定年なんて言葉は他人事だと思っていました・・・

他人事だと思っていた定年まであと5年、少し真剣に考えよう

来年の試験に向けて

2016年10月16日 | 日記
何の気なしに、「電気計算」11月号の2種理論の解答解説を読んでたら

3種レベルでも解ける問題である とのコメントが・・・

3種レベルの知識で解ける問題、果たして何点取れるのか計算してみたら なんと

72% ほー 3種一生懸命やれば合格ライン?

過去はどうだったのか、平成22年から調べてみた。

平成22年 44%

平成23年 33%

平成24年 67%

平成25年 67%

平成26年 55%

平成27年 33%

平成28年 72%

平成29年 悪くても33%だろうか?

考え方を変えると、3種レベルの問題がしっかり解ければ合格点(点数調整があれば55点)の6割

取れる可能性がある。

ちなみに、機械のほとんどは 3種レベルからみると専門性が高いか、難度の高い問題とある。

理論は基本を大事にしよう、機械と電力は二次の準備も兼ねて2種レベルで行こう


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケーブル火災 | トップ | 夜中仕事をすると »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。