ひげ爺さんのお散歩日記-2

日々新た、今日は今日、明日は明日の風が吹く

「マンサク(満作)」 マンサク科 

2017年02月23日 20時39分52秒 | 日記
     「マンサク(満作)」 マンサク科 ☆2月11日の誕生花☆
      花言葉は… ひらめき・不思議な力・霊感・幸福の再来



 今朝の最低気温は午前6時の8.8℃。 最高気温はお昼正午の13.1℃。
朝方は雨が降り、その後もお天気は愚図ついて、夕方また小雨が降りました。

 朝6時ごろ、強い風と激しい雨音に起こされました。
その雨は30分ほどで小雨になりましたが、いつ降ってもおかしくない空模様でした。
と、云う事で今日の散歩は中止し、ブログ友達がパーソナリティーをされている
“てんがらもん放送” を聞いていました。  そこへ電話が…
先日購入したガスコンロが入荷したので取りに来て下さい、と。
受け取りに行くと店員さんが 「取り付けは大丈夫ですか?」 「自分でやります」(笑。
ガスコンロを設置するのにどんな資格が要るのか知らんけど、ひげは高圧ガス取扱い主任者、
危険物取扱い主任者(どちらも更新してないので期限切れですが)、大丈夫だろう(笑。

 持ち帰って早速取り付けました。 と言ってもホースを差し込むだけですが(笑。
そして夕方、そのコンロにご飯を炊かせてみて驚いた!
ひげは今日まで7年間、毎晩お釜でご飯を炊いています。 
その経験、ノウハウは何だったのか…
バーナーの上にお釜を乗せて点火、メニューを炊飯に合わせるだけ。
おいおい、そんな強火で炊いたら吹きこぼれるでぇ、と思ったら弱火に…
えらい弱火が長いのぅ、そんな炊き方じゃぁベチャ飯になるでぇ、と思ったら強火に…
まあ、1回だけはお前に任せるけぇ、焦がすなりベチャ飯にするなり好きにせぇ(笑。

 で、約30分… 強弱の火力を3~4回繰り返し、ピッピッピ… 炊き上がりました。
それが見事な炊き上がり! 妻が 「お父さんと同じくらい上手に炊けとるよ」 と言ったのが
「お父さんより上手に炊けとるよ」 に聞こえて… (笑。
ひげの場合、たまにオコゲを作る事も有るのですから(汗。
それにしても釜の底の温度を感知するだけで、吹きこぼしも無く、焦げ付きも無く、
こんなに見事にご飯が炊けるもんなんですねぇ。 ガスコンロに嫉妬します(笑。
昨日までの、ご飯を炊きながら夕刊を読み、たまに火加減を調節しながらビールを飲む…
この楽しみが無くなると思うと…(寂。 
なんせ、“コンロにお釜を乗せ点火、メニューを炊飯に合わせるだけ” 
見ている必要が無いんですから(汗。


 今日の花は “北国に春を告げる花” 「マンサク(満作)」 です。


 
「マンサク」 の名は、春に先駆け “まず咲く花” → “まんず咲く” が転訛して
「マンサク」 になったと云う説があります。 
また、あの縮れた様な花びらが “豊年踊り” を踊っている様に見えるところから、
豊年満作にかけて 「満作」 と名付けられたと云う説もあります。
蜻蛉池公園では3種類を見る事が出来ます。
1~3枚目の写真は普通に見掛ける黄色い花の 「シナマンサク(支那満作)」です。 
花が咲くまで古い葉が残っている事が多いのが特徴です。






4~6枚目は 「アカバナマンサク(赤花満作)」 です。 
黄色い普通の “マンサク” より少し遅れて咲き始めるようです。 
日本の “マンサク” と “支那マンサク” が交配したものとか、“丸葉マンサク” の
変種とも云われています。 
太平洋側に “黄色い満作” が多く、日本海側の寒冷地に “赤い満作” が多いと云われています。





 
7~9枚目の写真は、上の2種の中間の様な花色、オレンジ色をした 「満作」 です。 
名札が無く、断言出来ませんが 「ニシキマンサク(錦満作)」 だと思います。

それにしても不思議な花形ですね。 花弁の数は4枚ですが、細く切った紙テープが
もつれ合ってモジャモジャっと…。  
私には障子などのホコリを掃う “ハタキ” か、神主さんがお祓いをする時に使う
“紙垂(しで)” のように見えるのですが…(笑。
“短冊”とか、“金糸卵” に例える方もおられました。  
余談ですが、“ハタキ” は見掛けなくなりましたねぇ。
昔は使わなくなったストッキングなどを切り裂いて作ったものですが。 
結婚してから私の家に “ハタキ” が有った事は無いような… 掃除機の発達のせいでしょうか。


