マクロス&ロボット魂!爆裂!熱血友情!天上天下!

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第4話 宣戦布告なき開戦

2016-10-15 01:50:28 | マクロス外伝歴史の裏側の真実
                ズドォォォォォォォォォォォォォン

暴走したSDF-1マクロスの主砲、地球へ接近していた2隻のゼントラーディ軍の斥候艦に命中し撃沈した。

ブリタイ「ふん、やはりこの惑星に隠れておったのか。全艦に命令、インファイト・ゾーンへ突入する。」
ゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊第67グリマル分岐艦隊司令ブリタイ・クリダニク

撃沈された様子を見たゼントラーディ軍第67グリマル分岐艦隊司令ブリタイ・クリダニクは地球に監察軍の艦船が反撃したのだと勘違いし攻撃命令を発する。

                        【月軌道上 地球統合軍宇宙艦隊】
地球衛星軌道上へ向かっていたARMD-01とARMD-02を中心とする統合軍宇宙艦隊はマクロスの主砲で至近距離で観測、アポロ基地管制室から迎撃態勢を取れと言う命令が発令された。

「総員第1級戦闘配備、ゴースト部隊発進。ゴースト発艦後、バルキリー・ランサー部隊発進せよ!演習ではない!繰り返す演習ではない!!」

月基地からの迎撃命令を元にARMD級から無人戦闘機ゴーストを逐次発進させる。
こうして宣戦布告なしに第1次星間大戦が勃発する。
 
                    【南アタリア島滑走路】
SDF-1マクロスの主砲の発射を南アタリア島の滑走路から見た桐原一同。
桐原はこの主砲は予定がないものなので何かあったのか?と直ぐ様思う。

「SDF-1マクロスは進宙式だから祝砲を撃ったのか?」

と群衆はマクロスの主砲発射の暴走を祝砲だと勘違いする。
これは明らかになんらかのトラブルだ、だが嫌な予感しかしない。
桐原は一種の不安を覚える。



突然、サイレンが鳴り出す。
このサイレンは第1級戦闘配備を伝えるものだ。
『全艦発進!本艦は現在、異星人と交戦中である。これは演習ではない。繰りかえす、これは演習ではない』
『各飛行隊緊急スクランブル!これは演習ではない!これは演習ではない!総員戦闘配備につけ!!』

SDF-1マクロスから出撃命令だ!
これはただごとではない、何かがおきたんだ!

【空母プロメテウス】
南アタリア島の異変に気がつきプロメテウスは所属飛行隊スカル大隊を発艦させる。
滑走路から2機ずつ発艦する仕組みをとっている。
プロメテウスにいたスカル大隊のメンバーもマクロスの主砲の件で話題になっていた。

ジョニー「滝田、あの主砲どう思う?」
SVFー1スカルズ.パープル小隊隊員ジョニー・ギルバート少尉

滝田英史「SDFー1に何か仕込まれて発射したんだろう、たぶんそれだろうな。異星人のブービートラップだ、奴らめとんだ物を落としたな。」
SVFー13ブランジャーズ隊員.滝田英史.少尉

ジョニー「まったくだな.........まぁ俺たちはそんなことを気にせずに任務を果たすぞ!行くぞ!」

ドビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥン

兵士は上からの命令を忠実に実行する彼らはそれを胸に飛び立って行く。
まだ見ぬ敵に向かって......

その頃桐原達は......

桐原少尉「茂義!明美を頼む。」

桐原はこれから飛び立たないといけないので、警務官である弟の茂義に妹の明美を任せる。
明美は軍人ではない民間人だ、早めにシェルターに避難させるしかない。
茂義は自信ありそうな顔をして言う。

桐原茂義「任せろ兄貴、姉貴は俺が仕事兼任してシェルターまで避難させるさ。行くぞ、紅花!」

劉紅花「分かった、茂義。」

桐原明美「兄貴も気をつけてね。」

桐原少尉「任せとけ。」

肩に装着していたベレー帽を被り、仕事の格好をする。
彼らもこれから陸軍の兵隊や海兵隊の兵隊と共に市民の避難誘導をしないといけないのである。
茂義達は明美を含む近くにいた市民を避難誘導のため活動を開始する。
するとカール大尉が近寄ってくる。

