ひげ爺さんのお散歩日記-2

日々新た、今日は今日、明日は明日の風が吹く

「チューリップ」 ユリ科 

2017年04月19日 19時27分20秒 | 日記
        「チューリップ」 ユリ科 ☆4月10日の誕生花☆
    花言葉は… 花全般…愛    赤…愛の告白  白…新しい恋
            黄…実らない恋  紫…不滅の愛  桃…愛の芽生え



今朝の最低気温は午前3時の13.0℃。  最高気温は20.5℃。
今日も良く晴れてほぼ快晴。 まだ強めの風が吹いていますが、日差したっぷり、
湿度は50%前後と、爽やかな一日でした。


 《朝散歩… リサイクル公園  10.2㎞ 14,593歩 3時間》
散歩に出た9時の気温は18.3℃。 抜けるような青空に早くも鯉のぼりが泳いでいました。

♪空の青さに生き生きと 跳ねて暴れる鯉のぼり あれがカープのファイトだよ…(笑。
今日はリサイクル公園の 「チューリップ」 を撮りに行って来ました。
15日にも行ったのですが、生憎の曇り空だったので、今日はそのリベンジです。
先日の強風の影響で、もしかしたらなぎ倒されているのではと心配しましたが、
何とか持ちこたえて今が満開でした。
 
幼稚園児たちも見物に来ていて 「きれ~い」 と歓声を上げていました(笑。


 今日の花は 「チューリップ」 です。





小さな子供に花を描かせたら、殆どの子供が 「チューリップ」 を描くだろうと思います。 
♪咲いた咲いたチューリップの花が… それほど馴染みの深い花ですね。
「チューリップ」 の花びらは6枚で、花を保護している萼(ガク)は無いように見えます。
花の茎から直接花が咲いていますからね。 
じつは花びらに見える6枚のうち、 内側の3枚が本当の花びらで、外の3枚は
萼(ガク)の変化した物なのだそうです。
“百合” “ヒヤシンス” “アヤメ” “アネモネ” なども萼が花弁の役割をしています。
「チューリップ」 は 「チューリップ」、和名など無いだろうと調べてみると 
「鬱金香(うこんこう)」 という名前が有りました。 
“ウコン” に香りが似ているからだそうですが、「チューリップ」 に香りって有ったっけ(笑。






原産地はトルコ~中央アジアで、オーストリアのトルコ派遣大使がこの花を見て、
通訳に名前を尋ねたところ、花の形がターバン “Tulipan(頭巾)” に似ていると
言ったのを、花の名前と勘違いして 「チューリップ(Tulipa)」 になったそうです。
日本には江戸時代後期に一度渡来しましたが、あまり普及せず、大正時代に再度渡来し
全国に広まったそうです。 
富山、新潟では米作りの裏作として、球根の栽培が盛んになり、国産の球根としては
両県で全国の98%を生産しているそうです。 
富山には “チューリップテレビ” という放送局や “チューリップ交通” という
タクシー会社も有るそうです(笑。




品種改良によりさまざまな色の 「チューリップ」 が生み出されていますが、
“バラ” と同様に “青いチューリップ” はまだ作出されていないそうです。
多くの育種家によって青いチューリップの開発が進められているそうです。


 オランダに伝わる 「チューリップ」 伝説…
昔々、オランダのある村に、それはそれは美しい娘が住んでいました。 その娘に3人の
若者が恋をしました。騎士は剣(勇気)を、王子は冠(栄光)を、富豪は財宝(富)を差し出し、
結婚を申し込みました。 しかし、恥ずかしがりやの娘はその中の一人を選ぶ事が出来ず、
思い悩んだ末、花の神フローラに我が身をチューリップに変えてもらいました。
以後その花の葉は剣に、花は王冠に、球根は黄金になったと云う事です。


  「ひげ爺の子供見守り隊日誌」  《3.3km  4,681歩  1時間15分》
今日の見守りは2時半(1~3年生)と3時半の2回。 3時から見守って来ました。
6年生の女の子が帰って来ました。 「おかえり~」 「ただいま~、おっちゃん聞いて」
「なんや、またかいな」(笑。 「今日50m走の記録会があってんなぁ」 「おうおう」
「皆んなズルイねん」 「なんでや?」 「一生懸命走るれへんもん」 
「へ~、どうしてじゃろう?」 「あんなぁ、速かった者はリレーの選手に選ばれるねん」
「おうおう、そう云う事か。 運動会のリレーの選手になるのが嫌じゃけぇか」
「そ~やねん。 うち絶対リレーの選手に選ばれるわ~。 嫌やなぁ」(汗。
「ええじゃないかぁ、一生懸命やっとりゃぁなるようになるよ、頑張れ頑張れ」
昔はリレーの選手といえばスターだったんですがねぇ(汗。


今日の歩数   19,274歩 (チューリップ満開朝散歩+選手になりたくない見守り)
今月の歩数  210,490歩=147.3km(1歩を70cmに換算)
今年総歩数 1346,223歩=942.4km
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「フリージア」 アヤメ科  | トップ | 「シャガ(射干/著莪)」 ア... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
チューリップ (屋根裏人のワイコマです)
2017-04-19 20:56:32
チューリップ・・・信州でも咲き始めています
大阪のチューリップに負けじと・・でもこんな
沢山さかしているところは少ないです。
国営アルプス安曇野公園は これと同じくらいの
規模で咲いていますが・・今年は見に行かれそうもありません
最近は このチューリップも背の低い
小型のものも増えてきましたね
Unknown (だいせんトンビ)
2017-04-20 08:51:19
良い天気に青空にゆったり泳ぐ鯉のぼり、そして色とりどりに咲くチューリップ。             リサイクル公園、良い所があるんですね。
またまたすごい・・・ (chidori)
2017-04-20 16:33:55
なんといえばよいか言葉が続かない。

いつでもあまりの見事さに圧倒されます。

ひげさんのすんでいる地区、または近辺がそのような場

所に違いない。と言っても腕ななければ魅せられません

からね。

子どもたちの会話も様変わり・・ですね。

ひげさんのおかげで今の子どもの考え方に触れること

ができています。

好きではないんです (ひげ爺さん)
2017-04-20 22:09:19

屋根裏人のワイコマさん、こんばんは。

>でもこんな沢山咲かせているところは少ないです。
奇麗ですよねぇ。 でもひげは人為的過ぎてあまり好きではないんです(笑。
まあ、見せる為なので仕方ないですけどね。
>最近は このチューリップも背の低い小型のもの…
おかげで先日の強風を耐えられたのでしょうね。
花の下の長くないチューリップ?(笑。
ここは以前… (ひげ爺さん)
2017-04-20 22:20:41

だいせんトンビさん、こんばんは。

リサイクル公園… ここは以前、巨大な穴が掘られ、
産業廃棄物処理場だった場所なんですよ。
多数のダンプカーが廃材を乗せ、砂埃を巻き上げて行きかった場所…
罪滅ぼしでしょうか、その後埋め立てられ、
跡地に季節折々の花が植えられ、お花畑にした公園です。 
リイクルの名の通り、園内の柵や、階段、ベンチ、テーブルなど、
廃材や解体材が使われています。
入園無料で今は市民の憩いの場になっています。
奇麗でしょう? (ひげ爺さん)
2017-04-20 22:28:36

chidoriさん、こんばんは。

奇麗でしょう?
こんな美しい花、景色の前では腕は要りません。
どこを切り取ってもシャッターを押すだけで奇麗に撮れます(笑。
そうそう、お天気は大切ですけどね。
前回は曇り空で、ひげの腕をもってしても…奇麗に撮れなかった(笑。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む