鳥無き里の蝙蝠☆改

独り言書いてまーす

【日記】カードゲームの自作奮闘記

2016-10-16 15:40:13 | 日記

ある時舞い降りた衝動に身を任せて、ゲームデザインに思考を巡らす日々。



カードゲームを自作する。これは世間からすれば少し根暗な印象を与えるかもしれない。

用紙やカッターナイフやクラフトボードが散らかる部屋の一角に、背中を丸めてああでもないこうでもないとPCや書類やノートとにらめっこしている姿がそこにはあるのだから、まあ当然華やかではないよね。

とはいえ、素晴らしいものができるのであれば、そこには商業的なチャンスがあるわけで、落書きをする習慣や、料理を効率化する習慣が、その果てにイラストレーターや料理教室の講師という職に結びつくこともあるわけだ。ちなみにだが、俺自身は一儲けしようだなんてことは微塵も考えていない。

トランプのようなカードゲームは、四則計算さえできればほとんど一切の特別な能力をプレイヤーへ要求せずに興じれる遊びだ。これがTVゲームやスポーツだったらどうだろう?体力や運動神経のないものは除外され、TVゲームの基本知識がないものは除外され、さらにその中から好き嫌いも含めると、とても気軽に参加させられるような娯楽ではない。趣味や性格を問わずにできる遊びの中でもトランプは、ほとんど場所を選ばず、そして人を選ばずに遊べる。数字の概念と四則計算さえできればあとはルールを覚えるだけである。

トランプの優秀さには到底かなわないが、数行のテキストと少しのルールだけで誰でも遊べるシンプルだが、それなりの駆け引きを楽しめるカードゲームがあったらいいなと俺は思った。そこで、今回のカードゲームの自作に至ったわけだ。おそらくスパ帝さんの「ナショナルエコノミー」には歯が立たないが、あれよりもプレイする条件(テーブルが必要だとかチップが必要だとか)を減らして、とっつきやすいゲームを作りたいなと思って、カードセット一つだけあればできるカードゲームを考案中である。


とはいえカードゲームの自作なんてものはもちろん初めてやるので、試行錯誤の最中である。はっきり言ってかなり楽しいので、裁断機やラミネーターが手に入るのであれば欲しいと思っているほどだ、金がないので遠い夢だが。そう思うのも、プロトタイプの製作ができなければ、テストプレイにさえ辿り着けないのが非常に悔しい。できれば厚紙が望ましいが、ペラペラの紙に書いても良い。しかし手書きで、そしてカードサイズにリサイズというのはなかなか恐ろしい手間である。1日3時間の内職を1週間続けてやっとテストプレイできるプロトタイプが1つ完成するような手間だ。それならばハンコなり印刷機なり裁断機を買ったほうが、今後もやるだろうから何倍も得である。そこで俺は脳内でカードゲームのプロトタイプ作成を効率化するための方法を考え中である。

人力だが、ハサミなどの刃を固定する仕組みを作って、あとは紙をセットして刃を何度か滑らせれば2分前後でカードが8枚ぐらい作れる工作機械を設計するのもアリだ。

面白さに自信があるのであれば、毎日コツコツとプロトタイプなり本番用なりを作るのもありだが、先述したようにプロトタイプでのテストプレイを重ねなければ、面白そうなルールを思いついても一切それがわからないのだ。

PCの前だけでできることをいくら積み重ねても、カードゲーム自作の工程はテストプレイがメインだと考えている。ゲームは面白さが全てだからだ。

そんなこんなで執筆中だが時間なのでこのへんにて。

おわりっ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【考察】昨日の心理状態を探して | トップ | 【考察】鉄は熱いうちに打て »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。