虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2017#45《築地青空三代目》

2017-06-30 17:45:00 | 愛知県名古屋市
虎バカ日誌【06月30日】

今季31試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
15勝14敗1分です。

本日の試合は
東京ヤクルトスワローズ
10回戦です。
今季の対戦成績は
5勝4敗0分で
勝ち越し1です。

昨日も中日Dに完封負けと
遂にタイガースは7連敗
打順を組み替えても
全く状況は変わりません。

これがタイガースの7連敗の
イニング表です。

6/17 対楽天E2回戦
  123 456 789|計 安 失
楽 101 000 060|8 10 0
神 000 200 000|2 8 1

6/18 対楽天E3回戦
  123 456 789|計 安 失
楽 000 001 000|1 5 0
神 000 000 000|0 10 0

6/23 対広島C10回戦
  123 456 789|計 安 失
神 001 000 020|3 11 1
広 302 080 00X|13 17 0

6/25 対広島C11回戦
  123 456 789|計 安 失
神 000 000 000|0 8 1
広 100 300 01X|5 7 0

6/27 対中日D10回戦
  123 456 789|計 安 失
神 000 000 100|1 4 0
中 100 100 01X|3 6 1

6/28 対中日D11回戦
  123 456 789|計 安 失
神 000 000 000|0 2 1
中 000 001 00X|1 3 0

6/29 対中日D12回戦
  123 456 789|計 安 失
神 000 000 000|0 4 1
中 100 000 10X|2 9 0

この7試合のタイガースの
チーム成績です。
総得点:6 総失点:33
安打:47 被安打:57 失策:5

安打数は10本少ないだけですが
得点は27点も差があります。
タイガースの得点能力の低さが
はっきりと出ています。
勝機での あと1本!
広島Cの試合を見ていると
勝機は絶対に逃さないし
1本だけでは終わらず
畳み掛ける攻撃が出来ています。
当然このようなチームに
付いていけるはずはありません。
広島Cほどではありませんが
横浜Dもここ1本が出る
勝負強い打撃が出来るチームです。
3位横浜Dに抜かれるのも
時間の問題でしょう。

6/29 終日時点の
セ・リーグ順位表です。
順    | 試 | 勝 | 敗 | 分 | 差 |
①.広島C | 71 | 44 | 26 | 01 | ― |
②.阪神T | 69 | 37 | 32 | 00 |6.5|
③.横浜D | 71 | 34 | 35 | 02 |3.0|
④.中日D | 73 | 33 | 37 | 03 |1.5|
⑤.読売G | 70 | 31 | 39 | 00 |2.0|
⑥.東京ヤ | 70 | 27 | 42 | 01 |3.5|
タイガースは慌てて
外国人助っ人を
補強するようですが
中日に入ったゲレーロを蹴って
キャンベルを獲った
外国人選手を見る目が全くない
球団が慌てて補強しても
どうせ目に見えてる事でしょう。
しかもシーズン途中ですよ。
そんな良い選手が
都合よく余ってるとは
思えないのですが •••••。

しかし まだシーズンは
終わっていません。
後ろ向きの事ばかり
話していても
仕方がありません。
とにかく 連敗を止めなければ
話しは進みません。
今日の先発は青柳です。

今は誰が先発しようが
チームの問題点は攻撃陣なので
青柳はとにかく自滅をせずに
思い切りのよい攻めのピッチングを
見せてくれれば
それだけで構いません。
今日は天気予報も
あまり良くありません。
雨に降られて 試合も ••••では
泣きっ面に蜂ですよ。
タイガースよ 意地をみせろ!
簡単に諦めるな!
歩いてまえ打線もいいけど
とにかくバットを振れよ!
今のタイガースの各選手は
ボールを見極めてるのではなくて
ただ消極的なだけ
もっとバットを振れよ!
がむしゃらにバットを振れよ!
見逃しの三振なんてするな。

本日 紹介するグルメ店は
今回の名古屋滞在中に
訪れたお店で
前号の《名古屋遠征10》の中で
紹介出来なかったお店です。

1965年(昭和40)にJR名古屋駅の
桜通口正面に竣工し
2015年(平成27)に生まれ変わった
おそらく建物よりも
大名古屋ビルジングと言う
インパクトのある名前で
全国に知れ渡ったビルの B1F
大名古屋 DINING内にある
本格的江戸前鮨店の
《築地青空三代目》
 大名古屋ビルヂング店です。

*住所*
 名古屋市中村区名駅 3-28-12

創業100年の魚問屋の三代目と
青空鮨の店主がタッグを組んだ
実力派の江戸前鮨店で
築地の場外市場の奥に本店が
あります。
ここ大名古屋ビルヂング店の板長は
築地本店総親方の直弟子
なんだそうです。
江戸前鮨のスタイルで
東海地方のネタを中心に握る
大人気の正統派江戸前鮨店です。

カウンター寿司店なので
こちらが勝手に身構えてしまう
高級感はしますが
店員さんの気さくな接客で
とてもリラックスして
鮨を楽しむことが出来ました。

L字型のカウンター席 10席
4人掛けテーブル席 1卓
その奥には暖簾の掛かった
半個室的なスペースも
あるようです。

正面のカウンター席からは
ネタケースが左右に分かれて
2ヶ所にあることが
確認できます。

そして右側奥のカウンター前にも
1ヶ所ネタケースが
あるようです。

この店のメニューの一部です。

単品からお任せと本格的な
江戸前寿司が揃っていて
価格もリーズナブルだと思います。

お造り盛(特選) 3240円

5種盛りで内容は
赤貝/ノドグロ/ボタン海老/
鮪赤身/真鯛 です。
身はコリコリと新鮮な食感で
とても美味しかったです。
また付け合わせのツマですが
大根の他にもきゅうり/ミョウガ/
ワカメと様々でした。

極上 青空鮨10貫 4101円

お任せの握り鮨が9貫と
お好きな握りか手巻き鮨を1つの
全10貫の極上握り鮨です。
築地直送の極上ネタと地物を
この店独自の江戸前の技法で握る
名古屋でしか食べられない
江戸前寿司なんだそうです。
全10貫の内容は

イシモチ/玉子/ボタン海老/
赤貝/アジ

鮪ヅケ/ノドグロ/鮪中トロ/
煮穴子/つぶ貝

レベルの高い握りでした。
私は付け台に出された鮨を倒して
ネタとシャリを箸で挟んで
頂きましたが
付け台から口へと運ぶ数秒だけ
シャリは形を留めているくらいの
絶妙の握り加減で
一つ一つの仕事も握りのサイズも
全て江戸前寿司の粋を感じる
見事な物でした。
正統派の江戸前寿司で
久々の大満足の握り鮨でした。

(細巻き)鉄火 680円

私はいつも〆に鉄火巻きを
頂きます。
ワサビがしっかり効いた
鉄火巻きでした。

今回は運が良く予約をしなくても
入れましたが
既に殆どの席が予約席に
なっていました。
また機会があれば訪れたい
素晴らしいお店でした。
ご馳走さまでした。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017#44《名古屋遠征10》 | トップ | 2017#46《いしはら》 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL