玉川上水の木漏れ日の下

 ワヤン・トゥンジュク梅田一座のメンバーkatakuraのブログ

映画「EIGHT DAYS A WEEK おまけ」

2016-10-12 | ときどき映画
 ©Subafilms Ltd

 映画「ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK〜」にまた行った。私は2回目、妻は3回目。近くのシネコンでは来週までの上映が決まったようなので、来週また行こうと二人で決めている。ファンとはそういうものなのです。
 この映画の「おまけ」で、1965年のニューヨーク“シェイ・スタジアム”の30分ほどのライブ映像が同時上映されている。56,000人の観衆を前に野球場で行われたコンサートの記録。これがもう抜群に良い!
 映像はステージ直近からのナメ上げるような、まるで汗が飛んできそうなアングルで四人に迫っている、そしてワーワーキャーキャーの号泣・絶叫・失神続出の大観衆の姿も、そんな臨場感がとても良い!
 そして「音」が抜群によい。原音を相当に加工して音質やバランスを良くしている、素晴らしい臨場感だ。当時はライブの音響設備もまだまだ発展途上期だったので、多分この時この会場に居た誰よりも良い音でこのライブを聴くことができる映画だと思う。「音がよく聞こえなかったからジョンのお尻の動きを見ながら叩いていた」とのリンゴの有名な後日談のあるライブ。
 それにしてもこんな大騒音のライブ状況の中で四人の演奏とハーモニーが抜群に安定しているのには本当に関心した。ビートルズはレコード売上だけではなく「ライブにも強いバンド」と呼ばれているのがかっこいい。 
 我々一座も「ライブにも強い一座」と呼ばれたいのだが、よくよく考えるとライブしか経験がないし、レコーディングもTV出演の予定もない。でも一座のリーダーはなんと!ラジオ番組を持っているし、世界的に活躍しているデザイナーのメンバーもいるし、毎日犬と散歩をしているメンバーもいる。我々一座の今後が期待されるのである。
セカオン radio ~ミュージックトラベラー/音楽旅人

〜〜〜
ビートルズといえばAPPLE。
ビートルズとは全く関係ありませんが、「ピコ太郎 PPAP」をご存知ですか?
視聴回数 38,605,608 (10.11)
この人はライブに強いのか? 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« グンデルの奴らはどこへ消え... | トップ | 幸運 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む