宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

北朝鮮の危ない火遊び いつの日か必ずアメリカは北朝鮮を爆撃する

2017-03-06 16:33:24 | 軍事外交
 トランプ大統領の登場については世界中から非難の嵐が巻き起こっており、トランプ大統領自身もその風圧を感じていることだろう。しかし、ある意味でアメリカと日本にとってはまたとないチャンスに恵まれたと思う。

 オバマ大統領は確かに、紳士で、まじめで、優秀だった。しかし、黒人の優しさからか、中国や北朝鮮の横暴を許してきた。これが両国を増長させ、中国はフィリピンは支配してきた南沙諸島に軍事基地を建設することになった。

 僕はこの夏から日本軍の戦争史などをかれこれ20冊ぐらいか読んできた。いかに我々が誤った情報を知らされていたかを知ることになった、と同時にアングロサクソンの野蛮性・残虐性について認識できた。

 特にアメリカ人の一部は女性子供の頭上に平気で原爆を投下し、炸裂させるような異常な連中だ。そのようなDNAはアメリカには増殖されている。一方で、日本の最も勇敢だった兵士達は戦争の初期に命を散らし、日本には病弱な人、臆病な人が残ったから国全体が女性化している。

 トランプは核戦力の拡大を図る。これは中国や北朝鮮への意思表示であり、両国を核ミサイルで攻撃する可能性が増大するよと脅しているのである。多分、中国も北朝鮮も甘く見ているから、特に北朝鮮のチキンレースは大きな失敗に至る。

 僕がトランプだったら、すでに軍部に対して、金 正恩(キム・ジョンウン)の居場所、行動範囲、ミサイル工場、研究施設、ミサイル格納場所についてアタックできるよう正確な情報収集と攻撃計画を指示している。

 何故なら、アメリカに届く強力なICBMが完成すれば、必ず北朝鮮はアメリカを脅し、何かの間違いでミサイル発射ボタンを押しかねない。その前に、叩いておく必要が有る。僕はアメリカはやるんじゃないかと思う。

 何故なら、北朝鮮の体制を崩壊させミサイル関連設備を破壊すれば、「中国が北朝鮮を利用し、経済条件を有利にし、軍事力を増強し、アメリカを凌駕することによって中国が世界を支配する」というシナリオも崩れるからだ。
ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元石原都知事の豊洲問題・記... | トップ | 今日もフルスイングで青春し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

軍事外交」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。