虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2017#49《拉麺放浪記/横浜編3》

2017-07-12 17:45:00 | 神奈川県横浜市
虎バカ日誌【07月12日】

今季35試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
18勝15敗1分です。

本日の試合は
中日ドラゴンズ
14回戦です。
今季の対戦成績は
6勝7敗0分で
負け越し1です。

7月に入りプロ野球は中盤戦
セ・リーグの方は既に
決着が付いた感がありますが
パ・リーグの方は
楽天Eと福岡ソの2チームの
首位争いが連日激しさを
増しています。
そんな日本のプロ野球ですが
7/14 ナゴヤドーム
7/15 ZOZOマリンで
オールスターゲームが行われます。

そんな訳で7/11から始まる
中日Dとの2連戦が
前半戦最後のカードとなります。
現在 82試合消化して
37勝42敗3分で中日Dは4位
4月 , 5月は負けが込んでいましたが
6月は14勝9敗と勝ち越し
チーム力も整ってきて
厄介な相手になってきました。

今季 これまで対戦した
中日D12回戦までの
対戦結果と両チームの成績を
比べてみました。
    阪神T 中日D
勝 利: 5勝 | 7勝
打 率: .198 | .241
防御率: 2.08 | 2.51
得 点: 32 | 28
失 点: 28 | 32
安 打: 74 | 91
本塁打: 05 | 03
盗 塁: 09 | 07
四死球: 57 | 26
失 策: 10 | 04

ここまでのタイガースは
やはり投手陣の
頑張りに尽きますね。
とにかく打てなさすぎですよ。
何とか後半戦に向けて
再浮上のきっかけになるような
勢いのつく勝ち方で
前半戦を締めたいものです。

そんな前半戦最後のカードは
中日Dとの2連戦です。
初日はタイガース唯一の
地方開催の主催試合で
倉敷マスカットスタジアムで
行われました。
7/11 対中日D13回戦
中 100 000 000|1
神 013 150 00X|10
〈勝〉メッセンジャー 8勝5敗0S
〈S〉
〈負〉ジョーダン 6勝3敗0S
【本塁打】
(中)
(神) 上本5号/福留7号

先発のメッセンジャーは7回を投げて
被安打9 奪三振6 与四死球0 失点1
毎回 ランナーを背負った
苦しいピッチングでしたが
低めを意識しての粘りの投球で
初回に与えた1失点のみ
久々に勝ち星が付きました。
打撃陣も14安打で10得点
特に上本が大活躍
4打数4安打(1本塁打)3打点と
元気でした。

そして前半戦最後の試合
本日の予告先発は秋山です。

今季13試合に先発して
7勝4敗 防御率3.26
毎試合 大崩れする事なく
安定したピッチングを
見せてくれました。
前半戦 タイガースの
先発陣の中では
1番の活躍と言っても
過言ではありません。
本日もストライク先行の
攻めのピッチングで8勝目と
前半戦を有終の美で
飾ってほしいものです。
頑張れ 秋山!

さて本日のグルメネタも
前号に引き続き横浜市エリアの
お店の紹介になります。
横浜遠征応援にて 7/05~7/06に
掛けて横浜市内滞在中に巡った
4軒のラーメン店を
拉麺放浪記 横浜編 第3弾として
紹介したいと思います。

横浜市内にあるラーメン店を
紹介する拉麺放浪記の横浜編の
これまでの2回で
とらきち家/介一家/六角家/吉村家/
三國家/太田家/銀家/味の時計台
と8軒のラーメン店を
紹介しましたが
うち7軒が家系店となりました。
もちろん 横浜市内にも
家系以外のラーメン店も
たくさんありますが
ここは 横浜家系ラーメンの本場
今回も大好きな家系店を4軒
紹介したいと思います。

《伊勢佐木家》
横浜市中区伊勢佐木町 3-107

2015年3月 家系の激戦区
伊勢佐木モールにオープンした
ひもの屋/ばじりこと云った
関東を中心に広まっている
飲食店経営会社の(株)subLimeが
新しく手掛けた家系店です。

ラーメン(並) 730円

麺は小麦を感じる低加水の
かなり短めの平打ちの中太麺です。
スープはとんこつ/醤油/油の
バランスは悪くはない
マイルドな家系スープです。
具材は薄味の柔らかチャーシューと
青菜/海苔/半玉子/うずらの卵

壱系―商店ラインのような
ラーメンですが
家系の荒々しさはありませんが
トータルバランス的には
まずまずのラーメンでした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

《たかさご家》関内店
横浜市中区常盤町 2-14

横浜市内4箇所でチェーン展開中で
横浜家系直系店や主流店とは
直接の接点はない
家系ラーメンに感化啓発されて
新しく生まれた
インスパイア系とか亜流系に
分類されるお店です。
しかし関東地方にはたかさご家から
派生した店舗も幾つかあり
家系ラーメンの関東地方での
拡大定着の一翼を担った
お店でもあります。

ラーメン(並) 650円

麺は家系定番の酒井製麺で
平打ちの短いストレートの太麺です。
スープはさらさらのマイルド系で
家系にしては薄味のライト感覚
良かった点は食べ終わるまで
熱々だったところだけです。
具材は家系定番の
チャーシュー/青菜/海苔の3種のみ

こんな弱々しいラーメンは
家系ではありません。
確かに看板を見ても
家系とは名乗っていません。
しかし屋号に家を付けて
家系ラーメンと同じ3種の具材
家系を意識している事は
間違いありませんね。
もちろん 不味いラーメンでは
ありません。
博多で食べるさらっとした
美味しい豚骨ラーメンですよ。
家系っぽいスタイルでの
営業は辞めたらどうですか?

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 5点

《大館家》
横浜市中区伊勢佐木町 4-117

ラーメン激戦区の伊勢佐木町に
1年前にオープンした
おそらく個人経営の店舗です。
店長が秋田県大館市出身との事で
店名が大館家になったそうです。

醤油ラーメン 680円

麺はやや平打ちの短い中太の
ストレート麺
スープは醤油辛さが穏やかな
とんこつ醤油味で
家系本来のパンチ力が全くない
醤油辛さの穏やかな
マイルド系の熱々スープです。
具材はホロホロと崩れる
チャーシューと
青菜/海苔/メンマ

家系としては物足りなさを
私は少し感じましたが
とても美味しいラーメンで
完成度もかなりのものだと思います。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

《ゴル家》伊勢佐木モール店
横浜市中区伊勢佐木町 1-3-1

ウルトラフーズ(株)が手掛ける
横浜/町田/藤沢で展開中の
家系店《ゴル麺。》と
藤沢/平塚/戸塚/茅ヶ崎で展開中の
家系店《ラーメン松壱家》
両方の家系の強みを生かした
進化系の家系店として
2014年12月に伊勢佐木モールの
入口にオープンしました。

醤油(並) 700円

麺は平打ちストレートの太麺
スープはかなり熱々で
家系としてはサラッとした
後味すっきりのマイルド系です。
具材は脂身の少ない小振りの
チャーシューと
青菜/海苔/うずらの卵/メンマ/
刻みネギ

好みの問題で美味い不味いは
人それぞれですが
私は家系としては やや残念な
感想を持ちました。
しかし ラーメンとしては
完成度の高い美味しい一杯でした。

*横浜家系ラーメン屋評価*
《吉村家》を10としたら 7点

今回も4軒の家系店を廻りましたが
やはり家系は最高です。
まだまだ家系店はたくさんあります。
次回 訪れる機会があれば
また 家系巡りをしたいと思います。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017#48《重慶飯店》 | トップ | 2017#50《めんめ》 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL