宇宙・生命・日本 1000年後のあなたに語りかけたい

巨大ブラックホールの衝突が新宇宙を形成⇒循環宇宙論、有機物質から人間への進化メカニズム(循環論理の評価)⇒戦略的進化論

今日もフルスイングで青春してるよ・打劇王! 指や腕は限界近くにきているけどね

2017-03-07 21:46:43 | スポーツ
 今日は275球だったかな。帰ろうと思っていたら、バンバン打つ若い人が来たので、25球追加し95%以上の感じで最後まで振り切った。良い当たりを出せたんじゃないかな。音も鋭い。汗も少なく、まだかなり余裕は有ったが満足したのでボックスを出た。

 何故余裕が出来たかと言うと、割れて血が出た右人差し指をテーピングし、その上から手袋したので、昨日までの痛さは感じず、右手のグリップは強くなり、無理矢理右手でバットを操作する必要が無くなったから。指は今年に入ってまともな状態ではない。

 打ち方は今年に入って大分変わってきた。3つのフォームをローテーションし、一部の筋肉に過重な負担がかからないようにしている。昨年まで90%ぐらいで打っていたのを95%以上に上げているので、腕は悲鳴を上げているが、最も疲労した部分を休めている。

 常に限界を試すから体も筋肉も良好なコンディションでいる事はまず無い。このクレージーさが自分でもたまらない。昨年2月は風邪を引きかけたので、仕事を控え、それで頭がすっきりし、的に当たるチャンスが多かった。今年は心を食う確率が高くなっているものの的とは縁が無い。

 今年は挑戦者が減るから少しは楽に打てるかと思ったのだが、有名人になりすぎて(テレビにも出たし)挑戦者がむしろ増えている。この1年ぐらい毎日赤い半袖シャツで来るから、目立つせいもある。露骨に著戦する若者も結構いて、そうなると力が入るんだね。

 力んで力んで、芯を外し易くなるけど、今年は悪い状態でも球を真っ芯を捉えて鋭い当たりで壁に打ち込む確率が高くなっている。仕留めた気になる。

 ライバルの皆さんは僕の年の半分以下だが、殆どの方が25球で退散している。稀に高校生のスラッガーが来るとタフな競争になる。強敵だね。無茶が出来るのも一つの青春かもしれない。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の危ない火遊び いつ... | トップ | 物質から人間への進化を富山... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事