今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

2017年春 車中泊による放浪の旅 その9

2017年05月18日 | 車中泊

道の駅「花かげの郷まきおか」
昨夜の突然の強い雨も止み、清々しい朝を迎えた。朝、車の中で考えたのは昨日は武田信玄ゆかりの場所。
今日は武田家滅亡に至るゆかりの場所を探してみた。



大善寺
天正10年(1582年)織田・徳川連合軍の武田領侵攻に際して、3月3日に武田勝頼は本拠である新府城から小山田信茂を頼り都留郡の岩殿城に向かう。
勝頼はその途中で大善寺に立ち寄り、戦勝を祈願している。



山門の像も久しぶりに一眼レフで撮ることができた。



国宝の薬師堂。秘仏の薬師如来像は5年に一度のご開帳。



堂内には修復され彩色が蘇った十二神将、日光・月光菩薩など重要文化財の仏像が安置されている。



景徳院
大善寺に立ち寄り、戦勝を祈願したが、小山田領へ入る前に信茂の離反により日川を遡上し、3月11日に山梨郡田野において一族とともに自害した。



ここに武田家は滅亡した。勝頼家族の小さな墓は目立たぬ場所にある。



勝頼らが自害したであろうという場所にある石。
山間にある静かな場所だが、自害という形で人生を終えたことは、無念であっただろうと思う。



清光寺
甲斐源氏の祖、源清光の菩提所がある。



本堂



左が「源清光」の五輪の宝塔、右が清光の祖父「新羅三郎義光」の五輪の宝塔



サントリー白州蒸溜所
雨の日は博物館。今日は晴れているがウイスキー博物館にきてしまった。



朝ドラ「マッサン」でも話題になっていたポスターが博物館にあった。



有料(1000円)のガイドツアーを申し込んだ。製造過程の説明、最後は試飲という流れになる。



貯蔵用の樽。今の段階では各々の樽がどのウイスキーになるかわからないそうだ。
売店でこの蒸溜所だけでしか購入できないウイスキーを購入。
すばらしい自然環境のなかで「白州」が完成する。



次回に続く
ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年春 車中泊による放浪の... | トップ | 2017年春 車中泊による放浪の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
石和方面でしょうか? (OTETSUDAI @)
2017-05-21 14:14:17
山梨県は小さいと言われていますが、車で回ると広く感じると思います。
赤玉ポートワイン…懐かしいですね。私は下戸ですが、最近は少々呑むようにしています。赤玉ポートワインは20歳くらいの時に実家に帰省したときに口にしました。呑めないのに呑んで、客が来たのに赤ら顔では失礼と思い大事な客に会わなかったのが想い出されます。
このポスターは昭和のいつ頃でしょうか。当時としては「エロイ」と思われたのではないでしょうか。そんな「芸術的心」を持たずに覧るものは私だけかも知れません。
暑くなりました。お気を付けて旅されて下さい。
ウイスキー世代です (2014kurumatabi)
2017-05-21 19:17:07
サントリーの蒸溜所は有料(1,000円)ですが、解説付きで80分間十分楽しむことができます。最後はここでしか飲めない原酒の試飲ができます。私はジュースで我慢しましたが、飲めないドライバーには白州のウイスキーグラスがお土産でもらえます。
NHKの朝ドラ「マッサン」で裸婦のポスターが出ましたが、本物を見たのは初めてです。私はウイスキー世代でこのような場所にくると学生時代を思い出します。当時は無理して、ニッカのブラック、サントリーのホワイトなどを仲間と飲んでいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL