ひげ爺さんのお散歩日記-2

日々新た、今日は今日、明日は明日の風が吹く

「ヒイラギモチ(柊黐)」 モチノキ科 

2016年12月24日 21時06分28秒 | 日記
   あわてんぼうの サンタクロースクリスマス前に やってきた
       いそいでリンリンリン いそいでリンリンリン…  ♪あわてんぼうのサンタクロース

     「ヒイラギモチ(柊黐)」 モチノキ科 ☆12月25日の誕生花☆ 
               花言葉は… 清廉



 今朝の最低気温は午前6時の7.1℃。 最高気温は午後3時の10.8℃。
午前中は雲の多いお天気でしたが、昼前には青空が覗き日も差して来ました。
昨日までの強い風もおさまって、まずは穏やかな一日でした。

 穏やかでないのはあの人。 “軍拡競争になれば良い。 核戦力を大幅に拡大し…”
あの人、大丈夫かいな。 大変な人を選んでしまったのかも。


  《朝散歩… 緑ヶ丘住宅街  6.7㎞  9.569歩  2時間》
散歩に出た9時の気温は7.6℃。 歩き始めは少し寒く感じましたが、徐々に青空が
広がって、日も差して来ました。 散歩するには丁度良い気温でした。


12月なのに桜が… 12月に咲いても10月桜とはこれいかに…(笑。
12月に食べても春雨と言うがごとし?(汗。



 今日出会ったワンコちゃん。 大人しいワンコで、走る寄って来て手をぺろぺろ。
 午後は昨日の続き… パソコン内の写真をDVDに写す作業。
やっと12月分まで終わりました。


 今日花はクリスマスに因んで 「ヒイラギモチ(柊黐)」 です。



通称 「クリスマスホーリー」 と云う名で流通しています。 
本来の “クリスマスホーリー”  は  “セイヨウヒイラギ” の事ですが、
代用品としての名前が一般化してしまい、ブログなどでも混乱しているようです。
本当の名前は 「ヒイラギモチ(柊黐)」 です。
「ヒイラギモチ」 と云うモッチャリした名前より 「クリスマスホーリー」 の方が
ロマンチックな響きが有って売り易いのでしょうね(笑。 


原産地は中国で、別名を 「チャイニーズホーリー」 あるいは 「シナヒイラギ(支那柊)」 
とも云い、四角形に見える葉の形に特徴があり、角々の先端にに鋭い棘があります。 
でもこれは若い木の特徴で、老木になると棘の無い “ツバキ” のような葉になります。 
“ヒイラギ” と名が付いていますが、“ヒイラギ” はモクセイ科で、
この 「ヒイラギモチ」 はモチノキ科なので別物です。 
またモチは食べる餅では無くて “黐” です。
モチノキ科の植物の皮から粘着性の高い “鳥黐(とりもち)” が出来た事によります。 
ところで… 映画で有名な “ハリウッド” の “ハリ” は元々 “ホーリー” で、
ヒイラギ(柊)の木が多かった土地柄から名付けられた地名だとも云われています。


 毎年クリスマスイブに紹介しているお話です 
クリスマスに贈るちょっと良い話 “こころのチキンスープ(2)”という本から…
何度読んでも目頭が熱くなります。

 【小学校教師と、ある男の子の話です。 先生は、当時4年生の担任をしていました。
「すべての生徒を公平に愛しなさい」 という教師のスローガンはまやかし・・・
そう先生は心の中で呟きました。  その理由? 実は・・・
受け持っていたクラスに、どうしても好きになれない生徒がいたのです。
男の子の成績はいつもクラスで最低。 
無口で、授業に対しても一切興味を示さず、友達もいない。 
それで、いつも服装は乱れて不潔。 
先生は、その男の子のテストの解答用紙に、0点と大きくつけることや、
成績表に最低の評価をつける事にある種の快感まで覚えるほどになっていました。

 そんなある日、学校の指令で、生徒1人1人の過去の履歴を見直して、
再度、生徒の総合評価をつけることになったのです。 
当然その生徒の中にはその男の子もいました。 
先生は、嫌いなその子の評価を一番最後にまわしました。
その子以外のすべての生徒の評価が終わった後、先生は嫌々その子の1年生からの評価に
目を通し始めました。 その評価を見て先生は愕然とします・・・

 なんと当時の担任の評価は、先生の知るその子とは全く別人だったのです。
「クラスで最も活発で人気者。成績も良く、クラスの雰囲気を明るくするには欠かせない子」
驚きを隠せない先生は、続けて2年生の評価を見ます。
「最近明るさがなくなってきた。 お母さんが重い病で、そのことが影響し、
授業でもボーっとする事が多くなってきている」
3年生の評価になると 「お母さんが亡くなって以来、授業に全く興味を示さなくなっている。
お父さんも彼のことをかまわないみたいで、友達もなくなってしまった」
ここまで読んだ先生は、雷に打たれたかのようにショックを受けました。

 次の日、クリスマスの時期だったので、生徒たちが先生にプレゼントを持って来ました。
華やかなラッピングのプレゼントの中に、1つだけ、みすぼらしいスーパーの袋に入った
薄汚れたプレゼントがありました。 それはその子からのプレゼントだったのです。
先生はその袋からプレゼントを出すと、そこには糸の切れたネックレスと、
半分使った香水の瓶が入っていました。 
それを見た他の生徒たちは、馬鹿にして笑い始めましたが、先生は 
「何を笑ってるの! きれいなネックレスじゃない。 良い香りの香水もあるわ!」
そう言って香水を手につけたのです。
その日、男の子は先生のところにやってきてこう一言だけ言ったのです。
「先生、先生の匂いは、ぼくのお母さんの匂いといっしょだったよ」
その男の子のプレゼントは、死んだお母さんの形見だったのです。
全員の生徒が去った後、先生は1人教室に残り、泣き崩れました。
今までその男の子に対して持っていた感情を反省し、この瞬間から、先生は
初めて・・・見せかけでなく・・・子供たちを、心から教える先生になったのです。

 それ以来、先生はその子を一生懸命勇気づけ、授業についていけるように教えました。
スポンジが水を吸収するように、その子も先生の教えをどんどん吸収していき、
その年が終わるころには、その男の子の成績はクラスでもトップになりました。

 小学校を卒業してから何年か後、先生はその男の子からの手紙を受け取ります。
そこには・・・ 「先生、先生のおかげで、高校を3番の成績で卒業する事が出来ました。
先生は、私の人生で出会った最高で大好きな先生です。ありがとうございます」
と書かれてありました。 

 それから4年、また彼から手紙が届きます。
「先生、なかなか大変でしたけど、なんとか大学を首席で卒業できました。これも
先生のおかげです。 人生で出会った最高で一番大好きな先生です。 ありがとうございます」

 そしてまた何年か後に、新しい手紙が届きました。
「先生、大学で出会った女性と結婚することになりました。新郎の母親の席に、
ぜひ先生に座ってほしいのです。お願いできますか?先生は私の人生で出会った
最高で一番大好きな先生です」 この手紙には、彼の名前に称号がついていました。
なんと彼は、医学博士になったのです。 先生は、糸が切れたネックレスと、
半分しか残っていなかった香水を身につけ、彼の結婚式に出ました。
壇上で彼は先生にこうささやきます。 
「先生、こんな私でも、社会に何か貢献できることを教えてくださって、本当に
ありがとうございました」 それを聞いた先生は涙ぐみながら、彼にこう言います。
「あなたは間違っているわ・・・あなたこそが・・・ 私に・・・何か社会に貢献
できることを教えてくれたのよ。 あなたに出会うまで、私は子供を教える資格はなかったの。
でもあなたに出会ってから、あなたに教わったから・・・
子供を教える、真の教師になれたのよ。 ありがとう」 】 … 


今日の歩数     9,569歩 (12月に桜?朝散歩)
12月総歩数   266,396歩= 186.5km(1歩を70cmに換算)
今年総歩数  4,496,780歩=3147.7km

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「シクラメン」 サクラソウ科  | トップ | 「ポインセチア」 トウダイ... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
孫達への贈物に (kaeru)
2016-12-24 23:33:16
この話、石垣の孫と横浜の孫に贈りました。
ヒゲさんの顔写真を付け忘れた。
Unknown (さくちゃん)
2016-12-25 08:19:44
ひげさん お早うございます

読ませていただき 涙があふれています

いろいろな意味で私 反省します!!

何度読んでも… (ひげ爺さん)
2016-12-25 10:35:03

kaeruさん、こんにちは。

この話、いろんな見方があると思いますが、
ひげは単純に感動して胸が熱くなりました。 
子供見守りのバイブルにしています。
ひげの顔写真? ひげの顔なんてどうでもいいです(笑。

孫からの写真 (屋根裏人のワイコマです)
2016-12-25 10:36:18
ヒイラギモチだと思いますが、クリスマスの
なんとやらを作ったので・・写真を見せてくれる
と昨日送ってくれました、多分このヒイラギモチ
なんでしょう。地域のこども会で作ったとか
でもこれがあるかないかで大違い、主役の
存在ですね 
いつものお話・・ジーンと胸に詰まる話し
何度聞いてもいいですね またお願いします
公平に接するって難しいですね (ひげ爺さん)
2016-12-25 10:42:32

さくちゃん、こんにちは。

見守りをしている中にも、いけ好かない子がいます(笑。
大人ぶって素っ気無い子が…。 子供の頃の自分を見ているようです。
公平に接するって難しいですね。
懐いてくれる子にはどうしても優しくしてしまいます(笑。
子供を含め、人と人との出会いを大切にしたいと思います。
運とか縁とか言われますが… (ひげ爺さん)
2016-12-25 11:12:11

屋根裏人のワイコマさん、こんにちは。

クリスマスのなんとやら(笑。
クリスマス飾りに赤い実をあしらうと引き立ちますよね。

いつものお話…
ひげにも何人か心に残っている先生がいます。
人にはそれぞれに奇跡的な出会いや、めぐり合わせのようなものが
有るんでしょうね。 
例えばイチロー、仰木監督と出会っていなかったら…
また違う人生を歩んでいたかも知れません。
有森さんやQちゃんも小出監督に出会っていなかったら…。
運とか縁とか言われますが、一期一会を大切にしたいと思います。
何も書けませんでした (chidori)
2016-12-25 20:20:26
ひげさんはいいお話を…。カエルさんが孫に送る?と聞いて私も我慢しないことにしました。私の引き出しに隠しておきます。いつか役立たせます。
それと今日初めて気が付いたのですが、私の訪問者の中に見慣れないアドレスがあるのでクリックしたらここにたどり着きました。えっひげさん私の読者登録してくださってなかったの?いつもひげさんのところにたどり着かないなーと思っていました。
足あとを残してみたんです (ひげ爺さん)
2016-12-26 20:50:37

chidoriさん、こんばんは。

>ひげさんはいいお話を… いつか役立たせます
皆さんに読んで感動して欲しい話ですよね。
でも、放送でやると著作権の問題が有るかも… 残念ですねぇ。

>えっひげさん私の読者登録してくださってなかったの?
なに言ってんですか、 “読者になる” の欄にちゃんと
ひげの名前が有るでしょう?(笑。
ちょっと足あとを残してみただけです(笑。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事