スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第82話 激突・空中騎兵隊 中編

2017-01-03 20:22:09 | マクロス外伝蒼い髪のメルトラン
ミリアとオルガはラウラの演習の様子が気になったので人目のつく所に出る。
既にラウラが勝っていたようであり、ミリアとオルガはやっと仕事ができると安堵した。
コックピットから出てくるラウラは整備兵や技術士官に褒められ有頂天であった。
ミリアははぁとため息を吐いてラウラに近づく。

ミリア「ラース少尉、もう満足した?」

ラウラ「はい満足しました。」

ミリア「じゃあ本来の任務に戻るわよ。」

ラウラ「は~い。」

これでやっと本来の任務に戻れる。
そしてオルガを紹介しライト・ケネディを逮捕もしくは射殺が出来る。
ミリアはニコニコしながらオルガの元に向かう。
この時点まではミリアの思い通りであった・・・・・・が・・・・・・・・

         ちょっと待ちな姉ちゃん

ミリア「うん?」

3機のヘリコプターがバタバタと接近する。
ミリアは何処かで見た事のあるようなヘリコプターであった。
いや見た事あると言うより見ているし知っている・・・・・・・・・・
ミリアは更なる嫌な予感がした。

「変形!!」

3機のヘリコプターは人型のロボットに変形する。
そうこの機体はVAH-1コマンチと呼ばれる可変攻撃ヘリである。
ボドル基幹艦隊戦でロールアウトし戦後の可変戦闘機不足を補うために配備され。
バトルロイドやデストロイドを支援が有効に出来る兵器である。
可変戦闘機の影に隠れてしまうが、新統合陸軍の頼れる兵器である。

ラウラ「へ.変形した。」

ケーン「へっどうだテストパイロットさんよ。俺達と戦わないか?」

ラウラ「戦う?」

このパイロットはケーン・アオバである。
空中騎兵隊と呼ばれる3機のコマンチで編成されている。
(仲間にはフランクリン・ヒューマンとボブ・アンダーファソンがいる。)
キャピタル陸軍基地には12機のコマンチが配備されているが空中騎兵隊の3機だけが群を抜いて能力レベルが高い。
惑星エデンで発生する反統合ゲリラ組織を容赦なく叩きつぶし何度も表彰されている。

だが今回ケーンら3名は2度の演習を帰還途中に観戦してしまい。
自分の基地の仲間がテストパイロット風情に2度も負けた様子を見てしまった。
このまま収まらぬ悔しさを自分たちが引き継いでそこにいるラウラを叩きのめそうと考えた。

ミリア「もうしわけないけど、もう演習は終わりよ君たち。」

ミリアはこれから3度目の戦闘を行うのを防ぐべく空中騎兵隊を諭す。
このまま3回戦いを継続されては困るからである。
しかしミリアの説得に対し・・・・・・・・

ケーン「おばさんの話は聞いてないんだよ、俺達はそこにいる女テストパイロットに用があるんだ引っ込んでいろ!!」

ミリア「誰がおばさんですって!?」

ケーンはミリアをおばさん扱いしてスルーする。
おばさん扱いにされたミリアはケーンに激しい怒りをぶつける。
むしろ3回目の戦闘を許す気になった。

ラウラにおばさんと言われ・・・こんな坊やに・・・・それに私は20代だっての・・・・・・・・

ミリアは怒りがどんどん込みあげてくる。
ついに溜まっていた物が一気に噴き出す。

ミリア「ラース少尉・・・・そいつらを潰してやりなさい!!」

ラウラ「へっ!?」

オルガ「何をしているんですか!?」

ラウラ「本当にやってもいいんでしょうか?」

ミリア「ぶっ潰しなさい!!!」

ラウラとオルガは驚く。
ミリアのぶっ潰しなさい要求は思わずラウラが敬語で話す程の驚きであった。
散々戦闘を止めたがっていたミリアが戦闘を急に許可をしたと言う事を・・・・
一体何の意図があって・・・・・・・・・

オルガ「ちょっと、仕事はどうなるんですか?」

オルガはラウラを説得するはずのミリアが演習に乗る気になって本来の任務をどうするか聞く。
早く対処しないとライト・ケネディとその背後にいる組織の目的が達成されてしまう。
それに焦るオルガ、なんとしてもミリアと必死に説得する。
だがオルガの声はミリアに届いていない。
ミリアは空中騎兵隊に対して怒り心頭であり、生意気な奴を容赦なく叩かないと気がすまないようになっていた。

オルガ「まったくもう・・・・・・・・・・・・銀河の秩序の危機なのに・・・・

オルガはミリアを止めるのは不可能だと思い黙ってしまった。
このままでは任務遂行ができない。
オルガは頭を抱え込んでしまう。

ケーン「このおばさんは許可したようだな、女テストパイロットお前さんの返答を聞かせてもらおうか!」

ケーンはラウラに決闘に近い演習をするかどうかを聞く。

ラウラ「いいわ、受けて立つわ。2度ある事は3度あるそうしないと気が済まないわ。」

ケーン「へっいい心がけじゃないか。」

ラウラはこの演習に受けて立つ。
少しだけ物足りない気がしていたので丁度いいと思っていた。
そして徹底的に暴れて潰して欲求不満を解消するラウラの考えにも一致した。

フランクリン「ケーン、いいのか3人で美女をけしかける行為は?紳士としては耐えられんな。」

ボブ「そうだぜ。」

ケーン「何を言っているんだ、あれだけいた仲間を一人で撃破した奴だぜ。俺達3人だけでは物足りない程度だろ。」

ケーンは3人でラウラをけしかける行為を若干非難するフランクリンとボブを説得する。
まぁ話を聞いて見れば事実だな・・・・・とフランクリンとボブは納得する。

ミリア「ラース少尉負けるんじゃないわよ!!」

ラウラ「分かっているわ、戦果を期待してください。」

ラウラはコックピットの上から敬礼する。
オルガは本当にこの人達に任せていいのか疑問に思った。
こうしている間にもライト・ケネディが・・・・・・・

オルガの心配は拡大する・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VAH-1コマンチ | トップ | ジーナス一門の日常 少し早... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝蒼い髪のメルトラン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL