玉川上水の木漏れ日の下

 ワヤン・トゥンジュク梅田一座のメンバーkatakuraのブログ

新演目の稽古はじまる

2016-09-18 | ワヤンのお稽古

左から(手前サングト)、スシャルマ、ドローナ、ビシュマ、向かい合うドゥルヨーダナ、カルナ
 
昨日、年末恒例光塾ワヤンに向けた新演目の稽古が始まった。
演目はマハバラタの有名な話「ウィラタ・パルワ」。
新演目なので、新しい登場人物がたくさん出てくる。
たくさんの人形の「名前」を覚えるのが大変だ。
でも名前を覚えて、その名前で人形の顔を繰り返し見ていると不思議と「人格」を感じ始める。
名前は大切ですね。

初対面の人同士でもお互いに名前で語りかけると、急に親しさが湧くものだ。
もちろん名前すら口にしたくない嫌な奴もいるけど。

今日からの我々一座の練習も、積極的に名前を呼んで会話をすることにしよう。
「ウメダさん、いいから早く話を進めましょう」とか
「ニシゴリさん、そんなに早くは弾けません」とか
「ハセベさん、オオノさん、コバヤシさん、ごきげんよう」とか
「あらオオヒラさん、お久しぶりね〜」とか
積極的に名前を呼んで語りかけるようにしよう。
そうするとお互いにもう少し親しみが湧くかもしれない。
そのためには、まず名前を覚えなくては。


昨日お昼、梅スタジオの近く「中華一番」のラーメン。
なんと!昨日はラーメン半額の日、250円だった。
今日まで半額の日だ!(実は今日も練習がある)


夜は定番「新中華」のペキンダック!
もうペキンダックなんか普通〜普通〜の顔なじみ。
このダックにも名前があったのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« カレー蕎麦 | トップ | When I'm sixty-four »
最近の画像もっと見る

ワヤンのお稽古」カテゴリの最新記事