マクロス&ロボット魂!爆裂!熱血友情!天上天下!

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第1話 南アタリア島へ 前編

2016-10-11 00:56:12 | マクロス外伝歴史の裏側の真実
ソ連崩壊・・・・・・・・・・・・・・
世界の社会構造である冷戦が終わった1990年代・・・・・・・・・・
地球人類は冷戦と言う核戦争の危機を乗り切り、一時の平穏は取り戻した・・・・
中東のイラクで米軍を中心とする湾岸戦争は勃発するが、大きな戦乱の予感を感じさせるリスクは冷戦前より低下した。
だが冷戦後の新秩序は一気に突き壊す出来事を地球人類は体験する。
                          【1999年】
ASS-1が地球.南アタリア島に落下した。
この出来事は地球の命運を変える分岐点になる。
このASS-1の落下を受けて、国際連合は旧NATO国家を中心に地球統合政府を設立する。
だがこれは新たな戦乱を呼ぶ火だねになった。

旧ワルシャワ条約機構国家などの冷戦東側諸国などがこれに反発。
反統合同盟を名乗り、地球統合政府と衝突。
第3次世界大戦と言うべき戦争、統合戦争が勃発する。
地球人はお互い憎しみ合い殺し合った・・・・・反戦運動は出てくるが、反戦の中心に立った人間は容赦なく戦争の現実の波の前に死んでいった・・・・・・・・・・

そして7年後・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                【西暦2008年.インド洋.ミニッツ級空母イラストリア】
       キィィィィィィィィィンゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン
ミニッツ級空母イラストリアからF-14トムキャットが出撃する。
レーダーに観測された反統合同盟の戦闘機部隊が艦隊に接近していたので、地球統合海軍第3インド洋艦隊ミニッツ級空母イラストニアから迎撃機部隊を出撃させたのだ。
その迎撃部隊のパイロットの一人には工藤シンと言われる青年がいた、周りからみればなんかとっつきにくい感じのパイロットである。

F-14が出撃した後、反統合同盟の基地を攻撃するために・・・・空母甲板に駐機するF/Aー18+ホーネット。
その隣で若い軍人たちが談笑する。

町崎大尉「桐坊、機体の調子にはなれたか?」
地球統合海軍.ミニッツ級空母イラストリア飛行隊.町崎高義.大尉

桐原少尉「ハッなんとか、航空過程もクリアしてこうしてF/18+ホーネットに一人前に乗れる程のパイロットにまでなれました。」
地球統合海軍.ミニッツ級空母イラストリア飛行隊.桐原茂人.少尉

町崎大尉「はははははははは、一人前か・・・・・56年間戦争を体験していない俺達は米軍出身者からすれば。まだまだ半人前だよ。」

桐原少尉「そうですか?」

桐原少尉は町崎大尉の返答に対し軽く受け流す。
桐原少尉こと桐原茂人はASS-1が落下する前はごく普通の中学生だった・・・
代々軍人家系で帝国軍人.自衛官と続く家系である。
桐原は元々海軍軍人として地球統合軍に入隊し日本近海で反統合同盟と戦っていたが、元々あった空の憧れから艦載機のパイロットになるべくハワイへ留学し訓練を受けて今に至る。
だが彼には悲しい過去があり、日本が統合政府へ加盟することになった悲しい事件新潟無差別空襲で半島同盟の戦闘機に祖父母を目の前殺されたのだ。
弟や妹そして母は無事だったが、彼の前には無残に広がる祖父母の遺体。
茂人は航空自衛隊のF-15と戦う、反統合同盟の戦闘機を見て仇を撃つべく数日後地球統合軍へ入隊した経歴もある。

                          ズドォォォォォン

「おっ迎撃部隊が落としたぞ。」

「おい俺にもそのリアルタイムガンカメラの映像を見せろ!」

リアルガンカメラのリアルタイムの映像で遠くの空でMiG-29フルクラムが撃墜されて海へ落ちていくのが確認できる。
迎撃部隊が勝っているんだ、整備員やこれから出撃する予定の桐原や町崎を含めたパイロット達は歓喜する。

桐原少尉「大尉、これならば俺達の反統合同盟の基地を叩くのは楽になるでしょう。」

町崎大尉「後は五月蠅い対空砲火に気を付ければいいだけだな、まぁ落とされんなよ桐坊。」

桐原少尉「それはこっちのセリフです大尉。」

お互いに仲のいい部下と上司の上下関係。
まるで親友のようである、航空過程でも先輩後輩の中でありお互い空や戦闘機も好きもあって意気投合し仲良くなる。
女をナンパしたりと楽しい、航空過程の訓練所時代だったという。

