昭和のオーディオ

写真付きで趣味を書くならgooブログ

20kΩ負荷のVT-25PPアンプのプレート電流の変化

2017-04-21 20:49:05 | オーディオ
今日は40kΩ負荷を20kΩ負荷に替えバイアスも変更したので例のごとくプレート電流の変化をグラフにしてみた。大体思惑道理変化は40kΩ負荷よりは半分くらいになった。4本の球とも1mA~最大1.7mAの範囲また計算上の出力は3.1Wだが4本とも2.5W付近から徐々に電流が減り波形がクリップする4W付近からは一段と少なくなる。計算ではゼロ信号時のプレート電流が20mAで最大信号時の直流電流は約19mAだったけどR側では約22mAL側では24mAと多めこれは多分各球の誤差又は作図誤差、AB級の計算式を使ったためだろうと考えているがプレート電流の変化が少ないまた最大出力に近づくとプレート電流が減ってくるので目的は果たしているだろうと考えている。変更後の内部配線の様子
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VT-25PPアンプのプレ... | トップ | VT-25PPアンプの特性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。