スーパーロボット大戦.マクロス二次創作ブログOR日本史教官.長田義家。

マクロスやロボット大好きなブログです。二次創作などを主にやります。最近の政治的問題や最近の出来事も更新します。

里見義頼

2017-06-18 15:24:21 | 戦国武将図鑑
里見義頼
【諱】義頼
【氏族】里見
【朝臣】源
【生没】1543年ー1587年
【通称】太郎
【官位】左馬頭、安房守、刑部大輔
【父親】里見義堯
【養父】里見義弘
【母親】不明
【兄弟】
里見義弘
里見堯元
里見堯次
里見義政
種姫(正木信茂妻)
豊姫
【正室】
鶴姫
【子息】
里見義康
正木時堯
里見義高
里見康俊
正木義断
正木忠勝
奥平忠政室
【解説】
里見義堯の次男として生まれる。
嫡子に恵まれなかった兄義弘の養子になり次期当主を約束されていたが。
兄に里見義重という子供がおり上総国との分割相続を考えており。
次第に兄弟の仲は悪化した。
北条との和睦後、北条家から鶴姫を迎えなくると継室に菊姫を迎える。
義弘の死後、里見義重と対立し兄の葬儀に正木頼忠ら安房派の家臣共に欠席する。
そして北条氏の支援のもと義重を倒して出家させ反抗的な家臣である正木憲時を殺害し地盤を固める。
北条氏と同盟関係にあるが、密かに抵抗心があり甲斐国.武田勝頼と常陸国.佐竹義重の甲佐同盟に小弓公方の足利頼淳に参加する。

夫人が死ぬと北条氏の関係が切れ北条氏と再び対立。
攻めてくると撃退する一方で豊臣秀吉と通じて抵抗手段を獲得する。

しかし重大局面であった1587年に死去し。
この早すぎる死が里見義康・里見忠義に不運を招く事になる。

【外交官】
里見義頼は優秀な外交官であり、北条氏を何度も撃退しつつ豊臣秀吉と連携するなど卓越した外交手腕を見せた。
これが原因で里見家は存続が出来たという。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第73話 ミリア結婚受信 | トップ | 第74話 和睦 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

戦国武将図鑑」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL