコマです)
2017-12-08 09:33:17
信州でも、イチョウは市役所通りの街路樹
道路の両側に200本近く植わっています
そのうち20本くらいにギンナンが生ります
ギンナンは近く人たちが落ちる度に拾い集めて
くれていいのですが、その落ち葉がスゴイ
なので市役所の職員と商店街の人たちが
毎朝掃き掃除・・なので めったに黄色の
ジュータンは見られません。
今の信州のイチョウは枝だけがさむ空に
聳えています、でも見通しがよくなって
スッキリしています。
イチョウの黄葉を見るたびに… (ひげ爺さん)
2017-12-08 23:26:57
屋根裏人のワイコマさん、こんばんは。

信州のイチョウはいち早く終わり、今は枝だけがさむ空に…
イチョウ並木で思い出すのは、妻の病気で通った阪大病院に続く道です。
道の両脇にズラ~っとイチョウ並木。
イチョウの黄葉を見るたびにあの頃(7年前)が思い浮かびます。

歌もそうですが、花や木でも懐かしく思い浮かべる年代が有るんですね。
向井女史の銀杏の話 (chidori)
2017-12-09 05:47:37
のびたさんやカエルさんが話しを大きくしてくれて、自分

が2週間目に行った話の報告のお粗末を恥を知りました。

鹿児島市内も今は駅前から天文館への電車通り銀杏の

じゅうたんで、付近の商店や住民は音を上げています。

私の保育園も毎朝銀杏を掃くことから始めたことを思

いだしました。

先輩の亡くなられた話。胸に来ました。

私も既に20枚の喪中はがきでいろんな方のことを思

いながらこんな方にこそ新年のあいさつ書きたいな。

年賀状が来ない新年はもっと寂しいだろうとちどり流

信念です。おめでとうって書かなければ・・・ひげさんの

素敵な挿絵の年賀状がないと思うともっと寂しいな。

昨日届きましたよ。

でも綾子さんがいない、お寿司が食べたいと繰り返し

た綾子さんのいないお正月はさみしいですよね。

つい横道にそれてしまいました。

夕べ8時間も休めたので、今日から師走のためのやることに励みます。

まずは温泉だー。スタートです。


母が逝って初めてのお正月… (ひげ爺さん)
2017-12-09 21:16:53
chidoriさん、こんばんは。

そうですねぇ、ワイコマさんもコメントされていますが、
落ち葉の掃除は大変でしょうね。
落ち葉の量は半端じゃないですからね(笑。
そして車道に落ちた葉は車がブレーキをかけた時に滑るんだそうですね。

ですねぇ、。
祝い事はしてはいけないそうで、しめ飾りも鏡餅も無いお正月…
おっと、年賀状もですね。
ちょっと寂しいお正月になるかも。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事