虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2017#42《堂島とろ家》

2017-06-17 13:45:00 | 大阪府大阪市
虎バカ日誌【06月17日】

今季28試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
15勝11敗1分です。

本日の試合は
東北楽天ゴールデンイーグルス
2回戦です。
今季の対戦成績は
1勝0敗0分で
勝ち越し1です。
これまでの交流戦対戦成績は
51試合対戦して28勝23敗で
勝ち越し5です。

2017年度 セ・パ交流戦の
最終ラウンドが
昨日より始まりました。
タイガースは本拠地甲子園球場に
パ・リーグ首位の楽天Eを
迎えての3連戦です。

昨日のタイガースの
試合結果です。
6/16 対楽天E1回戦
楽 001 000 001|2
神 020 000 02X|4
〈勝〉岩貞 3勝4敗0S
〈S〉ドリス 0勝3敗20S
〈負〉藤平 0勝1敗0S
【本塁打】
(西) 三好1号
(神) 原口5号

先発の岩貞は7回を投げて
被安打1 奪三振6 与四死球1 失点1
3回以外は全て三者凡退と
久々の好投を見せてくれました。
この一回だけではまだまだ
信頼は出来ませんが
これから迎える過酷な夏場に
岩貞が計算出来るようになれば
タイガースにとっては
とても大きいですよ。
一度だけの幻とならぬよう
次も頼みますよ!
打線の方はプロ初先発の
高卒ルーキー藤平から
原口の2ランのみと
やはり手こずりました。
6回の守備で福留が見せた
頭から突っ込んでの好捕
8回のチャンスでの
鳥谷の2点適時打
若手とベテランが共に活躍して
交流戦10勝目を挙げて
遂に勝ち越しが確定しました。

さて本日の予告先発は青柳です。

またまた不安な投手の登場です。
今季 6試合に先発して
投球回数は 31回1/3
3勝2敗 防御率 2.59
失点 17 自責点 9
シーズンが開幕して2試合
不安定な投球が目立ち
2軍で再調整してきた青柳は
5/27に復帰してからは3連勝と
安定したピッチングを
見せてはくれていますが
まだまだ信頼は出来ない投手です。
セ・パ交流戦も残り2試合
福岡ソ/広島C/西武L
そして阪神Tと
優勝はこの4チームに
絞られてきました。
タイガースは残り2試合の
連勝が絶対条件です。
昨日 楽天Eは僅か2安打と
好調だった打線はおねんね中
このまま目覚めなければ
良いのですが ••••。

本日は大阪市エリアにある
お店を紹介します。
大阪 梅田の阪急三番街
北館 地下2階フロアーの
飲食店が密集している
グルメステーション内にある
まぐろ・とろ専門店の
《堂島とろ家》阪急三番街店に
お邪魔しました。

住所:大阪市北区芝田 1-1-3

産地直送鮮度抜群の
海鮮を使用して
シンプルな丼から創作系の丼まで
幅広い海鮮丼を提供している
これまでTVや雑誌などの
メディアに数多く
取り上げられている有名店です。

店の周囲 通路に面した壁の
メニュー写真や
入口横に置かれている
メニュー看板です。

まぐろを中心とした
美味しそうな丼や定食メニューが
たくさんあるようです。

いつも賑わっている店内には
2人掛けのテーブル席 10卓
中央が仕切られたカウンター使いの
6人掛けのテーブル席 2卓
窮屈感を感じるか否かのギリの
間隔で配置されています。

大変明るい店内の雰囲気は
トロ箱風のテーブルに天井の裸電球と
漁師系居酒屋風の感じです。
清潔感があり一人でも気軽に
入れる感じがするお店です。

この店のメニューです。

海鮮丼の種類も豊富です。
全てのメニューにお代わり自由の
アサヒガニの鉄砲汁が
付いているようです。
またご飯の大盛も
無料サービスのようです。

まぐろづくし丼 1680円

赤身/中とろ/大とろ/ネギトロ/
そして漬けと5種類の
まぐろのオールスター勢揃い
正に至極のまぐろづくし丼です。
極~KIWAMI~とメニューに
標題も付けられています。

ネギトロは大葉で巻いて頂きます。
中トロも大トロも脂が乗った
美味しいものでしたが
やはり 年齢的なものなのか
私は赤身と漬けが一番でした。

彩り海鮮丼 1080円

毎週 内容が変わるとろ家の
オリジナル丼です。

今週の彩り海鮮丼のネタは
きはだまぐろ/ヒラマサ/サゴシ/
アトランティックサーモン/丸あじ/
トロカツオ/あぶりハモ/活赤貝/
ネギトロ/いか松前漬け
の10種類なんだそうです。


箸袋に食べ方が書いてありました

①丼タレに山葵を溶かして
 かけて食べる
②別皿のオクラを好みの
 タイミングでかけて食べる
③余らせたご飯に汁物をかけて
 お茶漬け風にして食べる

この店の私の総評ですが
ネタの種類は多く一見すると
豪華な海鮮丼に見えますが
やや薄切りのネタに
ご飯も大盛にしても少なめと
ボリュームを求める人には
物足りなさを感じるでしょう。
しかしネタはどれも普通に美味しく
価格設定も場所柄を考えると
リーズナブルの方だと思います。
お手軽な海鮮丼として
普段使いの時にちょうど良い
お店だと思います。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017#41《グリル オリエント》 | トップ | 2017#43《広島遠征3》 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL