スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

プロローグ シルエットフォーミラー

2017-05-19 13:48:23 | マクロス外伝シルエットフォーミラー戦記2021
西暦2021年・・・・・・・・
惑星セバルーニャで新統合軍がゲリラ組織を壊滅させた。
だが、同時にゲリラ組織に人質に取られた民間人ごと殺された。
その指揮を取ってガムレゾン大尉。

上の権力でもみ消す、民間人はゲリラ組織が殺した事にされた。
批判はあったが、これも予定通り。

ガムレゾン大尉は多少の謹慎処分の程度で済まされ、程なくして何事もなかったかのように軍務に復帰した。
彼はあれだけの罪を犯しておきながら新統合軍の英雄だ!とか宣伝されている。
自らの快楽のために罪なき非戦闘員まで虐殺したあの男が英雄・・・・・・・・・・

その部下であったレド・ランドールはガムレゾンに反発するが・・・・・・・
ガムレゾンの背後の存在の圧力により辺境の地から左遷される。

屈辱的な処置でありレドは物凄い怒りを感じたが・・・・結局軍内部の権力圧力に勝てる事なくそのまま左遷を受け入れた。

新統合軍内部に腐敗・・・・・
レドは無力な自分に怒りを向けた・・・・・・・・軍の権力に抗う事のできない自分に・・・・・・・・・

そして数か月が過ぎ、レドは警備飛行隊としてのんびりした勤務を過ごした。
最初は嫌だったが職場もよく気持ちよく勤務できたため、この左遷も悪くないなと思った。
何時までも続くと言いなと思ったが・・・・・・・・・

レド「テストパイロットですか?」

「あぁ新星インダストリーがお前に派遣を依頼されているVF正規ルートから派生した試作バルキリーとの事だ。」

レド「しかしなんで俺なんでしょうね?」

「腕前だろう、お前の腕前はずば抜けている。それを新星インダストリーのお偉い方はそれを理由にお前をテストパイロットをやらんかとスカウトしたんだろう。」

レド「そうですかね~」

レドはテストパイロットをする事になった。
新星インダストリーの試作バルキリーでVF-D1と呼ばれる機体を試験しろと・・・・・
アドバンスド・バルキリー計画の一種でありなんでも新システムを搭載したじゃじゃ馬らしいと。
レドは暇だから上官に承諾すると伝える。

「よし承諾したならば話が早い惑星ピクレスに行ってもらうぞ。いいな?」

レド「ハッ・・・・・・・・・レド・ランドール少尉、惑星ピクレスに行ってきます。」

この時軽い気持ちのレドであったが、これが後に元上官で憎むべきガムレゾンと再会しそこで様々な悲劇の体験をするとは・・・・
この時思ってもいなかった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マクロス外伝シルエットフォ... | トップ | 第39話 生と死の狭間で想... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL