スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

岡野融成

2017-08-09 02:32:50 | 戦国武将図鑑
岡野融成
【諱】融成
【苗字】岡野
【朝臣】平
【別名】板部岡江雪斎
【父親】田中泰行
【養父】板部岡康雄
【母親】不明
【兄弟】正木頼忠室(養珠院母)
【子息】
岡野房恒
岡野房次
【解説】
執権北条氏北条時行の末裔。
板部岡康雄の養子になり、その後を継いで右筆・評定衆として活躍した。
主君・北条氏康が病床に伏した際、鶴岡八幡宮にて病平癒の祈願を行なったが氏康は死去する。
武田信玄が死去し氏政の命で病気見舞いの使者として甲斐国に赴いたが、が信玄の容姿が似ている弟・信廉が影武者となっていることを見抜けなかった。
武田氏と衝突すると織田家との同盟締結の使者となったり、本能寺の変で空白となった信濃国をめぐって徳川家康と北条氏直が対立した際は、和睦交渉に奔走した。
太田氏長の補佐として大槻城に入り、または北条氏と豊臣秀吉との間で対立が深まると、北条氏規と共に関係修復に尽力した。
沼田領問題の裁定の際には、氏直の命を受けて、事情の説明のために上洛している。
秀吉は気に入りお茶をいれたり、北条氏の没落後は秀吉の御伽衆となり、姓を岡野と改めた。
秀吉の死後は嫡男房恒が仕えていた徳川家康に接近し。
関ヶ原の戦いでも家康に随従し小早川秀秋の寝返りの説得にあたったという。
江戸時代後期の老中 駿河国沼津藩主水野忠成は末裔。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もうますぎでした。 | トップ | 8月8日(火)のつぶやき その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL