暇々ライフ・今一写真館

旅行、ドライブの写真などなど

愛知県・弥富市

2017年06月15日 | ドライブ・ウォーキング

 名古屋市の西側にある”弥富市”は高級金魚の産地として有名です。

(先日の新聞報道によると、今年の金魚の出荷は記録的な不作らしいですけど。これもはっきりした原因が解明

されていないということなので気掛かりなことです)

◆弥富市・歴史民俗資料館

 受付の女性職員は、昼食中だったみたいで気の毒をしました。

◆入口脇の案内標識

            

 下から2段目の右向き標識(立田輪中人造堰樋門)へは、この後訪れてみる心算です。

◆館内の展示

 金魚の町だけあって、一階ロビーの奥には約20基の水槽が設置・展示されており、華やかな金魚が遊泳中です。

◆ 同 2

            

 民具の展示です。以前訪れた”北名古屋市の”昭和日常博物館”とよく似ていますが、内容的にはちょっと

負けている感じです。

◆ 同 3

 農具の展示コーナーもありました。これは”田舟”ですね。

他の目を引く展示では、昭和34年の”伊勢湾台風”関連の展示も多かったのですが、被害状況を改めて知る

につけ心が痛みます。

資料館から、車で5分も掛からないところに”輪中公園”があります。

駐車場(勿論、無料)に車をおいて徒歩で公園の中を巡ります。

◆輪中公園入口付近の案内標識

◆気持ちのいい木陰

 歩道もありますが陽当たりが良すぎるので、こんな木陰を選んで柔らかい芝生の上を歩いて行きました。

立田輪中人造堰樋門

◆ 同 2

 右手から、中央部上部をアップで撮ってみました。

明治34年製だそうです。

◆樋門前の池

 樋門上部から見下ろした所です。

最近は梅雨とは言いながら、あまり降りませんので池の水位は大分下がっているようです。

◆近代化遺産の銘板

 輪中であったり、干拓地であったりする土地で生活をするしかなかった人々のご苦労を今に伝える施設群でした。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水都・大垣 | トップ | 庭の紫陽花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む