今、出発の刻(たびだちのとき)

車中泊によるきままな旅
<名所旧跡を訪ねる>

2017年春 車中泊による放浪の旅 その8

2017年05月17日 | 車中泊

道の駅「みのぶ富士川観光センター」
私の持っている道の駅の資料では駐車場19台という情報であったが、来てみてびっくり100台は駐めることできるスペースがある。
道路から少し離れているため夜も静かで素晴らしい道の駅である。



手入れされた花に囲まれ、私の好きな彫刻も置かれている。印象に残る場所となった。



久遠寺
日蓮宗の総本山であり、一度訪れてみたいと思っていた寺の一つである。
約300段の急な階段でも有名で、私も挑戦してみようと思っていた……



人間というのは安易な道を選択するもので、頂上付近の駐車場を利用し、更に無料エレベーターまで使ってしまった。



目の前に現れたのは大好きな五重塔。



近年建築されたお堂ばかりで「歴史的建造物」が好きな私にとって肩すかしをくった感じだった。



朝、本日の訪問地を決める際に偶然「武田信玄」のことが頭に浮かんだ。
昨年「上杉謙信」を巡る旅をしたことも思い出した。

甲斐善光寺
永禄元年(1558年)、甲斐国国主武田信玄によってに創建された



重要文化財の本堂。周辺には地元の中学2年生がグループ学習で歴史を学んでいる。



拝観料を納めると鳴きの龍、戒壇巡り体験、更に宝物館の仏像等を観ることができる。



武田神社
予想以上の参拝者で駐車場に駐めるのに時間がかかった。



「姫の井戸のお水」の前で女子高生がお水を飲んでいた時、引率の女教師が「この水を飲んだら綺麗になるよ」と話しかけた。
すると女子高校生が振り返り「今は……」「今は綺麗じゃないってこと」
先生は苦笑していたが、周囲はその女の子も含めて大爆笑。



拝殿でお願い事をした後、宝物館へ。風林火山の「孫子の旗」をこの目で観ることが満足した。



恵林寺
武田家の菩提寺である。駐車場は本堂横にあったが、いつものように山門から。
この朱色の四脚門は重要文化財。



仏舎利宝塔



受付を済ませ堂内に入る。



体重が重いせいか「うぐいす張り」の廊下が軋み、木琴の上を歩いているようだった。
堂内は撮したい場所のみが、いつもの通り撮影禁止。



次回に続く
ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年春 車中泊による放浪の... | トップ | 2017年春 車中泊による放浪の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい写真ばかりで… (OTETSUDAI @)
2017-05-21 14:04:49
ここのところ天候に恵まれていると感じます。あの彫像は綺麗ですね。女性が理想とする体型のように感じます。
かつて武田信玄の本は随分と読みました。でも恵林寺には未だ行っていません。山梨は隣県ですのでいつでも行けるという安易な考えがあるからと思います。
綺麗な写真をありがとうございました。
私のPCは壊れ掛かっています。時折四角形の白色のなにやら分からないものが画面右下に現れます。それがでるとコメント出来ません。申し訳無いです。
あの乙女の像はとても気に入っています (2014kurumatabi)
2017-05-21 19:04:35
道の駅の像は私も大変気に入っています。他にも何体かありましたが、曇り空にぴったりかなと思い掲載しました。
この道の駅は花が好きな人にとっては、いい場所かと思います。早朝からカメラを構えている人が数人いました。
私はナビを使っていますので、地図上の感覚がなく、山梨が神奈川と隣接しているという感覚はまったくありませんでした。
恵林寺など由緒ある寺は訪ねているだけで歴史上の人物などのことを考え楽しいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL