ひげ爺さんのお散歩日記-2

日々新た、今日は今日、明日は明日の風が吹く

「キュウリグサ(胡瓜草)」 ムラサキ科 

2017年03月07日 21時42分16秒 | 日記
        「キュウリグサ(胡瓜草)」 ムラサキ科
          花言葉は… 愛しい人へ真実の愛



 今朝の最低気温は午前6時の6.3℃。  最高気温は午後3時の10.4℃。
昨日一昨日の春の陽気はどこへやら… 風の強い寒い一日でした。


   《朝散歩… 病院周り  8.4㎞  11,952歩  2時間30分》 
妻を車で病院に送って行き、付近を散歩しました。 9時の気温は8.1℃。
雲の多くしばしば太陽の日差しが遮られます。 
帽子が飛ばされそうな強い風が吹いていました。


今日出会ったワンコちゃんは元気いっぱい。 草地を走り回って少しもじっとしていません。


 今日の花は 「キュウリグサ(胡瓜草)」 です。





この草を揉むと “胡瓜” の匂いがするところから名付けられたのですが、
もっとロマンチックな名前は付けられなかったのかと思いますね(笑。
同じ仲間の “ワスレナグサ(勿忘草)” には素敵な名が付いているのにねぇ。
写真では大きく見えますが、とても小さな花です1輪2mm程の小さな花で、
薄い空色の花弁の中央に黄色の輪っか。 可愛くて清楚な花です。




“オオイヌノフグリ” と一緒に写っている写真で、その小ささが分かりますね。






以前、妻がパソコンの写真を見て、「奇麗な花じゃねぇ、どこに咲いとるん」
と言うので見せに行った事が有ります。 「どこに花が咲いとるん?」 と妻。
「そこそこ、お前の足元じゃ」 「何も咲いとらんよ~」 「これじゃ、これ!」
「え~っ、これがあの花?!」 妻はパソコンで拡大した 「胡瓜草」 を見ていたので、
こんなに小さな花とは思っていなかったんですね(笑。


   「ひげ爺の子供見守り隊日誌」  《3.8㎞  5.438歩  1時間》
今日の見守りは一斉下校で3時半の1回です。
午後は “北の国から” を見ていて、階下から妻が階段をコンコン。
うるさいなぁ、今ええとこ(シュウと五郎の入浴シーン)なのに… (笑。
「なんや~?」 と2階からおらぶと 「お父さん、今日は見守りに行かんのん?」
あっ! 時計を見ると3時半。 わ~ “北の国から” に夢中で忘れとった~(汗。
見守りエリアに着く前に、もう何人かもう帰っていて、今日は信号に立って見守りました。
「おっちゃん、今日はここにおるん?」 「おう今日は遅刻したんじゃ」(笑。


今日の歩数   17,390歩 (寒い朝散歩+遅刻見守り)
今月総歩数   94,370歩= 66.1km(1歩を70cmに換算)
今年総歩数  808,018歩=565.6km
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「クリスマスローズ-2」 キ... | トップ | 「ヒボケ(緋木瓜)」 バラ科  »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夢中になる (鈴音)
2017-03-07 22:24:56
夢中になれるものがあるっていいことです・・・が
見守りを忘れるほどTVに夢中~♬
北の国からの五郎の石の家・・・昨年 見に行きました。
あのころのドラマはいいものが多かった。
今は・・・。
お二人の会話 楽しい。方言がバンバンでていて懐かしいです。
キュウリグサ (屋根裏人のワイコマです)
2017-03-08 09:24:54
キュウリグサ??・・たぶんオオイヌノフグリよりも
まだ小さい花・・私には見えないでしょうね
きゅうりの匂いが・・こんな小さな花から??
信州の野原にも、今度よく探してみますね
花は可憐で綺麗ですが・・青い色の花って
何となくロマンを感じさせられますね
毎日 見守り・・ご苦労様です
時には、こんなこともありますでしょうね
方言がバンバン (ひげ爺さん)
2017-03-08 22:03:14

鈴音さん、こんばんは。

北の国からの五郎の石の家・・・ご覧になったんですか(羨ましい・笑。
いま “北の国から” に大夢中です。 いいドラマは何度見ても良いですねぇ。

>方言がバンバンでていて懐かしいです
ひげたちは大人になって大阪に転勤して来たので、もう大阪弁にはなりません。
小学生で転勤した子供たちはそれなりの大阪弁になっています。
でも生粋の大阪人に言わせればやはりちょっと違うのだとか。
不覚をとりました (ひげ爺さん)
2017-03-08 22:20:05

屋根裏人のワイコマさん、こんばんは。

>たぶんオオイヌノフグリよりもまだ小さい花・・
もっともっと小さい花ですよ。
妻などは足元に咲いていても気付かないほどです(笑。
“ここに咲いている” と分っていないと見付けられないかも知れないです。

見守り… >時には、こんなこともありますでしょうね
つい見入ってしまい、不覚をとりました(汗。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事