暇々ライフ・今一写真館

旅行、ドライブの写真などなど

葛城市;當麻寺

2016年10月14日 | 奈良あちらこちら

 久しぶりに、奈良のお寺を訪ねて来ました。

”當麻寺”です。”タイマデラ”と読むのが正式な名前で、”中将姫伝説”で知られる古刹です。

なんとなく、寺院内では怪しいハッパの匂いなどが漂っているのかと思ったらそんなことはありません。

 ただし、お線香とかお香の香りも嗅ぎ取ることはできませんでした。

◆東大門(仁王門)

 参道の突き当りに立派な山門があり、左右に二体の仁王像が立っており名前の由来であろうと思われます。

◆仁王様

 山門に向かって左側です。

◆ 同 2

            

 向かって右側です。

◆仁王門から見た参道

            

◆梵鐘

            

 門を入ってすぐの境内にあります。日本最古の梵鐘で国宝だと立札にありました。

◆境内の桜の木

 少し紅葉の気配があります。

◆本堂

 立派な大きい本堂です。

このお寺は境内を散策するのは、基本的に無料ですが、各建物や収蔵物を見学するのは有料です。

◆中将姫像

            

 本堂に向かって右手に建てられています。地元ロータリークラブの寄贈によるものです。

◆境内の様子

 仁王門の内側から、本堂方面を撮ったものです。

◆中之坊

 中将姫が仏門に入るため、剃髪をした場所だそうです。

◆西塔

          

 本堂に向かって左手(南側)に西塔・東塔の二基の三重塔が建っています。

◆東塔

          

 両塔とも入口で閉鎖されており、中に入って見学することはできません。

◆奥の院(墓所)へ至る参道

          

◆奥の院の紅葉

          

 

 ウィークディなので、参拝者の人数も多くはなくて、静かに見学することができました。

紅葉は落葉樹が主で、3~4分というところでしょうか。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大雪山系・旭岳の紅葉 | トップ | 新潟・関谷分水公園 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む