宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

ベンツは当然ながら維持費が高い 特に3年を過ぎると点検費がかかりはじめる

2016-10-14 16:27:47 | 
 ML350-BlueTec(現在のGLE:ディーゼル四駆)はリッター10kmだから、ランクル(ディーゼルで同7km)よりは省エネだが、維持費・修理費などは高くなる。

 前にも書いたタイヤの消耗が大きく、ランクルが3年もつところが、工夫して1.7年ぐらい(方法は過去のブログで読んで欲しい)。うっかり、ドアミラーが電信柱などにちょっと触れると分解して吹っ飛ぶので(ランクルだとちょっと傷がつくぐらい)中の駆動部などが残っていても3万円程度。

 アルミホイールに傷が入ったのは意外に安く、1万円で直った。ドアにちょっとした凹みが入るとこれは大変。ドアを全部取り替え、国産車の3~5倍はかかるかな。自損保険に入っていないと深刻。直接、業者に頼むのが安いが、ベンツで実績のあるところを探す必要がある。

 3年過ぎると、自己負担で点検費を払う事になり、MLの場合は1回6万円(オイル、尿酸など)、業者に頼めば安いが評価を下げられる(点検記録が付く)。

 今、頭の痛いのは、パッドの交換(既に2回目で残り0.5mmと言われている)。パッド交換2回でディスクも交換と言われており、MLで前後を交換すると、20万円という話。調べてみると、アラームが出てから2000kmは走れるらしいので、まずはアラームが出るのを待つ。

 そのおかげで、最近はエンジンブレーキを活用するようになった。楽な運転の選択肢が増えて快適。0.5mmだからすぐかと思ったら、いやいや長くもっています。

 
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Windows10の自動更新に伴う... | トップ | 広島カープは予想外に強かっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。