この花がどのように蕾の内に納まっているのか… ちょっと気になりますね(笑。
最後の写真で良く分かります。 内側にクルクルと巻いた形で納まっていたんですね(笑。


   「ひげ爺の子供見守り隊日誌」  《4.7㎞  66,70歩  1時間20分》
今日の見守りは自治会から連絡が有り1時15分からの1回です。 
1時前から見守って来ました。 5年生の女の子らが纏まって帰って来ました 
「おかえり~」 「ただいま~」 「今日はなんで帰って来るのが早いんや?」 
「知らんけど4時間授業やった」 この子ら、誰~れも知りません(汗。
「お前ら “先生! 授業時間が少なくなって損した気分です。 授業をしてください” 
って言うてみィ、株が上がるでぇ」(笑。 
するとこの子ら顔を見合わせ 「そんな事言うたらクラスの皆に恨まれるわ~」 とか 
「先生に “お前、残って勉強せぇ” 言われたらどうするねん。 なぁ~」(笑。
「ほいじゃが、今日はどうして早う帰れるんか、くらいは知っとけやぁ」
「ええねん、うちら早く帰れたらそれでええねん。 なぁ~」 
この子ら皆んなが 「そうやそうや」(笑。  なんだかなぁ(笑。


今日の歩数    6,670歩 (分けも分らず早い下校の見守り)
今月総歩数  291,650歩=204.2km(1歩を70cmに換算)
今年総歩数  633,133歩=443.2km

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シダレウメ(枝垂れ梅)」... | トップ | 「フラサバソウ(フラサバ草... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
色とりどりのマンサク (鈴音)
2017-02-23 21:28:08
まだ見たことの無いお花がいつでも見れる
そうです ここへくると図鑑など必要ない
ぜぇ~んぶ教えてもらえて瞬間物知りになれるわ♬
マンサクという不思議なかたちの花が咲いたのですね。
そこはひと足はやい春があるみたい。
ガス釜で炊いたご飯どうでしたか?
いつもひげさんがごはん当番だった? えらいなぁ~。
マンサク (屋根裏人のワイコマです)
2017-02-24 09:21:28
ホント この花だけは 信州と同じ時期に
咲くんですね
不思議ですね・・信州では私の周りでは
オオイヌノフグリくらいしか花はありませんから
そんな中でのマンサクは 一躍注目です
地域の新聞にもマンサクが咲いて春が来た・・
とトップニュースになるくらいです。
いろんなマンサクの花・・勉強になりました
結婚記念のガスコンロ・・良かったですね
最近の機器はAI化が進んで、その原理に
ついていかれませんね (≧∇≦)
これなら奥様も大喜びでしょう (^o^ゞ
炊飯は7年前からひげの役目 (ひげ爺さん)
2017-02-24 21:05:40

鈴音さん、こんばんは。

>ぜぇ~んぶ教えてもらえて瞬間物知りになれるわ♬
今は検索すれば何でも出て来ますね。
でも、ひげは他人が書かれている事に受け売り…
書いた人が間違っていたらひげも(笑。
頭から信用しないで面白半分に読んで下さいよ。

>ガス釜で炊いたご飯どうでしたか?
いやいや、ガス釜はまた別の物でしょう(笑。
ひげはガスコンロに釜を乗せて炊いているんです。
これが美味しいんです。 子供や孫たちが来た時は
お爺ちゃんちのご飯は美味しいねと言って大飯を食らって帰ります(笑。
妻が手術して入院した7年前から、炊飯はひげの役目になっています。
ひげの推測 (ひげ爺さん)
2017-02-24 21:23:12

屋根裏人のワイコマさん、こんばんは。

>ホント この花だけは 信州と同じ時期に咲くんですね
ひげが思うに、マンサクの花はある一定の寒さにあって花芽が動き出すのかと。
信州の方が早く寒くなり、でも寒いので成長はゆっくりと…
泉州は寒くなるのが遅いが、その後は信州より暖かいので花芽の開花は早く…
結果、信州と泉州の開花時期が同じになるのではと。
あくまでひげの推測ですがね(笑。

>結婚記念のガスコンロ・・良かったですね
ほんとです。 ひげも妻も凄いと… (笑。
ひげは釜から昇る蒸気の量や、釜の蓋の踊り具合で火力を調節していましたが、
こ奴は全く吹きこぼさず、オコゲも作らず… コヤツは凄い! 
こいつの才能に嫉妬します(笑。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む