緩行転車日誌

京街道通トレ(地球一周の距離走破)→ 平安京緩行→ 京阪徒歩き→ 阪奈徒歩き→ 平城京ポタ→ 秋つしま流離流寓

ホースカー24Tパンプキン

2017-03-07 22:14:00 | 日記
昨年12月、友達に、「ちいりりん、ちいりりん」と電話が
悪い奴から「市役所の国保課の金子です。2015年の1月に保険料金を納めすぎのため68,000円の還付金があるので手続きの手紙を出しましたが、未だ完了していません、Tさん居ますか?」
友達「Tは、先月亡くなりました」
悪い奴「あーそうですか、それでは奥さんに権利が有ります」
友達「68,000円も還るなんて嬉しいです、ありがとうございます、でも手紙記憶にありませんし手元に無いです」
悪い奴「それでは完了証明書を銀行から出してもらいます、銀行は何処を利用していますか」
友達「けんしんさんです」
悪い奴「あー、けんしんは駄目です。大銀かみらいは無いですか」
友達「大銀の通帳はあります」
悪い奴「あー、それでいいです、では10分後に大銀コールセンターの斎藤から説明の電話がありますから聴いて下さい」
10分後
悪い奴「大銀コールセンターの斎藤です。証明書は特別の機械で発行します、機械は何処にでもありません。そこからですとOZAI○食のATMがつかえますので、そこへ携帯持って来て下さい」
友達「携帯持ってないし、腰椎骨折してて行けません」
悪い奴「今日、手続きをしないと駄目なのでなんとか14時位迄に来れませんか、隣の奥さんの携帯借りて来て下さい」
友達「そんな事出来ません、それでは、26日(月)に息子に頼んで連れて行ってもらいます、息子の携帯使います」
悪い奴「息子さんは幾つですか」
友達「もう40なんぼかです」
悪い奴「それでは26日に、ATMの前から○○○○の番号へ電話して下さい、お待ちしています」
友達「有難うございます、今の私には大金です助かります」
夕方、息子帰る
友達「こうこうでなあ、嬉しいわ、父さんの35日に使うお金助かるわ26日に連れて行ってな」
息子「それ、ナンカおかしくネエ?」
O市役所へ電話
市役所国保課の職員「金子とかおりません」
今度は大銀へ
行員「奥さんちょっと待って下さい調べますから」、しばらくして「奥さんどうもサギの様です警察に一応話した方がいいですよ」
警察にも知らせました 「絶対携帯なんか持って行ったら、いけません」
友達「こわっ、こわっ」
お隣に話したら
お隣さん「アンタ元気じゃったら直ぐ飛んで行っちょったもかしれんで、電話でそんな事を知らせることはねーち、いつも言いよんじゃねえな!」

まあ、ダマされんで良かったわあと笑いました。人間とは、悲しい生き物です、お金に恵まれないと簡単に洗脳されてしまいます。でも、なぜ、若くて元気なくせに、老人を苦しめるのかと腹が立ちました。高齢者達よ騙されるな、しっかりしよう!!


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 搬送準備中 | トップ | スポーツ観戦(三月の日曜) »