新統合軍極東・太平洋軍管区司令部

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

西暦2020年までのマクロスの話

2016-10-25 00:10:30 | マクロス短編
西暦2020年は第1次星間大戦が終結してから10年目に当たる。
それまであった重大事件をまとめる。

西暦2010年、大戦が終結し新統合政府と新統合軍が成立する。
西暦2011年、コミリア・マリア・ファリーナ・ジーナスが誕生.世論は地球人とゼントランのハーフの誕生を祝福する。
しかし、同時に将来的に純粋な地球人の絶滅が発表されるが非公開になり記録は末梢される。
西暦2012年にはカムジン・クラヴシェラの叛乱が勃発するも、鎮圧される。
同年の9月にはメガロード級1番艦メガロード01が出港する、人類移民時代が開幕する。
しかし、同時に銀河への戦場の拡大し第2次星間大戦と第2次統合戦争が勃発する事になる。
西暦2013年、地球から10光年離れたグロームブリッジ星系にて惑星エデンを発見以後、各地の銀河にて近距離移民船団が植民可能惑星を発見.人類の生活圏が拡大する。
西暦2016年、銀河の中心にてメガロード01以下第1次移民船団が消息を絶ち、一条未沙、一条輝・リン・ミンメイが行方不明になるが新統合軍は事実を隠ぺいする。
西暦2018年、火星で大規模反統合ゲリラデモが発展し紛争になる、新統合軍はVF-Ⅹ部隊を多数配備首謀者は当然極刑に処される。
西暦2020年、第1次星間大戦終戦10年記念。

2010年ー2020年の間に起きた重大事件である、記録は新統合軍資料保管庫へ収納される。
この資料は公開はされる事はないだろう。

記録編集者.ウィルナー・ランバード大尉。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元上官.ミリアからの最後の命令 | トップ | キャラクターマスターファイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス短編」カテゴリの最新記事