宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

JR福知山線の裁判で被告3人が無罪放免となったのは悪い実績を重ねる事になった

2017-06-13 18:19:31 | 社会・経済
 今回の結果は日本社会の従来慣習みたいなものが繰り返されたにすぎず、相変わらず日本は発展しない国のだなと感じた。もっとも、ATS=自動列車停止装置を設置させるべきだったかを争うのが適切だったかは、かなり検討の余地が有った。

 JRは企業組織であり、社長、会長はそのトップだから、死者を107人も出した責任が無いなんてことは無い。進化のプロセスを見ると実にここははっきりしていて、例えばアポトーシスが有り、正しくない組織(全部とは限らない)や細胞は直ちに抹殺される。だから生物は進化できた。

生体システムの判断は一見冷酷で非情で何のためらいもない。しかし、極めて合理的で、的確に高速でより高度なシステム(進化への一方向)へ推移してきたのだ。。

 人間社会では、ダイレクトにアポトーシスを適用できないが、法律による合理的な理由で責任をとらせなければならない。もし万が一適切な法律と解釈が無いのであれば、必死になって新たな法律を作らなければならないのである。

 JR西日本の来島達夫社長が「歴代の社長3人の無罪が確定することになったという裁判の結果のいかんにかかわらず、事故を引き起こした当事者として、企業の責任はあると思っている。二度と重大な事故を引き起こさないよう、会社としてさらに安全性の向上に取り組んでいく覚悟です」と述べた事は責任を認めた一つの見識として希望が持てる。
『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バブル景気がずっとずーーー... | トップ | バッティングでエネルギーを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会・経済」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。