新統合軍極東・太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第83話 激突・空中騎兵隊 後編

2017-01-03 22:59:17 | マクロス外伝蒼い髪のメルトラン
ケーンの挑発によって激怒したミリアはラウラに空中騎兵隊を潰してしまえと命令する。
ラウラは思わず敬語で喋るなどミリアの豹変ぶりに驚き、オルガが本来の任務から外れてしまった事を嘆く。

既に空中騎兵隊がジャイロ形態で待機しておりラウラとの戦闘に備えていた。

ラウラ「既に待機している、先手を取られたか・・・・・・」

既に戦闘の主導権は彼らに握られてしまっている。
そう制空権は既に掌握している。
ラウラは戦車の天敵がヘリである事を知っており、このバトルロイドをヘリと取られ先に到達して迎撃するために対策を取ろうとしていたが失敗した。

ラウラ「よりによって・・・・・・・・」

ラウラは先手を取る事に失敗して舌打ちをする。
可変戦闘機はともかく陸上兵器・・・・・・・・・航空兵器に勝てるのやら・・・・

 ガガガガガガガガガガガガガガガガガ

空中騎兵隊のコマンチからガトリングガンの銃弾が発砲する。
物凄い数のペイント弾の銃弾が1分に何百発も撃ってくる。
ラウラはとっさに急バックで回避する。

ボブ「ひゅ~やるじゃねぇか。」

ケーン「だがまつりはこれから出せミサイルファイア!」

              シュボボボボーン

演習用のミサイルを撃ち込まれる。
まさかミサイルまで撃ち込まれるとは思っていなかったためか怯む。

ミリア「ちょっとラウラたるんでいるわよ!!!

ラウラ「ラック!?」

ミリア「もっと地形を生かして戦いなさいよ。」

ミリアがラウラのオペレートを開始する。
ラウラは戸惑いつつもミリアのオペレートを聞きながら動く。
すっかりラウラの姿は消えてしまった。

ボブ「な~んだ~怖くて隠れたのか?」

フランクリン「いや戦術的に潜んだんだろう、このままミサイルを撃ち続けたらこちらの弾はなくなるぞ。」

ケーン「しょうがねぇ地上に降りるぞ、もし現れたら休息に上昇だ!」

潜伏したラウラを捜索するためバトロイド形態に変形する3機の空中騎兵隊。
ラウラはケーン・フランクリン・ボブのどちらかが接近したら強襲して1機仕留める。
各個撃破戦術を取る。
森林地帯に丁度いい穴があったのでそこに潜伏している。

ボブ「一体どこにいるんだ子猫ちゃん?」

ラウラの近くにボブが接近する。
すぐさま仕掛けようとするが・・・・・・

ミリア『まだ遠いわ、後200m接近してから。』

まだ仕掛けてはいけないようである。
これまでオペレート無しに自由に戦っていたラウラに凄いストレスがたまるが相手は強敵と知っているので大人しく従っている。
ここで間抜けに突撃し撃墜されたら自分自身のゼントラーディ人としてのプライドが傷つく。
ボブがラウラの近くに接近する。

ミリア『今よ強襲して!』

                   ガバッ

ボブ「何!?」

ラウラ「喰らえ!!」

              ズドドドドドドドドドドドド

ラウラは穴から出てきてボブを強襲する。
これで勝てると確信したが・・・・

ボブ「くそ腕をやられた、子猫ちゃんが出たぞ!」

ラウラ「くそ腕か・・・・緊急回避。」

ボブの反撃を受ける前に回避行動を取る。
直ぐに別の影に隠れる。

ボブ「くそ忍者かよ。」

ボブはすぐさま逃げるラウラを忍者と呼ぶ。
ケーンとフランクリンは連絡を受けて集結する。
ラウラはこの辺に潜んでいるためついにあるものを投下する。
それは赤外線センサーである。

赤外線でラウラの機体をあぶり出す作戦である。

ケーン「見つけたぞ子猫野郎。」

        ズドドドドドドドドドドドドドドド

ラウラ「うわっ!?」

ケーンが見つけた方向にラウラがいた。
空中騎兵隊は狙った獲物を狩るかのように猛攻を与える。
ラウラに回避されるがギリギリであり、完全に追い込まれている。

ミリア『何をしているのよラース少尉、完全に1機仕留め損なった性で窮地に追い込まれたじゃない!』

ラウラ「そんな事言ったって・・・・・・・・うわっ。」

ラウラに空中騎兵隊のミサイル攻撃が迫る。
完全に追い込まれてしまったようである。
このまま勝てる術はどんどん低下していく。
なんせ空中騎兵隊のフォーメーションは完璧である。
単機で行動中で地上兵器であるラウラの方が圧倒的に不利である。
それでもラウラは負けじと操縦桿を握り続ける。

ケーン「前方を取ったぜ!」

ラウラ「しまった・・・・・・・・・・くっ」

後ろと前に包囲されてしまうラウラ。
ーこのままでは前方後方から銃撃を受けてしまう。
ー考える余裕は僅か数秒どうすれば・・・・・・・・・・
ー隣には回避する場所など・・・・・・

ラウラの周りには回避する場所がない。
このまま銃撃を受けてやられるのを待つだけである。
ーこいつらはさっきのデストロイド部隊とは違う。
ー油断はできない・・・・・・・・・・・
ー最後の手段は・・・・・・・
最後の手段として・・・・・・・・・・・・

   ガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガガ
           ギィィィィィィィィン

ボブ「馬鹿な・・・・・・」

フランクリン「こんな事が・・・・・・・・」

ラウラは岩の壁に傷をつけながらも回避する。
その対価としてボブとフランクリンが撃墜判定される。

ケーン「まさか腕を犠牲にして狙ったな。」

ラウラ「・・・・・これで一対一」

ラウラのとっさの判断で戦況を互角にする。
ケーンはこの演習がますます面白くなったと笑顔になり闘志が燃える。

オルガ「あががががががが・・・・・・・・ジーナス中尉、弁償はどうするんですか?

ミリア「私が奢るわよ、久々にいい物を見せてもらったし。

オルガ「そんな問題じゃないですよ・・・・

オルガはラウラの無茶な操縦の方法で左腕が破損する修理に関してミリアに問うがミリアは奢ると言う。
オルガは機体が破損するとは思っていなかったらしく、上へどう説明すればいいのか悩んでしまった。

ー本当にこの人達でいいのだろうか・・・・・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空中騎兵隊 | トップ | うますぎ新年初 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝蒼い髪のメルトラン」カテゴリの最新記事