昭和のオーディオ

写真付きで趣味を書くならgooブログ

災難は忘れた頃にマイPC98

2017-07-08 08:19:35 | オーディオ
6F6GTPPアンプの次の変更でバイアスを深くして出力増大?のための配線変更図を描こうと昨晩98の電源を入れたが何故か不機嫌でWIN95が立ち上がらない、レジストリエラーが出る。やればやるほどだんだん悪くなる、しばらくCPUを冷やしてからやってみるが今のところはお手上げ。最悪インストールのやり直しかな。データーの処理はエクセルでもなんとかなるが配線図はPC98用なので、今頃のPCはどんどん進化しているが古いソフトが使えないのでつまらない誰かOSに左右されない古いソフトも使えるようにしてくれる万能ソフト(アダプタのようなソフト)を考えてくれれば、そんなものを作ると新しいソフトが売れなくなるので誰も作らないか。   
それはそうと今度はバイアスを倍の33Vにしてプレート電流の変化は気にしない普通の回路で果たして予定の出力(計算上は8W)が出るか?。それに伴い各部の抵抗、電圧、電流の変更又前回のプレート電流の変化、またSG結合はそのままにしてバイアスだけを変える配線、二つのバイアスをSWで選ぶようにする予定。だいぶまえに2A3ロフチンアンプで負荷の変更(2.5k、5k、10k)をSWで変更しそれに伴いバイアス用の抵抗値もSWで変更するアンプを作っているので今回もなんとか出来るだろうと思っている。
   それにしてもこのPC98もう30年近く使っている長い付き合い早く機嫌を直してくれ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はLDM-178修理 | トップ | ようやく直ったPC-98 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。