牛ホホ肉の赤ワイン煮の仕上げ

2017-07-06 21:12:46 | 日記
昨日 ブログを更新するつもりでしたが…

パソコンの前で限界が来まして… 寝ました

さて

昨日 赤ワインに、漬け込んだ「牛ホホ肉」

水気をしっかりキッチンペーパーで取ってから

フライパンでこんがり表面を焼いていきます。



全面 しっかり焼き固めます



鍋にホホ肉を漬けていた赤ワインを入れて アルコールを飛ばし
水を加えて 沸騰させます。

その時、出てきた灰汁を丁寧にすくい取ります。



一緒に漬けていた野菜は 先ほど肉を焼いたフライパンで
じっくり炒めて甘味を出していきます。



鍋に 肉と野菜 塩・胡椒・コンソメ・ローリエを加え
コトコトと極弱火で本来なら6時間ほど煮込んでいくのですが…



コンロの都合上 ランチタイムに重なるので
最近は「圧力鍋」で煮込んでいきます



「シュッ シュッ シュッ」と蒸気機関車の様な音を立てながら

待つこと1時間…

圧力鍋の火を止めて そのまま蓋を開けずに寝かしておきます。


この間にも じっくり調理されています。

鍋の中の圧が落ち着いているのを確認して

蓋を開けて 串を肉にさして状態を見てから

継ぎ足して仕込んできたデミグラスソースを加えて

弱火で、再び煮込んでいきます。(ここからはコンロで普通に…)

お肉が柔らかいのを確認してから火を止めて そのまま再び寝かします。

(この間に肉からソースに出た旨味がソースから肉に戻っていきます)

肉を取り出して



乾燥しないようにラップをかぶせておきます。

鍋に残ったソースを煮詰めていきます。

さらっとした状態から 少し濃度が出るまで…(3分の2くらいまで)



味の調整をして シノアで濾します。

こんな風に 圧力鍋を使っても 丸一日かかります。

お肉もだいたい半分の量になるので

今回の仕込みで 約5人分です。

たまにランチで登場するときもありますが(ランチ価格に+¥800になります)

基本 夜のアラカルトとしてご用意させていただいています。

一回に仕込める量がこんな感じなので

品切れの際は ご了承下さい


壊れたホースのノズルもコーナンで買ってきました。



メタル調です!ちょっとカッコよくなりました

水の出る勢いも強くなりました。

これで掃除もしばらく楽しめそうです!

今日は 定休日で

やはり毎度同じような一日でした。

日中は、かなり暑くて…

これから 毎日 こんな感じで「暑い! 暑い」と

それでも ミニョンは明日も頑張って 営業しますので

よろしくお願いします













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 台風3号 | トップ | 今日の賄い »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事