畑酒造有限会社 酒蔵日記

清酒 『大治郎』 『喜量能』 醸造元
滋賀県東近江市(旧八日市)
永源寺に続く八風街道沿い。
   杜氏 畑大治郎

”呑百笑の会”の会

2015年03月22日 21時21分35秒 | 日記
呑百笑

と、書いて ”どんびゃくしょう”と読みます。font>



日本酒造りに欠かせない
原料である酒米

当蔵で造るお酒は
滋賀県産で、この契約栽培米を使っています。


呑百笑の会とは、契約栽培者のグループ名なんです。
「大治郎」が誕生したキッカケの会でもあります。
杜氏である主人も、蔵人アキラくんも、この会のメンバーなのですが…。



名前の通り、
皆さん、まぁ、よく呑み、よくしゃべる方ばかり
笑いが絶えません

それでも、夏場は飯米・酒米の他に
梨や西瓜・さつまいもや信長ネギetc…栽培されていて
皆さん、体力もあり逞しい!!




そして、3月。
毎年この時期になると

酒米を作る人・お酒を造る人・が集まり新酒をお祝する会を開催しています


昨年までは、蔵の試飲部屋が会場でしたが、
少し、ぎゅうぎゅう。なので、
今年は、料理屋さんでお世話になりました




社長(主人)と会長(義父)から
新酒の出来と、状況を報告・挨拶で始まりました
御存じの方も多いと思いますが、
来季から、新しいスタートです

そのお祝いも兼ねて、皆で乾杯






宴の写真は撮れず・・・。

さて、何時に終わったでしょうか(笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雛祭りと 甑倒しと | トップ | ふと見上げると… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL