宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

トランプ大統領はアメリカと日本の発展にとって必要「暴」 北朝鮮への軍事展開は近い

2017-04-04 17:10:34 | 軍事外交
 前も書いたが、オバマ大統領は真面目で優秀だったものの優しすぎ、中国に相当食い込まれた。
トランプ大統領は今度の習近平との会談では
①中国が北朝鮮の核ミサイルをどう抑制するのか、
②南沙諸島の軍事設備を撤収するのか
・・をテーマにして必ず聞くだろう。

 北朝鮮は中国にとって美味しすぎる勝利の方程式。オバマ大統領他のアメリカ大統領をかしこまらせる道具として重宝していた。中国にとって北朝鮮が暴れるほど都合が良い。

 中国は為替を勝手に操作して輸出を増やし、豊富な資金で軍事力を拡大してきた。戦闘機のノウハウなどは殆どアメリカの情報ハッキングんで得た。台湾系アメリカ人がステルス戦闘機のノウハウを中国に盗まれたと言っていた。



 トランプ大統領がアメリカファーストの姿勢を目指すなら、北朝鮮問題は一刻も早く手を打ちたい。今回の習近平との会談では中国がどれだけ本気で上記のテーマに取り組むかを見極める。習近平中国を尊敬するという言葉には期待感が含まれる。

 中国がやらないならアメリカがやるというのは本気だ。本来はオバマ大統領が就任した頃の時期で何とかしたかった。もし、中国が効果的な対策出来るとしたら完全な経済封鎖、中国にとっては厳しい。中国が良い返事をしない場合に備えて、アメリカは着々と計画を練っている。

 そのメニューの中には、当然、金 正恩の暗殺、およびサイル基地や核施設、軍事工場などのスポット破壊が含まれる。最初の動きはイージス艦などを多数北朝鮮海域に差し向け挑発となる。同時にミサイルが発射された場合に備える。

 北朝鮮が挑発されて何らかの軍事的行動に出た時が、進軍ラッパになる。いくらトランプ大統領でも一方的に暗殺や破壊行為は出来ない。相手にきっかけを作らせることが大切。その時、日本に何の影響が無いなんて甘い観測は出来ない。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 錦織圭のコーチは全員首だね... | トップ | シリア・シャイラート空港に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。