虎バカ グルメ日誌

毎年30試合前後阪神タイガースを
観戦応援する虎バカです。
観戦前に立ち寄った飲食店の
グルメ日記です。

2017#39《中村》

2017-06-13 17:45:00 | 兵庫県尼崎市
虎バカ日誌【06月13日】

今季25試合目の
タイガース応援観戦日です。
ここまでの観戦成績は
13勝10敗1分です。

本日の試合は
埼玉西武ライオンズ
1回戦です。
これまでの交流戦対戦成績は
50試合対戦して23勝27敗で
負け越し4です。

日本生命セ・パ交流戦も
本日から第5ラウンドが始まります。

先週のタイガースは
6/06~6/08 オリB 京セラD大阪
6/09~6/11 福岡ソ ヤフオクD
2カードをビジターで消化して
9日振りに本拠地甲子園に
帰ってきました。

まずは先週のタイガースの
試合結果です。
セ・パ交流戦 第3ラウンドの
オリBとの3連戦です。

6/06 対オリB1回戦
神 006 005 000|11
オ 200 000 002|4
〈勝〉秋山 5勝3敗0S
〈S〉
〈負〉金子 6勝3敗0S
【本塁打】
(神) 鳥谷2号
(オ)
先発の秋山は8回を投げて
被安打12 奪三振6 与四死球2 失点2と
粘り強く投げてくれました。
阪神打線はオリB先発の金子から
8安打4四死球で9得点を挙げて
打ち勝ちました。

6/07 対オリB2回戦
神 100 300 000|4
オ 000 013 001|5
〈勝〉平野 2勝3敗12S
〈S〉
〈負〉マテオ 5勝1敗0S
【本塁打】
(神) 中谷7号
(オ) T-岡田14号
原口/中谷の活躍で 4―0と
リードするも
中盤からは点が取れず
9回表のチャンスを潰し
ピンチの後にはチャンスあり
野球アルアルの定説通り
9回裏にオリBに
サヨナラ負けを食らいました。

6/08 対オリB3回戦
神 010 011 000|3
オ 100 001 000|2
〈勝〉メッセンジャー 7勝2敗0S
〈S〉ドリス 0勝3敗19S
〈負〉ディクソン 5勝4敗0S
【本塁打】
(神)
(オ)
先発のメッセンジャーは初回から
不安定なピッチングで
球数も多くなり 先制点も許して
苦労しましたが
持ち堪えて5回2/3を投げて
被安打6 奪三振3 与四死球3 失点2 と
何とか試合を作ってくれました。
チーム安打数は5本と
打線は低調でしたが
少ないチャンスを物にして
何とか逃げ切りました。

6/06~6/08 対オリB 2勝1敗
総得点:18 総失点:11
安打:23 被安打:30 失策:3
打線好調のオリBとの3連戦
初戦は序盤から点差が開き
楽な試合展開でしたが
2戦目3戦目は1点を争う接戦
何とか2勝1敗で
関西ダービーを征しました。

次にセ・パ交流戦 第4ラウンドの
福岡ソとの試合結果です。

6/09 対福岡ソ1回戦
神 000 000 000|0
ソ 102 000 00X|3
〈勝〉バンデンハーク 6勝3敗0S
〈S〉サファテ 0勝0敗18S
〈負〉岩貞 2勝4敗0S
【本塁打】
(神)
(ソ) 柳田15号
先発の岩貞は7回を投げて
被安打6 奪三振7 与四死球1 失点3 と
調子は悪くはありませんでした。
しかし 初回失点は頂けません。
相手が相手だけに
逆の試合展開にならなければ
タイガースに勝ちはありません。
また攻撃面でも元気がありません。
クリーンナップが揃って4タコ
特に4番の福留は4三振
4番打者はチームの看板を背負い
1シーズンの結果を
任された打者です。
そう簡単に変える打順では
ありませんが
あまりにも酷すぎです。
疲れからの不調なら
休ませましょう。
そろそろ我慢も限界です。
それと もう1人心配なのが
唯一 健闘していた糸井が
どうやら足を故障したようで
途中交代して病院直行
遂にタイガースもここまでか •••••。

6/10 対福岡ソ2回戦
神 040 000 010|5
ソ 000 010 000|1
〈勝〉青柳 3勝2敗0S
〈S〉
〈負〉松本 1勝1敗0S
【本塁打】
(神)
(ソ)
先発の青柳は5回を投げて
被安打4 奪三振5 与四死球1 失点1 と
イニング数に不満はありますが
強力な福岡ソ打線を
良く抑えてくれました。
その後を無失点で継投した
高橋/桑原/岩崎/マテオ の4投手も
良く投げてくれました。
攻撃の方は本日も5安打と
低調でしたが
今季 タイガースが誇る
歩いてまえ打線で
6四死球を生かして
5得点を挙げて勝利しました。

6/11 対福岡ソB3回戦
神 000 010 100|2
ソ 201 000 02X|5
〈勝〉山田 1勝0敗0S
〈S〉サファテ 0勝0敗19S
〈負〉小野 0勝2敗0S
【本塁打】
(神) 梅野2号
(ソ)
先発の小野は5回2/3を投げて
被安打4 奪三振4 与四死球6 失点3
今回も変化球が制球出来ず
カウントを悪くしては
四球を出すいつものパターン
とにかく幾ら素晴らしい
ストレートを持っていても
変化球の精度を高めなければ
プロでは通用しませんよ。
攻撃面でもチャンスは作るが
あと一本が出ない
いつもの見慣れたパターン
とにかく勝負強さがありません。

6/09~6/11 対福岡ソ 1勝2敗
総得点:7 総失点:9
安打:17 被安打:20 失策:1
強力 福岡ソ打線を3試合で
被安打20本 総失点9点と
投手は良く頑張ったと思います。
ただ攻撃力でやや劣るタイガースが
3試合中 2試合で先行される
試合展開では勝てませんよ。
残念ながらチームの総合力で
やや力負け感がして
今季 交流戦初のカード負け越し

6/11 終日時点の
セ・パ交流戦順位表です。
順    | 試 | 勝 | 敗 | 分 | 差 |
①. 福岡ソ | 12 | 09 | 03 | 00 | ― |
①. オリB | 12 | 09 | 03 | 00 |0.0|
③. 西武L | 12 | 08 | 03 | 01 |0.5|
④. 広島C | 12 | 08 | 04 | 00 |0.5|
⑤. 阪神T | 12 | 07 | 05 | 00 |1.0|
⑤. 楽天E | 12 | 07 | 05 | 00 |0.0|
⑦. 中日D | 12 | 06 | 06 | 00 |1.0|
⑧. 日ハム | 12 | 05 | 07 | 00 |1.0|
⑧. 千葉ロ | 12 | 05 | 07 | 00 |0.0|
⑧. 横浜D | 12 | 05 | 07 | 00 |0.0|
⑪. 東京ヤ | 12 | 01 | 10 | 01 |3.5|
⑫. 読売G | 12 | 01 | 11 | 00 |0.5|

今季のセ・パ交流戦も
いよいよ今週で終わります。
タイガースの残りの
対戦カードはパ・リーグ
3位の西武Lと首位楽天Eです。
本拠地甲子園での6試合
相手は強敵ではありますが
地の利を活かして最低でも3勝して
交流戦の勝ち越しを決めろ!

本日は尼崎市エリアにある
お店を紹介します。
阪神尼崎駅で下車し西改札を抜けて
いつもの商店街方向ではなく
反対側の西口?に出ます。
そのまま南に向かって直進して
阪神高速3号神戸線が見える
1ブロック手前の路地を
少し東側に進んだ先
住宅街の一角に店を構える
お好み焼き店《中村》に
お邪魔しました。

*住所*
 尼崎市西本町 1-17

住宅街の中にひっそりと
しかも道路から少し奥まった所に
店の入口があります。
タダでさえ目立たないのに
暖簾も何もありません。

辛うじて入口横の壁面に
メニュー表が掲示されています。

清掃が行き届いている
明るく清潔感のある店内は
鉄板カウンター席 2席
2人掛け鉄板テーブル席 1卓
4人掛け鉄板テーブル席 1卓と
大変 小さなお店です。

店内に掲示されている
メニュー表です。

メニュー数はとても豊富とは
言えません。
大変明るい元気なお母さんが
一人で切り盛りされているので
このくらいのメニュー数で
一杯一杯だと思います。

各卓上にはソースと
青海苔/鰹の削り粉が
置かれていますが
この店はカウンター席の前にある
大きな鉄板でお母さんが焼いて
ソースはもちろん
マヨネーズや青海苔/鰹の削り粉は
客に聞いてからですが
全て掛かった状態で
提供されるので必要ありません。

ブタ玉 600円

特別な物は何一つもない
シンプルなメニューですが
ブタ玉はお好み焼きの基本です。
期待を裏切らない
美味しいブタ玉でした。

はいから焼 850円

ベースの野菜焼きに
もち/チーズ/大葉が加わると
はいから焼になるようです。
ブタ玉よりも厚みのある
食べごたえのある
美味しいお好み焼きでした。

お好み焼き風 そばたま 700円

メニュー表には載っていない
張り紙の新メニューがあったので
注文してみました。

よく見掛けるオムソバとは違って
粉の変わりに卵を使って焼きそばを
お好み焼きのように成形した
珍しいメニューです。
固まりを切ると解れて
焼きそばのようになりました。
これも とても美味しかったです。

焼うどん 600円

最後に〆として焼うどんを
注文しました。
ネギたっぷりの奇をてらわない
王道のソース味の美味しい
焼きうどんでした。

店主のお母さんが作り出す
お店の雰囲気は大変明るくて
おそらくご近所の常連客の
お母さん方と同じ様に
初見の私達にも接してくれたので
直ぐにお店に馴染むことが
出来ました。
地元密着型の大変居心地の良い
素晴らしいお店でした。
機会あれば また訪れたいお店です。

*大阪粉もん屋評価*
 《美舟》を10としたら 4点
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017#38《なの花》 | トップ | 2017#40《聖》 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL