マクロス&ロボット魂!爆裂!熱血友情!天上天下!

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第2話 南アタリア島へ 後編

2016-10-11 23:59:24 | マクロス外伝歴史の裏側の真実
                     西暦2008年9月
桐原が初めて可変戦闘機とのファーストコンタクトして少し後
地球統合軍と反統合同盟軍はマヤン島のプロトカルチャー遺跡をめぐり衝突した。
コードネームはAFOS。
遺跡をめぐる戦いに統合軍は試作可変機VF-0フェニックスやデストロイドを投入し激しい戦いを繰り広げる。
その戦闘の最中にAFOSが暴走し、統合軍はオペレーション・イコノクラスムを発動する。
この戦闘で工藤シンは消息を絶つ。
この事件がきっかけになり反統合同盟は崩壊への道をたどる事になるが。
事件の真相は半世紀近く統合軍に隠ぺいされる事になるのであった・・・・・・・・・・

                【西暦2008年11月23日 極東地区 南アタリア島】
桐原は町崎大尉の遺族に遺品を送り届けると、可変戦闘機の機種転換訓練への志願した。
そして書類審査に合格し既に可変戦闘機部隊が配備され訓練が開始された南アタリア島へ飛んだ。
何処も人気があり、ハワイ基地や横田基地は満員になり残されたのは南アタリア島と言う事だ。

桐原は訓練を進み機種転換センター過程でVF-0Dに搭乗しながら他の同期の訓練生がエリミネートになっていく中無事訓練課程をクリアした。
そして彼は卒業し、ASS-1が改修されている南アタリア島の防空隊に配備される、そこで彼は運命的な機体と出会う。

桐原少尉「VF-1バルキリー・・・・・・・・・・」

千葉軍曹「可変戦闘機VF-1バルキリーだ、ついに正式採用されてこの南アタリア島に配備されたのだがそのうち1機がお前さんのだよ。」
南アタリア航空基地整備兵.千葉重雄.軍曹

桐原少尉「なんて美しい機体なんだこいつは凄い・・・・シゲさん、こいつはVFー0フェニックスと同じく変形するのか?」

千葉軍曹「あぁ当然だ、しかしなぁシゲ坊・・・変形することはまだ外部では漏らすなよ。まだ発表してはいけない事案だ、特に民間人にだ!ただでさえVF-0フェニックスが変形することは知らせていないんだからな。」

千葉軍曹が変形することを外部で漏らす事を禁じているのはまだ可変戦闘機と言う存在を外部に知らせていない事である。
民間のマスコミには可変戦闘機ではなくただの新型最新鋭戦闘機だけと説明しており変形する事を知らせていない。
それ以前に異星人が人類の倍の大きさである

桐原少尉「分かってすって、俺も軍人です機密は喋りません。」

桐原は事の重大性は分かっている、機密をばらせばバルキリーに乗れないどころか軍法会議で裁かれてしまう。
そんな事は絶対にしたくない彼はそう思っていた。

                        ポンポン

すると千葉軍曹は笑いながらポンポンと肩を叩く。

千葉軍曹「それでこそシゲ坊だ!話が分かるな。軍人としても合格だよ。でシゲ坊この機体はどう思う?好きか嫌いか?」

桐原少尉「好きか嫌いか?」

VF-1バルキリーが好きか嫌いかどうかを千葉軍曹に聞かれる。
すると桐原は心の中で決まっていたのかこう答える。

桐原少尉「好きですね、むしろ大好きです。」

千葉軍曹「そうか・・・・・・そいつは整備する俺達としても嬉しいねぇ。」

千葉軍曹は桐原の答えを聞いて喜ぶ。
千葉軍曹曰くパイロットが機体を好きになれば、機体も反応する。
そう思っているのである、好きと答えたシゲ坊は立派なパイロットになるぞぉとそう思った。

                       【西暦2008年12月25日】
反統合同盟の残党がタンカーに紛れ南アタリア島へ襲撃する。
丁度クリスマスもあって統合軍は裏をかかれて大混乱に陥ったが、なんとか撃退する。
この時桐原は滑走路がめちゃめちゃになり離陸ができなかったため、可変戦闘機乗りとしての初陣を飾る事ができなかった。
 
                       【西暦2009年】
この年、ASS-1はSDF-1マクロスと言う艦名を貰い、地球統合宇宙軍の戦艦として完成する。
同時に宇宙ではマクロスと接続する予定の宇宙空母ARMD級2隻が就役する。
艦長はブルーノ・J・グローバル、統合戦争の英雄的存在の艦長である。
進宙式は来月と決定した、その式典にはASS-1を改修を推進させた議員ハイマン・グエント氏などがやってくる。
桐原が所属する部隊は進宙式の際は式典警護のため滑走路で待機しないといけない。

桐原は退屈な任務だなと愚痴を漏らす。
その声がばっちり上官の耳に届き・・・・・・・・

馬鹿か!お前は!?貴様は何のために軍に入隊したんだ!職務を全うしろ!

                 パチーン

桐原は上官に修正のビンタを喰らう。

桐原少尉「俺は空で飛んで敵と戦ってエースになり、大尉の仇が討ちたいのに・・・・・・・・・」

既に仇はマヤン島の戦いで戦死した事を知らず、心の中ではそれしか考えない桐原。
まぁ統合戦争も終わったし、まぁいいっか。
と等々諦めてしまった・・・・・・・・・・

桐原少尉「このまま争いもなく訓練だけで終わるのか・・・・・・・・・大尉の仇も討てないで・・・・・・・」

桐原は勤務が終わった後、南アタリア島の繁華街へ向かう。
今日はやけ酒だ!上官にビンタされたしやってられるか!!!とそう思って外へ出る。

                 【西暦2009年 ゼントラーディ軍ボドル帰還艦隊ラプラミズ艦隊】
無数の数えきれないほどの宇宙艦隊が太陽系付近に接近していた。
この艦隊の名は第118基幹艦隊通称ボドル基幹艦隊・・・・・・・・・・・ゼントラーディ軍と言う軍組織に属する艦隊の一つである。


ティレノ-ル「ラプラミズ司令、第67グリマル級分岐艦隊がバドラ304のダルカーンにて監察軍の艦を感知したらしいです。」
ゼントラーディ軍ボドル基幹艦隊第1直衛艦隊/ラプラミズ艦隊記録参謀.ティレノール・ナリフェーノ

ラプラミズ「我が艦隊のキヨラ・テキーヴァの部隊が遭遇しラウラ・ベルタリアが暴れて落ちた艦か、捨て置け今更なんになる。」
ゼントラーディ軍ボトル基幹艦隊第1直衛艦隊/ラプラミズ艦隊司令ラプラミズ

(マクロス外伝参照)

ティレノール「しかし敵艦隊が潜んでいる可能性もあり、我々も出撃をボドルザー総司令が命令を下すでしょう。」

ラプラミズ「それもそうか、その際にはミリアの第1機動部隊を派遣する事になるが。」

ティレノール「まぁそれはあくまでも状況次第なので、ブリタイ司令の第67分岐艦隊に任せ我々はこれまで通り監察軍の駆逐をすればいいのです。」

ラプラミズ「そうか........まぁミリアを出すまでもないか。」

ラプラミズと記録参謀のティレノールは状況を軽く受け流す、所詮は監察軍の落伍艦艇。
我々の出る幕ではないと、この時点ではバドラ304ダルカーンの監察軍の艦はただ知っておけばいい情報としか認識してない。
だが、これからラプラミズ艦隊いやボドル基幹艦隊全体が巻き込まれる事を知らずに。

そのミリアはこれから戦闘に出撃するためのブリーフィングを開いていた。

ミリア「さて貴様ら、これから監察軍の自動工業衛星をこれより攻撃をしかける、クロレの部隊との共同でやる。奴らに手柄を取らせるわけにいかんが、何か意見はないか?」
ゼントラーディ軍ラプラミズ艦隊第1機動部隊1級空士長ミリア・ファリーナ

ミリア・ファリーナ、ラプラミズ艦隊の切り札の一つである。
彼女はラプラミズに信頼されている優秀な兵士である。

モーア「は〜い私を先陣にして、敵陣に突撃すればいいと思います。」
ゼントラーディ軍ラプラミズ艦隊第1機動部隊兵士3級空士長モーア・カリダム

元気にはいと答えるグリーンボブカットのゼントラン.モーア・カリダム...
後に星村絵里と名乗る女性である。
彼女はミリアについで強いエースパイロットである、しかし.....

ミリア「お前は信頼が低いから無理だ。」

モーア「え〜」

能天気すぎる生活なためミリアから信頼されていない。
彼女はミリアに自分の意見を否決されたため、プンスカと顔を膨らませる。
するとミリアの隣に立っていた副官らしき人が手を上げる。

ミリア「デワントンか?」

デワントン「私はモーアを先陣を飾らせるのは賛成です、もし信用がないなら私が同伴します。それでいいでしょうか?ミリア1級空士長?」
ゼントラーディ軍ラプラミズ艦隊第1機動部隊副官.2級空士長.デワントン・フィアロ

ミリア「お前がか?........いいだろう、許可する。ただし、戦果はクロレの部隊より上げろよ!」

デワントン・モーア「サ エスケスタ」

ミリアの承諾を得てそのそれに代価を求められ、分かったと答える二人。
この中の一人デワントン・フィアロ.....後に桐原に大きな人生に深く関与する。
お互い離れた場所で、二人の物語が一つになろうと歴史は動く。


そして運命の2月のマクロス進宙式当日を迎えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うますぎWAVE 杉田さん... | トップ | 10月11日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL