Sbagliando si impara. (間違うことで人は学ぶ。)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

イタリア映画

2016-11-02 14:44:17 | 日記
京都で、イタリア映画「人間の値打ち」を見てきました。

経済格差のある家庭の高校生3人を中心に 家族交流の中での人間模様を描いた話しでした。

ひき逃げ事故を通して 個人それぞれの行動を3章に分けて展開していき、話しにスピード感もあり 解りやすい内容でした。
エンディング で「人間の値打ち」とは「人的資本」( 「Il Capitale Umano」イタリア語直訳 )のことであるという事が分かりました。 ( 細かいことは これから見ようとしている人のために控えます。)

思ったことや怒りを激しく表現したかと思うと 何事もなかったかのように態度が変わるイタリア人の性格、気質そのものを感じることができた映画でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本シリーズを終えて。 | トップ | マンドリンと木琴のトレモロ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。