「桐原少尉、整備が完了しました。直掩機との交代の時間ですのでそろそろコックピットへ搭乗してください。」

桐原少尉「あぁそうだったな、今日は俺の当番でした。お先に失礼します、大尉。」

町崎大尉「桐坊も頑張れよ!」

                            パン

お互いに拳をぶつけあう、これが桐原と町崎の友情の証である。
桐原少尉は単座型のF/Aー18+ホーネットへ搭乗する。
桐原を見送る町崎へ敬礼する。
そして桐原は飛び立つ
だがこれがまさか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・最後の顔合わせになるとは・・・・

護衛のアーレイバーグ級ラメージが艦隊に接近するレーダー波を探知した。
地球統合軍の識別信号にない・・・・・・・・謎の編隊・・・・・・・・・・・・
直ぐ様ラメージの艦長は空母イラストリアに報告する通信を行う、しかしその直後通信が途絶する。

「敵襲!敵襲!」

町崎少佐「何!?」

「見ろ!ラメージが炎上した!」

地球統合海軍インド洋艦隊に未確認機の編隊がやってくる。
アーレイバーグ級駆逐艦は未確認機に対し対空ミサイルで迎撃する。
だが華麗な動きで回避し、イラストリアへ接近する。

町崎大尉「くそ、護衛艦隊や艦隊側面直掩部隊は何をしている!」

「敵は本艦直上!」

町崎大尉「くそ上か.......なんだ、あれは!くっ」

町崎が見たのは上空に展開する人型のロボット。
町崎は自分の愛機F/Aー18ホーネットへ駆ける。

シュバババババババーン
町崎大尉「間に合え!あっ.....」

艦橋にミサイルの第1撃が命中する。
続いて町崎のF/Aー18の後方にミサイルが連続して甲板を貫く。
その直後に連続して爆発する。

町崎大尉「間に合わんか、すまん志乃.健一.俺は帰れ.......」

町崎が乗るF/Aー18ホーネットの甲板も爆発し炎上する。
町崎は乗機F/Aー18ホーネットと共に爆発の炎の中へ消え、自分の人生に終わりを告げた。
前方の直掩へ出ていた桐原を含むF/Aー18+ホーネット部隊にもイラストリアの悲痛な通信を傍受する。

『こちらイラスト・・・・・・・本艦は・・・・・・・・・』ザザザザザ・・・・・・・・・

桐原少尉「通信が途絶した、まさか.....」

「おい少尉、イラストリアが...........」

桐原少尉「なんだと? なっ.........................」

桐原が見た光景は信じたくないようなものだった。
桐原が見たものは爆沈する母艦イラストリアの姿だった。
護衛艦隊も幾つかが撃沈されており、その姿はまるで地獄絵図に相応しかった。
桐原が気になったのは、町崎大尉の安否である。
桐原は隊長にその後飛び立って脱出した機はあるかどうか聞いた、その直後聞いた返答に絶望する。

我が部隊が飛びだったあとに出撃した機は存在しない、それだけであった。
桐原は嘘だと否定したが、隊長は桐原に本当だと言った。

桐原は町崎が艦から脱出したのだと思い、無事を祈る。

しかし

「艦隊を襲ったやつが来るぞ!退避退避、奴はただの戦闘機じゃない!」

艦隊を襲った敵がやって来た、桐原は次々に仲間が死んで逝く悲鳴を聞く。
誰かに助けを求める声だ、恋人や両親などの家族。
帰りたいと言う思い、だがそれは敵に容赦無く消されていく。

桐原少尉「次は俺か....」

桐原は次が自分の番だと実感した。
そう思っていると彼に気になる通信を味方機から傍受する。

「気をつけろ!人型に......」

桐原少尉「何!」

人型それはど言うことなんだ?
戦闘機が人型に変形するはずがない、彼はそう思っていた。
その時.....

桐原少尉「あれは!」

桐原には目を疑うような光景を目にする。
それは友軍機を追いかけている敵新型戦闘機が突然人型に変形する。
そして友軍機を腕に持っている銃のようなもので撃墜する。

桐原少尉「あれは人が乗っている兵器なのか?」

ズドドドドドドドドドド バゴォォォォン

桐原少尉「しまった、くそっ!」

桐原は被弾し高度維持が出来なくなったF/Aー18から脱出する。
彼はパラシュートで地上へ降下し、海へ落ちる。
その直後、彼の意識は消える。

そして彼は友軍艦に救助され軍病院に入院する。
結局町崎は戦死した。
彼から回収され残ったのは遺品である家族の写真であった。
この写真は彼の遺族へ渡された。
後に判明したが、襲った機体は工藤シンの部隊も襲われ壊滅したと言う。
乗っていたパイロットは無事らしいが。

それから桐原は新潟の部隊へ戻り、ハワイの地球統合海軍基地へ転属する。
ハワイで航空基地勤務している頃、あるチラシを見る。

それは.......

桐原少尉「可変戦闘機パイロット募集?」

彼の目に止まったのは可変戦闘機のパイロットを募集するチラシである。
このチラシとの出会いが彼の人生を大きく変える。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日はうますぎWAVE  | トップ | 10月10日(月)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL