新統合軍極東・太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第61話 帰還する男

2017-11-17 20:47:56 | マクロス外伝 ダブルフェイク
終戦間もない地球統合軍欧州方面軍パリ司令部に救難ヘリがやってきた。
UH-60改、アスチュート級潜水艦に搭載されていた艦載機である。

川島春華「大尉殿もうそろそろ地球統合軍欧州方面軍パリ司令部防空エリアに入ります。」
地球統合海軍.アスチュート級救難ヘリパイロット.川島春華.少尉

マスター「もう入るのか?まぁ・・・・川島少尉、ここまで俺を運んでくれて感謝する。」

川島春華「別にいいですよ、これは私の仕事でありますから。」

そのUH-60改に乗っていたのはマスターである。
川島春華少尉などの護衛の兵士と共に欧州方面軍パリ司令部に来た。
マスターはここまで乗せてくれた川島に感謝する。
生きてこうして還る事ができたのだから。

モントゴメリー「潜水艦に乗っていたらしいな。」

ジョルジュ「えぇぇアスチュート級反応潜水艦に救助されたそうで。」

モントゴメリー「どうりで見つからないわけだな。」

UH-60改の姿を確認し通信を行うと、モントゴメリー以下欧州方面軍司令部は取り扱いに協議した。
無論、マスター救出関連なので受け入れる事を決定。
戦闘がなかった第89ヘリポートに離陸するように許可をした。

ラーナ「マスターは生きているんですか?」

「生きているそうだ、上からの報告でピースファング大尉の知り合いの方は第89ヘリポートに向かうようにと・・・」

ラーナ「そうですか・・・・ありがとうございます。」

ラーナは警務官からマスターが生きており、ヘリでこっちに来ている事と第89ヘリポートに向かうように伝えられる。
マスターが生きている事を知ったラ-ナは歓喜し皆の元へ向かう・・・・
生きていた・・・・行方不明になっていたマスターが生きていた。
まるで神様がくれた奇跡かのようであった。

フェアリ「マスターが生きている?」

ラーナ「生きているのよ、マスターが。」

フェアリ達の所に戻ってきたラーナはマスターが生きていると報告する。
第89ヘリポートにマスターを乗せたUH-60改止まっていてそこから降りて来るなど。
それを聞いたらフェアリ達も歓喜する。

ゼブラ「生きていたんだな。」

フェアリ「生きていたのよ、本当によかったと・・・」

ゼブラ「あぁ」

ゼブラとフェアリは抱きつきながらマスターの生存を喜んだ。
マスターと出会い人生が大きく変わった二人、その事もあってかマスターの生存報告はここにいる誰よりも嬉しいのだ・・・・
生きていればこれからももっといろんな話ができると・・・・

ランメル「良かったですね。」

ナタルマ「あぁ・・・」

ランメル「あっ・・・・・・目から・・・・」

ナタルマ「言うな・・・・ゴミが入っただけだ・・・・・」

マスターの生存報告を聞いたナタルマは少し涙を流しながら喜ぶ。
想い人であるマスターが生きているのは、ナタルマにとっては最高な気分・・・・
泣く程嬉しい事である・・・・・・・

ラーナ「さっそくマスター達に会いに行かなくては・・・・」

ラーナを始めとする面々はマスターと再会するため第89ヘリポートへ向かう。
早くマスターの顔を見たい・・・・・
早くマスターに会って抱きしめてあげたい・・・・ラーナはそう考えていた。

川島春華「大尉殿、そろそろ司令部より指定された第89ヘリポートへ着陸しますよ。」

マスター「そうか・・・・すまんな・・・・」

川島春華「いえいえ先程言ったでしょ、仕事ですからと・・・・・」

マスター「あぁそうであったな。」

マスターはそろそろ着陸するUH-60改の中で川島と会話していた。
終始川島は性格を変える事なく、親しく話してくれて面白かった。
そして同乗していた護衛の兵士も・・・・・

いよいよ第89ヘリポートに着陸しようしている。

ジェシカ「?」

川島春華「私はロンドンの残存部隊救難ヘリ隊所属川島春華です、救難者を助けたので届けに来ました。」

ジェシカ「あっどうも・・・・・」

第89ヘリポートにはジェシカなどがいた、ここで警備しており怪しい人がいないか監視していた。
仮眠を取っていたので、これからマスターが戻って来る事は全然知らなかった。
突然、ヘリの来訪に驚いた。

ヘリが止まると川島らが降りてきて自己紹介と要件を言った。
そしてメイン主役の登場・・・・・・・・・

川島春華「大尉殿どうぞ、こちらへ。」

マスター「マスター・ピースファング大尉奇跡の帰還を果たした。」

ジェシカ「大尉......」

UH-60改からマスターが降りる。
それを見たジェシカは驚いた・・・・マスターが生きていると・・・・
信じられないと・・・・・・・・・・

マスター「待たせたな・・・・ラーナは元気か?」

ジェシカ「元気よ・・・ちょっと待ってね・・・・・ラーナ!皆大尉よ大尉が帰ってきたわ!」

ジェシカはマスターを確認すると・・・
こっちに向かって来ているラーナにマスターが帰ってきたと報告しにいく・・・・
ラーナは報告を聞くと・・・マスターは無事に帰ってきた、やっと帰ってきたのだと・・・・感極まり泣きながらマスターに抱きついた。

ナタルマ「負けたな・・・・・・・ラーナに・・・・・・・・」

その時の光景を見たナタルマの顔は、負けたなと言う顔をしマスターへの想いを諦めたと言う。
そしてマスター達の第1次星間大戦はこうしうて終える事になる・・・・・・・・
1ヶ月と言う短くも長い戦いがようやく・・・・・・・・・・

かつては敵同士であったが、共に戦い同じ目的を果たした・・・・・・・・・・
失った命は帰ってこいないけれど、今自分達は生きている。
これからの歴史のためにも、子孫・・・次世代のためにも地盤を築き・・・・
更に次の世代に伝えるために・・・・・・人は戦い生きてゆく・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仇の男の裁判 | トップ | 11月17日(金)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝 ダブルフェイク」カテゴリの最新記事