Sbagliando si impara. (間違うことで人は学ぶ。)

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ロンドンでのフリータイム

2017-06-30 16:20:47 | 旅行
•アドミラルティ アーチ(Admiralty Arch)

セレモニーの入場口として、またバッキンガム宮殿に向かう式典の為にこのアーチを通り抜けます。
トルファルガー広場側からの写真ですが、反対側のザ マルへの道は真っ直ぐな通りになっているようです。



•トルファルガー広場(Trafalgar Square)

ナショナルギャラリーの前にある広場で、「トルファルガーの戦い」で英国海軍を勝利に導いた英雄ネルソン提督の像などが建っていました。









この日は土曜日だったので 、今日か明日かにイベントがあるのか、白いテントが建てられ「ロンドン オーケストラ」と描かれた大きな白い車が停まって たくさんのスタッフが右往左往していました。

•ナショナルギャラリー(The National Gallery)

入場料は無料ですが、寄付で運営されているので募金箱が置かれていました。
「日本語版 フロア案内」は1£で売られています。

入り口は3ヶ所あり、トラファルガー スクエア入り口:(正面入口)、ゲティ入り口:(車イス、ベビーカー)、そして私達の入ったセインズベリーウイング(スムーズに入館)。





どの入り口からか、無意識のまま入館したので、「フロア案内書」を手にしても、自分たちが 現在 どの位置に居るのかさえも不明。*・'(*゚▽゚*)'・*:.

その上に、入館してすぐトイレを尋ねたら「そこの階段を上がった所にある。」と言われたので、その場所が2階だと思い込んだ為に「此処は何処⁉︎」なんてことに・・・。∧( 'Θ' )∧

要するに、イギリスでは日本の♣︎1階は〈ground floor〉:[同じくイタリアでは〈piano terra〉]、♣︎2階〈the first floor〉:[イタリア〈primo piano〉]なのに、イギリス流での「first floor」でなく、「second floor」つまり日本での3階の案内図を見ていたから・・・。(T ^ T)

超一流の画家たちの絵画が、身近に一度にたくさん鑑賞出来るなんて最高の幸せ❣️
ほんの一部を除いて、写真撮影も許可されています。(^O^☆♪

レンブラントの「自画像」


ジョルジュ スーラの「アニエールの水浴」


メンデルト ホッペスの「ミッデル ハルミスの並木道」


フランソワ ヒューバート ドルアス?の「ポンパドゥール夫人肖像画」


ゴッホの「ひまわり」


「ゴッホの椅子」


レオナルド、セザンヌ、ラファエロ、ペリーニ、フェルメール、ベラスケス、ルーベンス、ターナー、モネ、etc.
あっ~~~ぁ。ここに泊まりたい〜〜。



















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドン  | トップ | ハプニング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。