スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

第75話 GATE

2016-12-31 23:46:32 | マクロス外伝蒼い髪のメルトラン
【惑星エデン ジェラシックハイウェイ】

食用竜鳥の牧場を突っ切るハイウェイをジープは走る。
ゼントラーディ軍の砲撃で壊滅した地球に比べて広大な自然が広がるエデン。
ラウラとミリアのジープの両脇には食用竜鳥が地べたに寝そべっている・・・・・・
しかし当の二人はお互いに機嫌悪そうに乗っている。

ラウラ「・・・・」

ミリア「何をブスッとしているのよ、何か歌ったほうがいいわよ。」

ラウラは何も答えない。
ずっと顔を横にして一度も動かない。
ミリアは心配して片手でラウラを触るが・・・・・・・・・

                   バタン

ミリア「あっ・・・・・・・・・」

ラウラがミリアの肩の方に寄りかかる。
ミリアはハンドルを握りながらどかそうとする。

ラウラ「・・・Zzzzzzz」

ミリア「寝ているか・・・・・・・寝ている顔は普通の少女のようね。」

ラウラは眠っていた、それもしょうがない寝る前に招集されていたので眠気があり車に乗ったとたんに寝たのだろう。
その寝顔はいつも自分の顔を見て睨んでくるラウラではなく、年頃の女の子のような表情の女であった。
ミリアはこうした表情を見ると和む。

ミリア「私が眠っている顔はこんな風なのだろうか・・・・・・」

ミリアは自分が寝ている様子を想像する。
そんな話をしていていたらジープはどんどん街に近づいてくる。
夜なためか、あたりが暗い。

ミリア「そろそろキャピタル陸軍基地ね。」

新統合陸軍キャピタル基地が見えてきた。
巨大な滑走路と演習場を備えた基地である。
市街地とは若干離れており市街地との間には巨大は森がある。
もしヘリが墜落した時のための処置である。
基地付近になると消灯ラッパが聞こえてきた。

ミリア「消灯ラッパもうそろそろか・・・おい起きろ!この青い馬鹿!」

               パキン

ラウラ「痛~何をするのよ、このオバン!」

ミリア「オバン・・・誰がおばさんですって?対して歳変わらないのに・・・」

ミリアは寝ているラウラを滑らせるようにビンタする。
痛さでラウラが起きてしまいミリアにオバンとジト目で言う。
ミリアは誰がおばさんですってと怒る。

ラウラ「うっるさいわね、私の方が歳下よ!くそ~せっかくセットした、ウィッグが・・・・」

ミリア「ウィッグぐらい、直ぐに直しなさい!たく、喧嘩している場合じゃないのに・・・・この青馬鹿は・・・・・」

ラウラ「誰が青馬鹿だ青馬鹿、ベジタブル女

二人の喧嘩はキャピタル基地に近づいてもなお続く。

            ガタン ブロォォォォォォォ

基地から出てきた軍用装甲車とすれ違う。
装甲車は数台続いており輸送車数台が後に続く。
ラウラは後を振り向くとトラックの中に銃を構えた兵士が搭乗している。
隣接してある演習場に向かうのだろう。

[The first new unification Army Eden Defence Force defense corps capital army base.]

ミリア「そろそろキャピタル陸軍基地よ、ベレー帽はしっかり被って。サングラスも忘れずに・・・ウィッグ整えなさい。」

ラウラ「分かったわよ。」

ジープは基地のGATE付近に近づく。
GATEを警備している兵士が、止まるように指示をするかのように警棒を振ってきた。
複数人の兵士は皆完全装備の歩兵である。

「止まってください!ここは新統合軍エデン防衛軍キャピタル陸軍基地です!通行証とIDカードありますか?はありますか?」

ミリア「これね、お願いします。」

ミリアは警備している兵士に通行証とIDカードを提出する。

「うむ、ニューシアトル基地のメリア・メリローバ少尉、サリュア・ラース少尉か。おいIDを照合しろ!」

「ハッ」
               カチカチカチ

「データ照合完了、間違いありません。」

「通ってください。こんな真夜中、ご苦労様です。」

ミリア「ありがとう❤」

              ブロォォォォォォォオ

照合し基地の中に入り駐車場に向かう。
真夜中であり複数名の歩哨をチラホラ見かける。
歩哨はジープを見ると丁寧に敬礼をする。

ミリア「ふうなんとかセーフしたわね.........」

ラウラ「そうね......寝かせて.......」

ラウラはそのまま眠りにつこうとする。
既に物凄い睡魔が彼女を襲っている。
そして目をつぶろうとした瞬間・・・・・・・・・・・・・

                    グイ

ラウラ「あぎゃ・・・」

ミリアがラウラの胸ぐらを掴みあげる。
衝撃でラウラは若干眠気が覚める。
胸ぐらを掴みながらミリアはラウラに言う。

ミリア「起きなさい、後少しで指定の官舎につくんだから。」

ラウラ「・・・おばさん。」

                   ぼそっ

ミリア「な.何ですって!?こいつ・・・ヌッコロス!」

ラウラはミリアにおばさんとボそっそり吐きミリアの怒りを買う。
当のラウラは涼しい顔をしながらおばさんを連発しミリアにビンタの連撃を喰らわせる。
危うくジープは建物と衝突しかけそうになるが、ミリアはがぁとラウラに睨みながら怒鳴る。

ナスターシャ「あれが合流予定のミリア・ファリーナ・ジーナス中尉とラウラ・ベルタリア准尉・・・・さて使えるかしら?」

ナスターシャは兵舎の窓からラウラとミリアを覗き見る。
彼女の表情は使えるかどうかの品定めをするように感情のないような表情をする。
すると

ナスターシャ「でもあの二人で本当に大丈夫なのかしら?」

ナスターシャは今の喧嘩を見て若干不安になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらば2016年ようこそ2... | トップ | 明けましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マクロス外伝蒼い髪のメルトラン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL