こんにちわ、滑川地域日本共産党後援会です

子育て支援で先駆的な滑川町。非核平和都市宣言もしっかり。こんな町です

子や孫に宝の海と宝の森を手渡したい」…沖縄から ― 4/15ニュースNo.96 

2017-04-29 | 阿部議員の週刊ニュース「あたらしい滑川」 

 4月3日~5日にかけて、沖縄を訪問しました。訪問先は美しい海を破壊し、埋め立てて巨大な新基地を建設強行している名護市辺野古とオスプレイの離発着訓練を行う「ヘリパット」を建設した東村高江地区。これまで何度も事件・事故が起き、最近も二十歳の女性の暴行・殺人事件が起き、現在、市長選挙がたたかわれている、うるま市。そして、世界一危険と言われている普天間基地。2泊3日の強行スケジュールでしたが、改めて、沖縄の実態に触れることになりました。(阿部)


知事許可の期限が切れ、違法な工事を続行する暴挙

 名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前では建設に反対する座り込みが行われています。翁長県知事を先頭にオール沖縄が反対する中、安倍政権は名護市辺野古の新基地建設工事をあくまでも強行しようとしています。

海上でのボーリング調査を行う作業船
          

 県の岩礁破砕許可は3月31日に切れているにもかかわらず、訪問した4日も沖縄防衛局は沖合で海底の掘削(ボーリング)作業を継続していました。明らかに違法行為ですやぐらを載せた台船が掘削作業に使う棒を海中に下ろし、キャンプ・シュワブの浜辺では、護岸工事に向けた仮設道整備作業とみられる、重機が鉄板を置く作業が行われているそうです。

座りこみを強制排除し資材搬入

 4日朝、ゲート前では新基地建設に反対して約40人が座り込んでいました。私たちも参加しました。しかし、機動隊による「ごぼう抜き」で力ずくで排除されてしまいました。砕石やプレハブなどを積んだ工事用車両が基地内に入っていきました。岩礁破砕許可の期限が切れた1日以降も工事を続行していることについて、県は5日、沖縄防衛局に対し、許可を得ることが必要だと文書で通知する行政指導を行いましたが国は無視しています。

 政府は地元漁協が漁業権を放棄していることから許可更新は不要として工事を続行していますが、県は漁業権を放棄したとしても漁業権の変更免許がされない限り、漁業権が設定されていると強調し、許可申請を要請しました。

 また、3月31日までの海上工事の進捗(しんちょく)状況を確認するため、ボーリング調査の実施状況、汚濁防止膜用のコンクリートブロックの設置状況などのほか、岩礁破砕を伴うおそれのある行為の内容や資料、位置などを19日までに報告するよう求めました。

あきらめたらおしまい、絶対あきらめない

 以前訪問した時には車をゲート近くに駐車できましたが、今は4キロ先の土地を借りて駐車場にしていました。送り迎えをしてくれた座り込みを続けている現地の女性は「日本は法治国家ではないのか」と訴え「しかし諦めたらおしまいだ。絶対にあきらめない」と話してくれました。

「宝の海を子孫に残したい」「やんばるの森を守れ」

 大浦湾・辺野古の海岸は美しく、「子や孫のためにもこの宝の海を残す。子どもが大きくなった時、父や母がたたかってこの美しい海が残ったと子どもたちに伝えたい」と、現在の比嘉みずき県議が決意していたのを思い出しました。

 東村・高江は辺野古と違って、「やんばる」と呼ばれる森林地帯にあります。沖縄にもこんな森があるのかと驚くほど森が深く、川が流れ、有名なヤンバルクイナ・ノグチゲラなど地球上でここにしかいない固有種や絶滅危惧種が数多く生息しています。住民は約150人で、子どもたちがのびのび育っています。

 しかし、高江と米軍北部訓練場は隣り合わせにあります。ここではジャングルでの戦闘訓練が行われ、ベトナム戦争時には「ベトナム村」がつくられ、ゲリラ訓練が行われました。高江地区を取り囲むようにオスプレイの離発着を目的に「ヘリパット」建設が行われました。

「負担軽減」はウソ

 この建設に反対する住民や支援者の座り込みが続けられています。私たちが訪問した時もテントの中で現地の方が外から来た人たちに説明を行っていました。大型ヘリコプターが電線すれすれの超低空で飛びかい、オスプレイが配備されれば墜落事故や217度の高温の排気による火災、騒音、低周波による人体や自然環境への影響は計り知れません。政府は「負担軽減」といいますが返還するのは現在、使っていない基地で、新たな基地の建設の口実に使われています。

沖縄で起きていることは全国で起きている 

 さらに、ひどいのは住民との話し合いもしないまま、平和的に座り込みを行っていた住民を国が裁判に訴えるという事態が起きました。これは現代版「治安維持法」と言われる「共謀罪」を先取りするもので、権力に歯向かうものを取り締まり、「萎縮効果」を狙ったものでした。裁判では1人の有罪が確定しました。住民の暮らしや権利を守らなければならない行政が訴え、裁判所が有罪判決で弾圧する。これは憲法違反です。

 沖縄で起きていることは全国で起きつつあります。全国でオスプレイが飛び回り米軍のやりたい放題。さらに安倍政権による戦争する国づくりが続けられています。沖縄のたたかいに連帯し、戦争する国づくりに反対する声を広げていきましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防災ヘリ有料化可決 共産党... | トップ | ーみんなで考えようー ~森... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

阿部議員の週刊ニュース「あたらしい滑川」 」カテゴリの最新記事