カール大尉「少尉。」

桐原少尉「大尉どうしたんですか?」

カール大尉「お前の家族のために言っておくが、生きて帰って来い!死んだら家族が悲しむからな。」

桐原少尉「分かっていますって!わざわざそれをいいにありがとうございます、大尉」

サッ

桐原はカール大尉に敬礼して自分の愛機に向かう。

ガシュン
桐原はヘルメットを被り、自分の愛機のコックピットに座る。
そしてキャノピーをしめて滑走路まで向かう。

桐原少尉「桐原機テイクオフ!」

桐原のVFー1Aバルキリーは空へ舞い上がる。
これから来る災いに迎え撃つために。

【衛星軌道上】
ARMDー01.ARMDー02からゴースト多数射出。
ゼントラーディ軍艦隊との交戦状態に入る、ランサー部隊も突撃し激しい戦闘を繰り広げる。
ARMDー01から反応弾が発射され、スヴァール・サラン級1隻を大破させる 。
第67分岐艦隊旗艦ノプティ・バガニスの艦内でその様子を見ていたブリタイとエキセドルは驚愕した表情になる。

ブリタイ「なんだ!?今の武器は…。」

エキセドル「さあ…、もしや…。」

エキセドルは心あたりがあるようだ。
ブリタイはエキセドルに....

ブリタイ「なんだ!」

と反応する。
エキセドルは驚いた表情をしながらと話す。

エキセドル「い、いえ、まさかそんなはずが…。」

「敵艦2隻接近。いまの武器を発射したものと思われます。」

ブリタイ「もみつぶせ!!」

ノプティ・バガニスは敵艦隊に砲撃する。
ブリタイはあることを推測する。

ブリタイ「どうやら監察軍の連中ではないらしいな。奴らのあいだを突破する!」

ノプティ・バガニスからさらに砲撃 、地球統合軍艦隊はゼントラーディ軍の艦隊の前に瓦解してしまった。
ゼントラーディ軍艦隊は地球防衛ラインの衛星群も揉み潰し、制宙権を握ってしまう。

【南アタリア島】
各バルキリー部隊は空の警戒に当たった。
バルキリーに乗っている将兵が突然声をあげる。

「エネミータリホー!敵の編隊だ!」

ゼントラーディ軍の空戦ポッド部隊だ、基地施設の迎撃ミサイル施設から迎撃ミサイルで応戦 する。
そしてバルキリー部隊と空戦ポッド部隊は激しい戦闘を繰り広げようとしていた。



< strong>ズドドドドドドドドドドド
シュバババババーン

ズドガァァァァン

両軍ドックファイトを開始する、お互いに犠牲になりながらもトリガーを引いて行く。
統合軍兵士達は何者か分からない異星人の軍の兵器に怯えながら戦い、ゼントラーディ軍兵士は未知の兵器と戦いながら興味を引き立てるのに興奮する。

桐原少尉「落ちろ!」

桐原はゼントラーディ軍のジナールのエンジンを破壊する。
MiGより大きい獲物だ、まるでクジラかシャチのような大きさだ。
桐原は大きな戦闘機もどきの感想を言う。

ビュゥゥゥゥゥゥン

桐原少尉「後ろにケツをつかれたか?くそ....」

グイッ

桐原は機体を旧反転させる、そしてBモードのカーソルを下に降ろしてバトロイドに変形する。
空戦ポッドに乗っていたゼントラーディ軍兵士は思わず......

ヤック・デ・カルチャー

と叫ぶ。
桐原が乗るVFー1Aバルキリーはバトロイドの形態のままガンポッドを発砲し地上へ降下する。
空戦ポッドは見事に蜂の巣になり爆散する。
しかし桐原は偶然あるものを見てしまう。

それは爆発する空戦ポッドの中に地球人と同じサイズには見えない人間の顔を.....
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月13日(木)のつぶやき | トップ | 10月14日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL