暇々ライフ・今一写真館

旅行、ドライブの写真などなど

エジプト・アブシンブル神殿

2017年03月30日 | ’17 エジプト

 バスはサハラ砂漠を走りに走って、アブシンブルへ到着しました。

セティ・アブシンベル ホテルの庭

 さすがナセル湖畔のホテルと言うか、ホテルの庭園の池にはワニを飼っています。(なぜか動きませんけど)

 ホテルに到着し、昼食(久しぶりに”バイキング以外”のスタイルの食事にありつけました)を済ますと、早速

アブシンベル神殿の見学に出発です。

◆神殿前のバス駐車場

 ナセル湖を背に石造りの頭部がポツンと置かれています。

◆アブシンベル大神殿の後ろ側

 左下は、足に自信がない人用の電動バギー(有料)です。

◆大神殿

 アスワンハイダムの建設により、ナセル湖に水没しそうだった古代遺跡をユネスコの協力で、切断移転して

北へ64m、西へ110m移設したものです。

こららの座像の高さは約20mです。左から2番目の石像は頭部が破損して、手前前方に転がり落ちています。

(移設前の状況のままだそうです)

神殿内部は写禁なので写真はありません。

◆小神殿

 大神殿に向かって右側にあります。

 ホテルへ帰ってチェックインしてみると、ナセル湖に面したコテージ風のなかなか素敵な部屋でした。

部屋番号と位置をしっかり記憶しておかないと、迷子になりそうです。

◆部屋の前のナセル湖

◆ 同 2

 左手にナセル湖のクルーズ船が停泊していました。

◆ホテルの部屋の中の掲示

            

 蚊やワニヤモリにご注意という掲示です。

蚊は大丈夫でしたが、ヤモリは部屋の中で見かけてしまいました。

ちなみに、このセテイ・アブシンベルホテルはアブシンベルでNo1のホテルだそうです。

(但し、アブシンベルにはホテルは三つしかない由)

床は石張りなので”カメラとか落とさないように気を付けてね”と見回りに来た添ちゃんが注意してくれました。

(奥が同ホテルを紹介したBlog➡こちら

 夜は、”大神殿・音と光のショー”を見に行きます。

◆レーザー光線を当てられた大神殿

 はっきり言って、この”音と光のショー”は余り感動しませんでした。

良かったのは、日本人観光客が多かった所為か解説ナレーションを日本語でやってくれたことです。

(その他の国の方には、イヤホン・ガイドのようなものおを貸し出していました)

足元が暗いところがある不整地な道なので、懐中電灯を持参することをお勧めします。

(添ちゃんも現地ガイドも教えてくれなかったぞ)

 一泊後は、大神殿を照らす日の出を見物に行きます。

◆大神殿へ向かう歩道

 まだ足元が暗いところがあるので、照明が灯もされています。

昨夜、大神殿前で”音と光のショー”を見た観覧席で後ろ向きになって日の出を待ちます。

◆日の出直前の空

 大神殿の前のナセル湖側です。

◆日の出

 デター!!!!!!

◆朝日に照らされた大神殿

 なんだかんだで結局3回大神殿を見に行きました。

 同日の奥のBlog➡こちら

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サハラ砂漠 | トップ | ピラミッド・スフィンクス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む